スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 ブライダルチェック ~男性編~

それでは今日は、男性編です。

主なものとして「クラミジア感染症」(性感染症・STDの一種)を
挙げさせていただきました。

そもそもクラミジアとは細菌に分類される小微生物で、いくつかの
種類に分けられるそうなのですが、
その中でも「クラミジア・トラコマチス」という菌が性行為により感染
し、さまざまな悪さを引き起こします。
近年ではクラミジア感染の若年化もとても大きな問題となっており
耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

今回男性側の注目点として挙げさせていただきましたが、実は
女性にとっても重大な問題を引き起こすことが明らかになっていま
すので、男性同様女性のみなさまも、注目していただければと
思います。

このクラミジア・トラコマチスという細菌に感染すると、男性では
精巣上体(副睾丸)炎を起こし、無精子症→不妊症の原因と
なります。

女性に比べたら感染後の症状が出やすい、と言われていましたが
最近では無症状に進行することも多く、発見が難しい場合も多々
あるそうです。
自覚症状も、排尿時の痛みは軽く、かゆみがある程度。また、
精巣上体炎に至ってしまっても、腫れや痛みは軽く、発熱したり
する頻度も低いとか。
検査する以外では、なかなか発見が難しそうですね。

一方の女性側では、悪いことに自覚症状はほとんど無いに等しい
ようで、進行することで子宮・卵管炎を起こし、卵管閉塞へと進んで
いってしまうそうです。
いずれにせよ男性・女性とも不妊症の大きな原因となりかねない
ものですので、機会があるときに一度調べてみる価値はありそう
ですね。


またクラミジアは性感染症ですので、パートナーのいずれかが感染
していれば、そのパートナーが治療しない限り「ピンポン感染」と
呼ばれる”お互いに感染しあう”状態が続いていきます。

妊娠すると必須でクラミジア検査を行いますが、万が一陽性と出た
場合は、ご自身のみならずパートナーも同時に治療する必要が
あります。

また治療を怠ったまま妊娠を継続し出産に至った場合は、生まれて
くる赤ちゃんにも感染させるリスクが高くなりますので、治療しておく
ことはとても大事なことです。


なかなかこのような検査を受ける機会(勇気?)は通常ではなか
なか無いかと思いますので、ぜひ”ブライダルチェック”を良い機会に
お互いに健康チェックをしてみてくださいね♪



参考 : http://allabout.co.jp/health/medicine/closeup/
CU20061115A/
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。