スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんの嘔吐

このところ産後のおっぱいのケアにお話が集中していたので、
今日は赤ちゃんについてのお話です。


皆さんもご存知の通り、赤ちゃんは大人に比べて「吐く」ことが多いです。

そのまま様子をみていても大丈夫な吐き、
できるだけ早急に病院に連れて行ったほうが良い吐き、
違いは何でしょう?


そもそも赤ちゃんが吐くのは、胃の入り口の筋肉が未発達なため、
飲んものが逆流しやすいからです。

おっぱいを飲んだ後、咳き込んだりげっぷをした拍子に「ケポッ」と吐く、
身体を動かした拍子に口からタラ~っとミルクが溢れる・・など、
これはいたって正常な反応なのですね。
(もちろん、すべてのお子さんが吐くわけではなく、
吐かないお子さんもいらっしゃいますよ♪)

身体の構造が逆流しやすい・吐きやすい=食後すぐに横たえたら・・ → 吐く

なので、まずはしっかりと&根気よくげっぷをさせてください。

げっぷはママのお膝の上に座らせるような形でも、
肩に担ぎ上げるような形でも、どのようなスタイルでも構いません。
いずれも「上半身を起こした状態で」あればOKです

根気よく頑張ってもどうしても出ない・・という場合は、
寝ている間に吐いたもので気道が塞がらないように、
赤ちゃんの身体を斜めにして(身体の下に丸めたタオルなどを挟みこんで
身体に角度をつけます)寝かせてください。

また「げっぷは授乳後だけにするもの」ではなく、
前回の授乳後にげっぷが出なかったのであれば、
次の授乳の前にもう一度、げっぷを出すようにトライしてから
授乳をする習慣をつけられると良い
かと思います。


上記の通り、赤ちゃんの身体の未熟性により吐きやすいので、
通常は数ヶ月間、「授乳をしたら吐く」
が続いても問題ないことも多いのですが、
以下のような場合は念のため、受診してDrに診察していただくと
安心でしょう。

・ 水分が摂れないほど繰り返し吐く。
・ ぐったりしていて、顔色が悪い。赤ちゃんの元気がない。
・ 高熱や下痢などの嘔吐以外の症状も併発している。
・ 吐いた物に血液が混じっている

また、繰り返し吐くことで赤ちゃんが痩せていくのは、
危険な兆候です。

繰り返し吐いて、だんだんと赤ちゃんの体重が減っていくようであれば、
早急に受診してくださいね!!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。