スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦さんの腹帯

波に乗ってブログをもう一本!
今日は「腹帯」についてのお話です。

皆さんは腹帯、してますか?

安定期に入ったらまず腹帯!というように、妊婦さんとは切っ
ても切れないイメージがありますが、いつから・どのようなもの
をつけたら良いのか?
はたまた、この暑い香港で必ずしも着けなければならないのか、
考えていきたいと思います。

腹帯の歴史は古く、さかのぼること1800年前の「古事記」に
腹帯様のものを用いていた記載があり、平安時代からはその
用途も一般的になったとされています。

日本の歴史からして、腹帯は安産祈願の意味も込めて、妊娠
5ヶ月に入った戌の日に「着帯」として儀式のように身に着ける
ことが有名ですが、あながち戌の日にこだわる必要はないように
思います。

腹帯をつける目的は ・保温 ・腹部(胎児位置)の固定 ・母親
になるという意識づけ などがありますが、すべてに医学的根拠
があるか・・・というと、微妙なところです。

ただ言えることは、身体が冷えることによりお腹も張りやすくなる
のは明らかですので、保温の意味では有用に思えますが、
お腹だけ温めていて足元はスースー。では意味がありませんの
で、厳密に言うと「腹帯さえしていれば無問題!!」・・・ということ
にはならないでしょうね。


腹帯をつける時期としては、実はいつでもOK!なんです。
必ずしも安定期に入ってから、とか、お腹が大きくなってから、など
こだわる必要はありません。
もともと冷えやすい方は初期から着けていたほうが安心ですし、
あせもができやすく、腹帯など痒くてしていられない!!という方
は無理してまでつける必要はないかと思います。
ただ暑い夏場でも、眠るときにはお腹にバスタオル1枚でも掛ける
ことを習慣にしていただけると安心ですね♪


では腹帯にはどのような種類のものがあるのでしょう?
次回、いろんな腹帯についてご紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。