スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンドフライ

このところ天気が悪く、気温も高め・・・いよいよ香港の
高温多湿の季節に突入!!でしょうか?
冬が長かった分暖かくなるには大歓迎なのですが、
気温が上がるにつれて悩みの種となるのが・・・
そう、”虫刺され=サンドフライ(sandfly)”です。


去年香港入りしてまず悩まされたのが、まぎれもなくコレ。
ず~っと「蚊」の仲間だと思って調べていたのですが、
いまいちヒットせず。
ようやく今日(ほぼ1年がかりで)スッキリ解決できたので、
思わずブログに載せてしまいました(^o^)/
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、そこはご愛嬌で
お付き合いください♪


夏の間、ひたすら私を悩ませていたサンドフライ。
子どものピックアップのバス待ちの間だけで、10箇所
以上も刺されていて、そして通常の蚊に刺されに比べて
非常に痒いし、腫れも尋常ではない!!!
更にはその猛烈な痒みが数日置きに繰り返し襲ってきて、
最終的に完治するまでにはひと月以上もかかったりする
(T_T)
ホントに”憎いあいつ”なのです。。。


これは蚊の仲間と言うよりは、日本にも生息するブヨ(ブユ)
の仲間なのだそうです。
正式には”ブラックフライ”というそうで、香港以外にも東南
アジア(マレーシア東岸など)や果てはニュージーランド・
オーストラリアなどにも多く生息するらしいです。


大きさは1mm程度か或いは満たないくらいの大きさで、
ホント、”黒い点”はたまた”スス”といった小ささなので、
(そして蚊のように羽音もしない)
気付かぬうちに数ヶ所から数十ヶ所くわれているなんて
ザラです。
蚊と違うところは噛まれた瞬間、チクッとした感触がある
こと。そして刺され続けていると免疫が出来てきて、刺され
ても痒くならないところ、でしょうか。
だからローカルの人や、香港歴が長い人は涼しい顔をして
いられるんですね~。。。
私は去年1年で数え切れないほど刺されましたが、今年に
入って早速刺されて痒い思い&ヒドイ腫れの洗礼を受けた
ので、まだまだ免疫完成までは程遠いようです(ToT)


このサンドフライが活動するのは温暖・曇り空・低気圧・
多湿の環境が活発になるらしく、これからの香港はまさに
”サンドフライの温床”ですね。
人の見つけ方(汗のにおいや服の色-黒・青・赤などに強く
反応する)や痒みのメカニズム(ヒスタミンの放出)は蚊に
順ずるようで、対策も蚊予防と同じに考えて良いようです。
 ◆露出を避ける
 ◆虫除け剤の塗布
 ◆明るい色(白や黄色)の服を着る  etc


虫除け剤に関しては薬局やスーパーでもお手軽に手に入り
効果もまずまず期待できますが、やはり肌のデリケートな
赤ちゃんや体質の変わりやすい産前産後のママさんたちは
お肌への負担を考えて、天然素材で作られたナチュラルな
虫除け剤(ハーブやアロマを基材に)をハンドメイドしても
良いですね♪
ROSE GARDENのアロマ講座でも虫除けジェルの製作実習
がありますので、ぜひご利用ください。


これからの季節・・・ある意味私にとっては戦いです!!
(ホントに人に比べて刺されやすいんですよね~汗臭いの
かしら??私↓↓)


サンドフライなんかに負けないぞ~☆
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。