スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の出産事情~施設編~

それでは日本の出産事情としての導入は、出産施設のあれこれ
についてです。


主な出産施設は、大規模病院(大学病院・総合病院)・中規模
病院(産科専門病院・母子専門病院)・小規模の診療所、
また医師の常駐しない助産所・自宅での出産などに分かれます。


どの形態の病院(あるいは診療所・助産所)を選択するかは
まったくもって個人の自由ですが、出産は病気でないとはいえ、
何らかの合併症を持たれていたり、多胎妊娠であったり、などの
ハイリスクと考えられる出産の場合は、医師が常駐する病院など
での出産が適当かと思われます。


それではひとつひとつの特徴を見ていくこととしましょう。


【大学病院】 ・ NICU(新生児集中治療室)などを備えた、機関
          病院となっているところが多い。
         ・ 町の診療所などからリスクの高い患者さんが
搬送されて(送られて)くることがある。
         ・ 複数の診療科が揃っているため、合併症のある
          方や リスクのある赤ちゃんには安心。
         ・ 医師(及び医療職員)の教育機関としての役割
           を持つため、健診や分娩の際に研修モデルと
           なることもある。
         ・ 出産方法や母乳育児に対する考え方は、病院
           によってまちまち。


【総合病院】 ・ 100人以上が入院できる施設を持ち、複数の
          診療科を有する。
         ・ 大学病院同様、複数の診療かがあるため、
           合併症をもたれる方などには安心。
         ・ 医師が割と沢山いて、担当医制を取りにくい。
           (健診と出産時の医師が違うことが多い)
         ・ 出産方法や母乳育児に対する考え方は、大学
           病院同様、まちまち。




次回は中規模病院・診療所についてです。



(参考:baby com 産院選びのためのお産情報)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。