スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うような育児って?

ここ2・3日、また一段と暑くなってきましたね。
夜になっても涼しくならないのは、香港ならではという感じです。

最近twitterでつぶやいて済ませて(済んでいるのか?)いるので、
すっかりとブログから遠のいてしまってました


今日はニュースからの抜粋をご紹介したいと思います。


育児:常識、世代間に溝 祖父母向け講座も 専門家「互いに話し合って」
「楽しい子育て・孫育て講座」でタッチケアを習う参加者
   =東京都台東区鳥越2の日本助産師会で

◇断乳→卒乳/粉ミルク→母乳/「抱き癖」ダメ→できるだけ抱っこ…

http://mainichi.jp/life/edu/child/news/20100613ddm013100035000c.html


~毎日新聞社 毎日jpより~


親世代の「育児の常識」と最近の「育児の常識」では、随分と解釈の違い
があるんだな~と常々感じてはいましたが、
やはり皆さん同様に実感していたのですね。


でも。すべてが「昔のやり方はダメだ!」「今風に従わないとダメだ!」
ということはないと思います。

個人的な意見にはなってしまいますが、抱っこに関しては
「抱き癖がつくからあまり抱かないように」というのは、あまり好きでは
ありません。

小さい頃、特に自分の口で自分の思いを伝えることができないような時期には、
たっぷりの愛情をもって心を満たしてあげることは、決して間違いではない
と思います。


しかし逆に、何が何でも「卒乳」しなくちゃイケない!
子どもの意に反した「断乳」は暴力行為だ!とは思いません。
断乳であっても、子どもとスキンシップを充分に図り、
おっぱいをやめなくてはならない理由を(子どもが理解できているか
どうか判断できなくても)しっかりとお話して聞かせる。。

などの努力の末であれば、決して悪いことではないのではないか?と
思います。

ミルクに関しても同様です。
母乳でなければ愛情を与えることができない、ということは決して
ないのでは?と思います。
母乳が出なくても、ミルクをあげるその時間を、いかに愛情あふれた
ひと時にできるか・・・
そこが重要ではないかと感じています。
(あくまでも個人の意見ですので、あしからず)


育児に関しては、いろいろな意見や解釈もありますし、
海外で生活・国際結婚されている方などは更に、文化的な
相違もありますので、
なかなかお互いに歩み寄るのは難しいかと思いますが、
育児は焦って行うものではありません。

家族が元気に幸せに暮らしていけるよう、
たくさんたくさん話し合って、満足のいくような育児がしていけると
良いですね
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。