スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッチ フラワー

皆さんは「バッチ フラワー(療法・レメディー)」という名前を
聞いたことがありますか?


私もまだ勉強中の身なのですが、先日”偶然?それとも・・
・?”という体験をしたので、今日はそのお話をさせていた
だきたいと思います。


まず、「バッチ フラワー療法」とは、1920年代後半から
1930年代にかけてイギリスの医師、エドワード・バッチ博士
によって考案されたホリスティックセラピーで、植物の力を利
用して、人間の否定的な感情及び体調を整える自然療法の
一種です。


バッチ博士は「病気の真の原因は、さまざまなマイナス感情
がその人の心と身体に不調和を引き起こすことにある」と考
え、そのマイナス感情を和らげることで、心のみならず身体面
での疾病をも治せるシンプルで誰にでも利用できる治療法を
追求し、長い年月をかけて「バッチ・フラワー・レメディ」(全38種
類)を完成させました。


バッチ・フラワー療法は、特定の植物の持つ波動を混じりけの
ない水に転写することで最高の母液が抽出されると考え、この
母液をもとに各々の症状に適したレメディーが作り出されます。
そのレメディーを1日数回に分け、内服・或いは塗布などの方
法で身体に取り込むのです。


今回私が利用したのはこのベーシックなレメディーではなく、
バッチ博士が「特に重大で、緊急な事態の為に」という配慮
のもと、5つのバッチ・フラワーを調合して考案された治療薬・
『レスキューレメディー』です。それも肌に塗布しやすい形に
調合された『レスキュークリーム』を使用してみました。


実際に使用したのは・・・私ではなく下の娘に、なのですが、
先日上唇にヘルペス様の水泡のかたまりが3ヶ所にでき、
かなり痛がっていたのです。
ただあいにくなことに、夫は出張中。私は幼稚園の保護者会
への参加で、できることなら欠席は避けたいところ。
さらに悪いことに、保険にはもちろん加入しているのですが、
カードの切り替え時期で交付が滞っており、手元に新しい
カードが届いていない状態。。。(もちろん加入はしているの
で、立替払いして払い戻してもらえば良いのですが、ちょっと
面倒な気がして・・・)
といういくつもの残念な条件が重なってしまい、すぐには受診
させてあげられない状況でした。


そこで・・・レスキューレメディーの登場です!!
そのほかにも代用できるハーブはないか、いろいろ検索も
してみましたが、とりあえずレスキューが第一選択かも!!
との判断で、恐る恐るですが、塗布してみました。
(まあ効かないまでも、花のエッセンスなので害はないだろう
との判断から・・)


塗ったあとちょっとしみたようでしたが、日に3回ほど塗り、様子
を見ていたところ、、なんと・・・!!!翌日にはほとんど水泡が
気にならないほどに消えており、更にその翌日には跡がわから
ないほどきれいになってしまったのです。。。もちろん痛みもなく
なりました!!


もしかしたら何もしなくても時期的に治っていく頃合にたまたま
当たっただけなのかもしれませんが、それにしてもそれなりに
痛がっていたほどのものが、塗った翌日にはかなり良くなって
しまうなんて・・・
やはり効果があったと考えて良いのかしら~?と思えてなりま
せん。


どうしても病気や怪我には即効性のある西洋薬!!と思ってし
まいますが、このような自然療法も捨てたものではありません。
どちらかに偏るのではなく、どちらとも必要に応じてバランスよ
く上手に利用していくのが理想的なのかもしれませんね。


ちょっと長くなってしまいましたが、今日は驚きの報告でした☆
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。