スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦さん&授乳中ママと『コーヒー』

昨日のNHK・あさイチ、特集は『コーヒー(カフェイン)』でした♪
そこからネタを拝借


番組中でもさらっと触れられていましたが、


 『妊娠中はコーヒーを飲んでも良いの?』

 『授乳中の赤ちゃんへの影響は?』


ここだけ(いやいや、すべて興味深く拝見させていただきましたョ!)
喰いついてしっかりと聞いていましたが、
解説の先生のご意見は、通説どおりでしたので、安心・再確認☆


カフェインは、過剰に摂取すると中枢神経系への刺激作用のため、
めまい・不眠・不安・イライラ感・頭痛などを生じる場合があり、
また胃酸分泌の亢進作用による下痢・吐き気・嘔吐などの
消化器症状や、
心臓血管系への作用により動悸・血圧上昇などを生じる場合も
あるそうです。


妊娠中および授乳中の女性は、不確実性はありますが、
胎盤や授乳を介して胎児や乳幼児に影響を与える可能性が示唆
されているため、注意が必要ですね。

食の専門家が知っておきたい食品科学情報より)



また、世界各国の『1日あたりの悪影響のない最大摂取量』が
まとめられたpdfもありますので、ご参照ください♪
(5ページ中3ページ目です)
http://www.fsc.go.jp/sonota/factsheets/caffeine.pdf



・・・で、とどのつまりどれだけ摂取して良いの??


というところですが、妊婦さんも授乳中のママも、
1日に2~3杯のコーヒーであれば、摂取しても問題はない、
という結論のようです

ただ『カフェインが含まれているのはコーヒーだけではない
のがミソ。

主にカフェインが含まれているといわれる

・コーヒー
・コーラ
・紅茶
・緑茶
・ココア
・ウーロン茶
・栄養ドリンク・チョコレート(カカオ)

このようなものも含めてのトータル量ですので、
コーヒー以外で摂取することがあれば、
もちろんコーヒーの飲む量を減らす必要があります。


食品中のカフェイン含有量の目安はこちら→
https://sites.google.com/site/coffeetambe/level3/caffeine/contents



最近は手軽に「カフェインレスコーヒー」だったり、
「デカフェ」(同じくカフェインを含まない)のコーヒーが
ここ香港でも入手できるようになっています。

コーヒーを飲みたいけど・・・安全なのはわかっているけど・・・

     でも不安!

と言う方は、このようなもので代用しても良いかもしれませんね♪



・ コーヒーと妊娠について 

・ カフェインと母乳  

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。