スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっぱいのお手入れ その2

ずいぶんとご無沙汰してしまったこのテーマ、今日は”その2”
として、基底部マッサージについてお話しようと思います。


皆さんは『基底部』とは、どの部分か想像できますか?


基底部とは、簡単に言うとおっぱいのふくらみが胸板にくっついて
いる、その面の部分です。


なぜ母乳を出すために基底部が大事になるかと言いますと・・・


まず、母乳は血液によって作り出されています。
その血液を運ぶために基底部を貫くようにして血管が
通っているのですが、基底部がぺったりと貼りついた状態(基底
部の動きが悪い状態)だと、血管もつぶされがちになり、
スムーズな血液の流れが期待できません。
・・・新鮮な血液が循環していた方が、新鮮な母乳ができそうな
感じがしませんか?・・・


つまり『基底部マッサージ』とは、胸元の血行を良くする
マッサージなのです。


基底部マッサージの方法としては、長野県にある諏訪マタニティ
クリニックの院長、根津 八紘(ねつ やひろ)医師が考案した
『SMC式基底部マッサージ』が最も有名で、一般的な妊婦さん
向けの本には、まずこの方法が記されています。


諏訪マタニティクリニックHP:
http://e-smc.jp/pog/ob-pediatrics/breast-clinic/mamma-control.php


方法としては第1操作から第3操作まであり、すべてを行うことで
基底部を横方向・斜め上方向・上方向に動かすことができ、
ほぼ全周をカバーできるようになっています。


ただし、保護の手の置き方、動かす手のコツなど、直接指導を
受けないと実施に際しては難しいこともあり、本を見ながら独学
で・・・、は少し大変かもしれません。
(このSMC式基底部マッサージは、妊婦さんのためのショート
コースで、実践を交えつつ、詳しくお話しています)


なので、ご自宅で手軽に行える基底部マッサージ法としてお勧め
なのが、”牛さんブラブラマッサージ”です。


入浴時でも良いですし、リラックスタイムでも構いませんので、
ブラジャーをはずした状態で、できたら四つんばいになります。
(つらかったら台などに手をついて、できるだけおっぱいを真下に
垂らすようにします)
そしておっぱいをぶらんぶらんと揺するようにします。
それだけでも基底部が充分動きますので、思い出したらぜひ、
試してみてください。


また、基底部のみでなく、上半身の血行が良いことがひいては
母乳の分泌の良さにもつながってきますので、日頃から
肩を回したり、首を回したりなどの簡単なストレッチも取り入れて
みてくださいね。
スポンサーサイト
コメント

ミウラさま
先日はショートコースへのご参加、ありがとうございました。
その後、体調はいかがですか?
年末年始、香港・中国はあまり関係なさそうで、まだまだお忙しい日々が続くのではないでしょうか?
あまり無理をせず、時にはご自分の身体もいたわってあげてくださいね♪
またお会いできる日を、楽しみにお待ちいたしております!

先日は
妊婦のためのショートコースで
お世話になりました
初めての妊娠にて
本などを読みまくり頭でっかちに
なっていたところの 勉強会で
すごく為になりました!

あいさんが香港にいてくれるというだけで
日本人の妊婦たちにとって安心です

また直前に出産準備コース受講しますので
よろしくお願いします

よいクリスマスをお過ごしくださいませ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。