スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳腺炎 その4 ~続・対処法~

溜まりに溜まった母乳を効果的に出すには・・・
赤ちゃんに吸ってもらうにしろ、搾乳するにしろ、いずれにして
もパンパンのままでは口や指が滑ってしまい、効果的に搾り
出すことができません。
なのでまずはおっぱいに多少なりともゆとりを持たせることが
必要となります。
張りつめているおっぱいにゆとりを持たせるのは至難の業なの
ですが、やるしかない!!のです。覚悟を決めましょう!!


まず ① 乳首と乳輪部を充分マッサージして柔らかくする。
    ② 乳輪の境目を軽く圧迫するようにして、圧抜きをする。


この2つが大変重要な手技となります。
またこの操作と並行して、おっぱいのしこっている部分(または
赤く腫れている部分)を冷やすことも大切です。
☆乳腺炎のときは、絶対に温めないでくださいね!!!☆


1つずつ説明していきますと、おっぱいを出す基本は、とにかく
出口が開いていなければ出るものも出ませんので、乳首を充分
にマッサージして、出口を開かせることが最重要です。
授乳前にちょちょっと、ではなく、ひたすら時間をかけて指先の
腹を使って、充分にもみほぐしてください。(←もみほぐすのは
くれぐれも乳首と乳輪だけにしてください。しこっている部分を
もみほぐすのは厳禁です!)


乳首のマッサージだけでは充分な開口が期待できない場合は、
以前私のブログでも紹介しました”ランシノー”や、それに代わる
ものを塗布しラップなどで程よく蒸らし、乳首と乳輪の皮膚を柔
軟にすることで、その助けとなります。


乳首の開きがよくなったところで、乳輪の境目あたりに親指と
中指を「Cの字」状にして置き、背中の方に向け軽く押し込むよ
うにします。その状態で、親指と中指を合わせるように近づけると
母乳が押し出されてジワリと出てきます。
この操作を何度か繰り返すことで、少しずつ乳輪の下部分にゆと
りが出てくると思います。
乳輪部が多少柔らかくなった状態で初めて、赤ちゃんに吸って
もらうのです。
パンパンに張った状態では、大きく膨らませた風船をくわえるよう
なもの。大人だって、上手にくわえることはできません。
この過程を踏むことが、乳腺炎解消の第一歩となります。


また、赤ちゃんに吸ってもらうときに、1・2回、軽くおっぱいをすく
い上げるように持ち上げる操作をしてから授乳しても良いかも
しれません。
本格的な基底部マッサージをしてしまうと余計に張りが強くなっ
てしまうのですが、1・2回程度軽く動かすことで、基底部にゆとり
ができ、多少母乳の流れがスムーズになる効果が望めるかも
しれません。(これはあくまで”期待”です・・・)



それでは次回に、効果的な冷やし方をご紹介します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。