スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の出産事情~施設編 その2~

それでは今日は、中規模の出産施設 産婦人科専門病院(単科
病院)・母子専門病院、および小規模施設 産婦人科クリニック・
診療所をご紹介したいと思います。


【専門病院】 ・ 20床以上のベッド数を持つ施設を病院と言い、
          複数の医師が勤務する。
         ・ 産婦人科単科、あるいは小児科を併設する母子
           専門病院などがある。
         ・ 基本的に施設内で出産に対応するが、場合に
           よって(対応できない場合)は機関病院である
           大学病院などに搬送することもある。
         ・ 病院によっては、担当医制をとることもある。
         ・ 出産方法・母乳育児に対する考えは病院に
  よってまちまちだが、総合病院などに比べ、
           出産法に特徴を持たせている所もある。
 

【診療所】 ・ ベッド数19床以下で、医師が1人以上の施設。
         一般にクリニックや医院と呼ばれているところ。
       ・ 入院はとらず健診のみの施設から、医師が複数
         勤務し、帝王切開や不妊治療まで手がけるなど、
         診療範囲は大きく異なる。
       ・ 施設内で対応できないケースは、機関病院へ搬送
         となる。(リスクをもたれる方には不向き)
       ・ 地域密着型なので、通院が便利・馴染みがある。
       ・ 出産方法や各種サービスに特徴を持たせている
         施設が多い。
       ・ 入院者数が少ないため、アットホームな雰囲気。
       ・ 小規模施設のため、夜間や休日はスタッフが充分
         揃っていない場合もある。



大規模の病院に比べ比較的、特徴のある出産方法を選べる
などの柔軟な対応が可能な施設が多いところが、中・小規模
施設の特徴です。
(しかしその一方で院長の方針如何、というところもあり、
一概には言えないかも知れませんが)


いずれの施設にせよ、満足のいくハッピーなお産ができる。
というところが最大の課題かと思われますので、
病院任せ・医者任せではなく、自分自身でどのようなお産を
したいのか、充分に検討されてからの病院(助産所)選びを
お勧めします。




次回は助産所・自宅出産についてです。

       
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。