スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たんぽぽコーヒー

毎日暖かい日が続き、心も身体もほぐされますね♪
ず~っとこのままなら良いのにな~(^_^;)とついつい思って
しまいます。


さて今日は『たんぽぽコーヒー』について書いてみようと
思います。
皆様はたんぽぽコーヒーって耳に(口に)したことがあり
ますか?


香りはコーヒーと同じといって良いほど香ばしさが似ていて
味はちょっと薄めに入れたコーヒー・・・?という感じでしょう
か?
なので”コーヒーそのもの”と思って飲むと”ん???”という
印象を受けるかもしれませんが、ハーブティのコーヒーとして
飲めばなかなかイケるお味だと思います。


たんぽぽコーヒー(ダンディライオン)はハーブティの一種
で、ママ・プレママの強~い味方となってくれるお茶(コー
ヒー)です。
ハーブティとしては葉の部分を使いますが、コーヒーとして
飲む場合はたんぽぽの根の部分を使います。


作り方としては
① 洗ったたんぽぽ(西洋たんぽぽ)の根を先端を除いて
   5mm程度の長さに切りそろえる。
② 低温のオーブンなどでよく乾燥させる。
③ 弱火で焦がさないように淡いコーヒー色になるまで
   炒る。
④ コーヒーミルで挽く。
⑤ フィルターで漉して飲む。


というように、さほど複雑ではありませんが、ものぐさな
私はもっぱらインスタントに加工してあるものを取り寄せ
ちゃってます(^_^;)


たんぽぽコーヒーは普通のコーヒーとは違いカフェインを
含みませんので、妊婦さんや小さなお子様にも安心して
飲んでいただくことが出来ます。
たんぽぽは根にも葉にも強い利尿作用(おしっこが沢山
出る)を持ち、身体を温める作用もあるので、むくみがちな
妊婦さんにはうってつけの飲み物です。
また鉄分が豊富で、多量のビタミンやミネラルも含むので、
貧血予防のほか、さまざまな薬効も期待できます。


一方、授乳中のママさんには、母乳の出をよくする「催乳
作用」はことに有名で、古くから民間療法に用いられてい
ました。


このようにいいこと尽くめのたんぽぽコーヒーなのですが、
”味良し値段良し”となると、なかなか探すのが難しいの
ですよね・・・
もちろん自分で作ればお値段の面ではクリアーですが、
このあたりに自生しているたんぽぽを使って作るには
かなり勇気が必要です(T_T)


以前からいろいろな会社から販売されているたんぽぽ
コーヒーを飲み比べていますが、”これだ!!”というもの
があればまた、ご紹介していきたいと思います。
皆様も何か良い情報をお持ちであれば、ぜひ教えてくだ
さいね♪
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。