スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港式 産後のお手伝い&シッターさん

今日は『香港式 産後のお手伝い&シッターさん』についてご紹介してみようと思います。

・・・とは言え、私は香港で出産をしていないので、実体験はないのですが


皆さんも既にご存知の通り、香港では「メイドさん」を雇う習慣があります。
夫婦共働きが一般的なここ香港なので、平日の家事や育児はメイドさんに任せて、
お父さん・お母さんは頑張って稼いでくるよ~!!がごくごく当たり前の光景だったりします。

日本人には『アマさん』の通称で知られている「外国人ヘルパー」。
フィリピンやインドネシア出身の方がもっとも多いようです。

以前は「パートタイム」での雇用も可能だった時期があるのですが、
現在は外国人ヘルパーに関しては、「住み込み」のみが正式な雇用形態となっています。

(例外もありますので、詳しくはコチラをご覧ください)

 香港ママの便利帳 → http://hkmamabenricho.com/domestic-helpers/


住み込みはチョット・・・と言う方には、パートタイムで雇用が可能な
香港人メイドさん、『鐘點:ジョンディム』。

通常はお掃除などをお願いすることが多いようですが、信頼の置ける方であれば
お子さんの世話をお願いしたり・・・も可能なようです。

 http://www.yp.com.hk/s-%E9%90%98%E9%BB%9E/p1/en/


そして今回ご紹介するのが 『陪月員』 と呼ばれる、産後のお世話専門のメイドさんです。

産後のお世話とは、具体的に何をしてくれるのか・・・?

もちろん人によって仕事の幅はあるのでしょうが、一般的には
「お料理(特に母乳の出が良くなるスープや食事の用意)」・「赤ちゃんのお世話」などが
メインのようです。

私の知り合いの方のところでは、そのほかに「ママの身体の血行を促進する”足浴”」を
日課として行っていました。

陪月員さんは産後のお世話専門のトレーニングを積んだ方たちなので、
それぞれプライドを持ってお仕事に当たっており、
初めての出産・育児に不安なママの「心強い味方」になってくれると同時に、
時に雇用主の意にそぐわない(?)アドバイスがあることも・・・なんて
耳にすることもあったりします

ただこれは陪月員さんに限ったことではなく、文化の違い・・・などの場合も
大いにありえますので、お互いに理解しあってやっていくしかないのかもしれません。
(日本人同士であったって、母乳育児に関するアドバイスなどは特に
様々な解釈がありますので・・・

陪月員さんはアマさんのような住み込み形態ではなく、1日のうちの何時間、と言う形で
やってきます。 夜間の勤務が可能な方も、中にはいらっしゃるようです。

産後専門の知識を身につけているため、お給金も少々値が張り、
1ヶ月の雇用で1万ドル近くしてしまうそうなのですが、
ママとベビちゃんの心身の助けになってくれるのであれば・・・と言うことなのかもしれませんね。


 http://www.852.com/living_service/maternity_service.htm
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。