スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本脳炎予防接種

カテゴリの「日本の出産事情」とはちょっと異なりますが、
今日は厚生労働省から 『日本脳炎に関する緊急情報』 が届いていますので、
お知らせしたいと思います。

「緊急情報」なんて書かれますととても焦ってしまいますが、
要は 『年齢的に接種漏れのある世代への、接種の奨励』 のお知らせです。

皆さんもご存知のとおり、かつて日本脳炎の予防接種後、
急性散在性脳脊髄炎(ADEM)という重篤な副作用が発生したため、
平成17年からは、厚生労働省の指示により自治体は積極的には予防接種を勧めないこと
になっていました。

詳しくは、こちら→
  日本小児神経学会 http://child-neuro-jp.org/index.html
(なぜか直接飛べないので、トップページからサイト内検索「日本脳炎」で飛んでください


しかしその後、平成21年6月より副作用の少ない新しいワクチンが発売され、
接種が再開されました。

当初はワクチンの生産量がまだ少ないために接種の対象者が限定されていましたが、
現在は必要な子どもたち全てに接種が可能となりました。(平成23年4月~)

また、実質的に中断していた間に接種できず、規定の年齢をこえてしまった方のために、
厚生労働省では「7歳半~9歳未満」と「13歳~20歳未満」の方々に接種できるように
法整備の準備をしていたところ、ようやく準備が整った、と言うことのようです。


もちろん香港では「接種対象」から外れているため、どこの病院でも受けられるわけでは
なく、
場合によっては「病院に問い合わせ後、取り寄せ」になることもあるようです。

なのでもし「日本に帰国している間に接種しようかな~?」などとご検討中の方は、
ぜひともご一読くださいね。



厚生労働省 予防接種情報  
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/annai.html
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。