スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の出産事情~出産方法編~

それでは本日からは、日本の出産事情 出産方法編をお送り
します。


出産方法にはさまざまな種類があります。
大きく分けると、
 ・お薬などを使用しない自然分娩
 ・麻酔薬を使用しての無痛分娩・
  陣痛促進剤などを用いる計画分娩
 ・分娩に際して機械を使用する吸引・鉗子(かんし)分娩
 ・手術による帝王切開
 このような感じでしょうか。


まずは、ひとつひとつ覗いていきましょう!



【自然分娩】 出産に際し、陣痛促進剤や無痛分娩のための
        麻酔薬、また吸引・鉗子などの医療器具を
        使わずに出産する方法。
        しかし実際は、出産前の血管確保(点滴)や
        浣腸、会陰切開などが行われることが多く、
        それらの処置を含めて、自然分娩といわれる
        ことが多い。


 ※出産に際しての処置(血管確保・浣腸・導尿・会陰切開など)
   は、各々の病院の理念に添うところであり、WHOの定義
   では、必ずしも必要なものではないとされています。
   これらの処置を必要ない限り受けたくはない、などの希望は
   「バースプラン」としてあらかじめ出産先の施設に伝えること
   も大切ですね。


【ラマーズ法】 薬剤などを使わず、できるだけ自然に産むことを
         目的とした出産法。


         ラマーズ法は医師主導型ではなく、自分で産む
         という前向きな姿勢を持つことから始まる。
         妊娠中から出産に関する知識を身につけ、心と
         身体の準備をするのがラマーズ法の前提で、
         さらに陣痛の痛みを緩和する目的から、呼吸法と
         リラックス法が取り入れられている。
         (有名なヒッヒッフー呼吸もそのひとつです。)


【フリースタイル出産】 助産所や自宅分娩では、このフリースタ
              イル出産が主体。
              一部の病院・診療所でも取り入れられる
              所も見られるようになってきたが、まだ
              少数。
              従来の分娩台の上での出産ではなく、
              本能の赴くままに、リラックスのできる
              安楽な姿勢で出産すること。
              (四つんばい・立ち産・側臥位:横向きに
              寝た姿勢での出産 など)
              分娩台の上での出産とは違い、大きく
              足を開くことがないので、出産によるキズ
              ができにくいのが利点。


【水中出産】 温水を利用した出産法。主に助産所での出産で
        用いられることが多い。
        温水には身体と心をリラックスさせる効果があり、
        陣痛緩和の目的で温水を利用する。
        (赤ちゃんが水中で生まれても、危険はないと言われ
        ている)
        充分に消毒された浴槽を使用しているが、既に破水
        している場合は、水中出産はできない場合が多い。




まだまだ出産方法は、多岐にわたります。
次回も自然出産の仲間をご紹介していきますね♪
  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。