スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦さんと葉酸

またまた久々の更新となってしまいました(^_^;)すみません!

このところ産後の「乳腺炎」の話題が続いたので、今回は
グッと戻って妊娠初期のお話しをしようと思います。

2000年からは日本の母子手帳にも記載されるようになった
『葉酸』。
妊娠された方なら誰でも一度は耳にしたことのある名前だと
思いますが、
では「葉酸」のこと、詳しく知っていますか?
・・・かくいう私も、栄養面・食事管理にはうといタイプのため、
このブログをきっかけに、もう一度おさらいしてみました~


『葉酸』とは・・・ビタミンB群の一種で、厚生労働省に栄養機能
食品として認められた栄養素です。

妊娠初期に葉酸が不足すると神経系の障害(神経管閉鎖障害)
が起こりやすいと言われており、妊娠初期の妊婦さんのみならず、
妊娠前の女性(妊娠を計画している人・妊娠の可能性のある人)
も積極的に摂取することが勧められています。

葉酸を多く含むものの代表的なものとしては (食品100gあたり)

   鶏レバー  ※    1300µg
   牛レバー  ※    1000µg
   豚レバー  ※     810µg
   からし菜  310µg  
   ほうれん草        210µg
   ブロッコリー       210µg
   納豆            174µg
   いちご           90µg


が挙げられます。

(注)ただし、レバーを摂りすぎるとビタミンAの過剰摂取に
なりやすいため、要注意!

しかし、熱に破壊されやすく吸収されにくい特性を持つため、
食物からの摂取での吸収率は50%程度と言われています。
(サプリメントからの吸収率は85%)
一方、水溶性ビタミン同様、余分に摂取した分は尿中に排泄
されるため、過剰摂取に関してはさほど心配しなくて良いよ
うです。

できれば緑黄色野菜・果物・豆類・レバーなどをバランスよく
摂取して、食品から葉酸を補えるに越したことはないのですが、
なにぶん妊娠初期はつわりが始まる時期でもあり、何が何でも
食べなさい!!というわけにはいきません。
また偏食気味の方・お仕事などで外食の多い方なども含め、
無理のない範囲で、食事とサプリメントを上手に組み込んで
いっていただければ良いのかな~?と思いますo(^o^)o


そうそう、最後に付け加えますと、、、
葉酸には「疲労回復」 「食欲増進」 「貧血予防」の効果も
期待できるそうで、赤ちゃんへの配慮だけでなく、お母さんの
身体にも優しい&役に立つ栄養素なんです☆
妊娠初期はもちろん重要ですが、妊娠中・授乳期に入っても
摂って損はない栄養だと言えそうですね♪



  《日本人の食事摂取基準2005年版》より

 葉酸必要量    成人   240µg
            妊婦    440µg
            授乳婦  340µg
   

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。