スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先天性股関節脱臼って?

そう言えば・・・長らくお休みをいただいていた私の療養の原因、
 『股関節の先天性臼蓋(きゅうがい)形成不全』。

これについては、皆さんに充分ご紹介しうる疾患だったにも関わらず、
つい先ほどまで思いつきもしなかったと言う・・・

今日は赤ちゃんの「股関節」について、お話したいと思います。


今回私が手術するに至った「股関節臼蓋形成不全」は、
日頃あまり耳にすることの無い疾患名かと思います。

臼蓋形成不全は、
「股関節(*)を形成する骨盤側の受け皿となる骨の発育が不十分な状態」で、
太ももの骨が収まるべきくぼみが浅いために、太ももの骨がはみ出してしまったり、
(脱臼・亜脱臼の状態)
そのため関節部分に負担がかかり続け、将来的に痛みや炎症が起こる病気です。
また「変形性股関節症」という病気にまで進行すると、人工関節の挿入も
必要となる場合が多いです。

(*)股関節=
 寛骨臼(一般に言う骨盤)と大腿骨頭(太ももの骨の頭部分)よりなる球関節で、
電球とソケットの関係に例えられることもあるように、寛骨臼は深く大腿骨頭を収納
するように形成されている。


それに対して『先天性股関節脱臼』は、
赤ちゃんの股関節が、外傷もないのにはずれている(脱臼している)病気」です。

名前が「先天性」なので、すべてが「生まれつき」と思われがちですが、
実際は生後数ヶ月以内に発生する後天性の場合が多く、約9割を占めるそうです。
驚きですね

通常3・4ヶ月の乳児健診で見つかることが多く、必要に応じて
「リーメンビューゲル」と言う股関節を開いた状態に保つ装具を装着したり、
足の牽引や整復を行うこともあります。

先天性股関節脱臼であっても、程度があまりにもひどい場合を除いて、
通常はこのリーメンビューゲルを数ヶ月装着し続けることで、
自然に整復されることが多いです。(私も赤ちゃんの頃、数ヶ月装着していたそうです)

ただ数ヶ月経って 「整復されました(治りました!)」 と診断されても、
その後子どもが成長するまで(10歳くらいまで)は定期的な受診をし、
骨の発育状況を入念に観察していった方が良いそうです。


では赤ちゃんに対してできることをご紹介します

【観察項目】

・ 膝を曲げた状態で股を拡げた時に、股関節にポキポキ、コリッという音がする。

・ 両足を曲げて、膝が外側を向くように拡げてみると、開きが悪い。

・ 両足を揃えると太もも・お尻の シワの数が左右で違う。 左右の足の長さが違う。

・ 歩き始めが遅い。足を引きずるように歩く。


このような場合は、健診の際に必ず医師に報告するか、
健診が当面無い場合は、小児科の医師に相談することをお勧めします。


【気をつけたいこと】

 赤ちゃんの股関節と膝を伸ばしてしまうような服やおむつのつけ方は避ける。


香港や日本では、泣いて落ち着かない赤ちゃんの身体を大きめな布(おくるみなど)で
ぎゅ~っと巻いて安心させてあげる方法を取られることが多いですが、
その際も赤ちゃんの足の関節は 『Mの字』 に曲がっている状態を保てるように
気をつけてくださいね。

もちろん「おむつ換え」の際に赤ちゃんの足を天井に向かってまっすぐに引き上げる
方法も、脱臼の原因になりかねませんので、充分に配慮してください。

昔から言われていた「股おむつを重ねて厚めに装着して、股関節を強制的に開かせる」
のではなく、
できるだけ薄着を心掛けて、下肢の運動を妨げないこと」が何より重要だと
言われています。


赤ちゃんは自分からはなかなか「痛い・つらい」を言ってくれないこともあります。
ママも慣れない育児で毎日が不安やドキドキでいっぱいだと思いますが、
できることから1つずつ実践していきましょう
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。