スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイリー式リフレクソロジーとは?

私の行う『ベイリー式(英国式)リフレクソロジー』について、
今日はご説明させていただきたいと思います

そもそも
「痛みの無いソフトなリフレクソロジー」を『英国式』、
「絶叫するような痛みを伴うリフレクソロジー」を『台湾式・若石式』
と区別される風潮がありますが、
事実イギリス国内においても、養成学校や協会は多数あり、
それぞれに独自のスタイルがあるため、
”英国式”という統一された施術方法は無いそうなのです。


リフレクソロジーを体系的な理論として英国に持ち込んだ”ベイリー女史”の
トリートメント方法は、
手と足、身体全体に関連性を持つ「エネルギーゾーン」があるという
『ゾーン理論』に基づいています。

足裏(及び手のひら)には、身体の各器官に対応する「反射区」があり、
反射区への刺激は、それにつながる臓器や器官にはたらきかけ、
活性化させる作用があるとされています。
またその働きは、老廃物の排泄促進にもつながっていきます。

ベイリー式は、まず、全体的な足のトリートメントを行い、
その結果、トリートメントを行っている時に感じられる痛みおよび
違和感がある場所や、改善したい症状に有効と考えられる「反射区」を
入念にトリートメントしていきます。

左足には「心臓」の反射区があるため、急激な刺激により心臓に負担が
かからないよう、
ベイリー式では右足からトリートメントを開始するのが一般的です。

また、ひとつの反射区を長く強く押し続けることはせず、
親指の第一関節を曲げた状態・そのままの形で指を進めていきます。

トリートメントの際には、的確に反射区を捉えられるよう
滑りやすいオイルは使用せず、パウダーを使用するにとどめます。
それにより、しっかり丁寧にひとつひとつの反射区がトリートメントでき、
強い圧は不要となります。

トリートメント後は老廃物の排泄を助けるため、水分を摂ることが推奨されています。


このような特徴を持つ「ベイリー式リフレクソロジー」、
痛気持ちの良い強めの刺激が好きな方には物足りなく感じるかもしれませんが、
身体のバランスを整える・・・と考えたときには、必ずしも強い力は必要と
しないため、
馴染んでくると、このフワフワとしたやさしい圧が、極上のリラクゼーションと
なること必至です♪

あくまでも「好み」ですが、一度ふわふわと包み込まれるようなやさしい圧の
『ベイリー式』トリートメント、体験してみませんか?



リフレ ベビー足イメージ


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。