スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「副乳」って・・・?

ご質問をいただく中で比較的多いのが、「副乳(ふくにゅう)」についてです。
初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれませんが、今日はこの副乳に
ついてお話していきたいと思います。

「副乳」って何だろう? サブのお乳??

まず副乳というのは、『脇の下~通常の乳頭~股を通るラインにある乳房で、
女性の約5%、男性の約2%が持つといわれているもの』、だそうです。

人間は、胎児期初期にはまだ複数の乳房があるそうなのですが、
お腹の中での成長とともに、通常ある胸の乳房1対を残し、あとは退化して
いくようです。
なので副乳とは「退化しきらなかった乳房の名残」なのですね。

乳腺組織がグンと発達する妊娠期から産褥(さんじょく)期=産後のこと、
にかけて、急に脇の下が腫れて熱や痛みを伴うことで初めて気づく方も
多いです。

副乳は退化した乳房であるため、はっきりとした乳首を伴うことは少なく、
ほくろのような痕跡状のものであったり、
表面上は何もないのに、「脇の下が急にゴルフボールのように膨らんできて
驚いた!!」
という場合がほとんどです。

副乳自体はあって悪いものでは決して無いのですが、
やはり腫れ(大きくなる)に伴って熱感や痛み・不快感を伴うものなので、
早急に元通りになってくれたほうが有り難いですよね。

副乳への対処としては、
 ・ いじらない(刺激をくわえず、安静にする)
 ・ 清潔に保つ
 ・ 冷やす
以上の3つが大切です。

刺激をくわえると通常の乳房と同じで、より大きく発達してしまいます。
痛みや不快感が増強して、苦痛ですよね。
なので冷やして安静に保つ、ということはとても大事なのです。

おっぱいの張りに対しては「キャベツ湿布」などでマイルドに対処
することをお勧めしていますが、
副乳に関しては、「アイスノン」などでガッツリと冷やしてしまう方が
より早急に効果がみられると思いますので、
ちょっと冷たいですが、副乳でお困りの方はぜひ、お試しくださいね
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。