スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臍帯血(さいたいけつ)  その3

それでは「完結編」! 
なぜ「臍帯血バンク」はなかなか普及しないのか?? です。

臍帯血の採取には、ママにとっても赤ちゃんにとっても痛みも
伴わず、リスクもなく、損することは何一つないのですが、
それでも広まらない理由・・・
それはズバリ「手間とお金がかかる」からなんですz


採取にあたっては、厳重な無菌操作が必要です。
(骨髄移植を必要とする方は身体の抵抗力が極端に落ちている
ため、移植される骨髄液に雑菌が混じっていることは、命取りにも
なりかねないからです)
また、採取するには必要量の血液(血液中の細胞数)をとらなくて
はならないため、しかるべき教育を受けた専門のスタッフも必要
です。
そして保管にあたっても”マイナス100℃以上”の冷凍保管設備
が必要となります。
このようなことから、現在はまだ一般的にはなり得ていないのです。

臍帯血の利用法としては
 ・ 臍帯血バンクに提供する「公的」な採取
 ・ 自分の子ども自身のためだけに保存しておく「私的」な採取
の2通りがあります。

バンクに提供する場合には、採取にあたり金銭的な負担はなく、
無料で実施することができます。(献血と同じですね)
しかしこの場合、バンクに提供するため、後々、万が一自分の
子どもが血液疾患にかかり移植が必要となった場合でも、
すでに他の方に利用されている場合が多く、希望しても使えないダメダ
ということが多々あります。

そのため”保険代わり”に自分自身の子どものためだけに保存
しておくのが、私設の会社を利用した「臍帯血の保存」です。
だいたい10年単位で20万から30万円程度の管理費がかかり
ますが、必要になれば必ず、自分自身で利用が可能ですし、
更新して行けば、半永久的に保管も可能なんだそうです。

ただ造血器疾患に罹られるのが10万人に数人で、そのうち
移植が必要となるのが2・3割、つまり10万人に1人の割合
なんだそうで。
その確立を高いと見るか、低いと見るか・・・
また、そのときのために確実を求めるか、そうでないか・・・


サービスがある限り、取捨選択しなくてはならない今の時代。
何が必要で何が不必要か。
子どものため・・・できる限りのことをしてあげたいのが親の常
ですが、本当に必要なこと。。。
自分自身でもしっかりと勉強しなくちゃいけないな~と思う
毎日です。


ちなみに、こんなことを書いている私・・・就職して最初の1年半
は総合内科に勤務しておりました。
(助産師の仕事しかできない助産師(看護師)ではダメよ!という
師長の配慮からですが、今となっては本当に貴重な経験を積ま
せていただいたと、感謝・感謝ですのほほんa
全室個室の病棟だったため、隔離(無菌・感染症)扱いの患者様
が多く、今回のテーマでもある「骨髄移植」の方も実際に看護させ
ていただいたこともありました。

毎日を命がけで真剣に病気と向き合っている患者様をみるにつけ、
私も何かで協力したい!!と切望しているのですが、子育て真っ
最中の身としてできること・・・
やはり骨髄バンクのドナーは、現実問題、難しいんですよね。。
(ゴメンなさいy
なので、できること・・・献血や、ドナー登録(脳死になってしまった
時の臓器提供)などで貢献できれば・・・と思っています。


皆さまももし興味があって、協力したい!!と思われたら、
ぜひ出産前に、担当のDrに「臍帯血バンクに協力したい」と
お申し出くださればありがたいですにっこり
いつか当たり前のように広く広まってくれることを信じて・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。