スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんの便秘?!

それでは今日は「赤ちゃんの便秘」についてです。

赤ちゃんの便秘って? 皆さんはどのようなイメージがありますか?
1日に1回しか出ない? 2日に1回しか出ない?

育児書などを読むと「赤ちゃんは1日に数回、うんちをします」なんて
書いてあるので、1日に1回しか出ない場合は不安になってしまいますよね。

ではどんな状態が『便秘』というのか?

実は、便秘には「これ!」という定義はないのです。
便宜上、3~4日以上便通が無い場合、としていますが、
毎日便通があってもすっきりとせず、不快感が残る場合は便秘、
方や2・3日に1回しか便通が無くても、すっきりと残便感が無い場合は
便秘ではない、と言えるそうです。

なのでその考えを赤ちゃんにも当てはめると、
1日に1回しか便通が無くても、強くきばることもなくすんなりとうんちが
出るようであれば、便秘とは考えなくても良さそうです。

でも赤ちゃんはうんちを踏ん張るときに使う「腹筋」がまだまだ弱いので、
長いこときばっていてかわいそう・真っ赤な顔をしてきばって苦しそう、
などの時にはママやパパが手助けしてあげると良いのではないかと思います。

まずいきなり「浣腸」を! とはせず、

・ 水分摂取量を増やしてみる

これを心掛けてみてください。
頻繁におっぱいをあげる他に、ミルクをあげている場合は、母乳に比べて
ミルクは脂肪分が多いため、うんちが比較的硬くなることが多いので、
ミルクの摂取量を少し抑え、その分母乳の回数を増やすことで
対応してみると良いかと思います。

でも私の母乳はそんなに出ていなさそう・・・
という方は、お白湯(湯冷まし)を追加してみるのもひとつの手です。

お白湯は味がないので、「何となく美味しくなさそうでかわいそう・・」と
言うようでしたら、「5%濃度の糖水」にしてみても良いですね。
100ccのお湯に5gのお砂糖(スティックシュガーでOKです)を溶かして
冷ませば完成!です。

また赤ちゃんのお腹を優しく「”の”の字マッサージ」をしてみたり、
ヨガのガス抜きポーズ(太ももを下腹部に軽く押し付け、圧迫する体操)を
試してみると良いでしょう。

そして最終手段としての『こより浣腸』!

”こより”と言っても実際は「綿棒」を使用します。
綿棒の先をオイル(べビーオイルや、無ければ食用油でも可)で浸し、
すべりを良くした状態で赤ちゃんの肛門に綿棒の先端のふくらみ部分を
優しく挿入します。
挿入したら綿棒をゆっくりと真下の方向(時計で言うと6時の方向)に
ゆっくりと押し下げます。
若干5時から7時方向に動かしても問題はありません。

肛門の下には「排便を促す神経」があるそうで、その神経を綿棒を使って
刺激するわけですね。

どうしてもうんちが出なくて心配!!というときには、ぜひお試しください♪
スポンサーサイト
コメント

赤ちゃんの便秘って・・

怖いですね・・・
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。