スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこ~い? 白斑 その2

ちょっと間が開いてしまいましたが、前回の続きです。
今回は皮膚表面で白斑ができる場合のお話です。

【その2】 乳首の表面で発生した白斑

乳首の表面で白斑ができる場合、これは主に「浅吸い」や「ゆがめ飲み」
などにより、乳首の先端に負荷がかかってしまったときにできやすいです。
また、歯が生えてきた赤ちゃんが齧ってしまったりなどでも
生じることがあります。
イメージとしては「赤くない(白い)血豆」みたいな感じでしょうか。

身体の中でできて、”ポンッ”と抜けてくれさえすれば治ってしまう
白斑とは違い、
こちらは1回できてしまうと、なかなか治りにくいのです絵文字名を入力してください

(指などに血豆ができてしまったことをイメージしてみてください。
血豆自体が小さくなってなくなるまで、或いは表面が破れてしまって
かさぶたが治りきるまで・・・結構な時間がかかりますよね?)

なのでできたらこちらは『予防』に励むことが、とっても大事!なのです。

具体的な予防策としては、

 ① 乳輪が見えないくらいに、深くくわえさせる
  (吸っているうちに段々浅くなってきてしまうようであれば、
   授乳途中でも1回はずさせて、もう一度くわえさせ直す)

 ② ゆがみ飲みをしないように気をつける
  (ゆがめ飲みをしているかどうかの判断は、授乳後の乳首の
   形で判断します。
   上手に真っ直ぐ吸えていれば、乳首の形はまん丸(或いは
   授乳前と同じ形)のままです。

ただこれら予防策を心掛けていても、白斑ができてしまうことも
あります。
その時は上記「予防策」を改めて再確認すると同時に、授乳の
合い間は『ランシノー』や『馬油』などでオイルラップしていると、
多少早く治りやすいようです。

間違っても針などで白斑部分をつついたりしないように!!!
そこからばい菌が入ってしまったりすると、こじれて厄介なことに
なってしまいますョ絵文字名を入力してください

また表面に「詰まり」ができてしまうのと似たような状況のため、
白斑に遅れて「乳腺炎」の症状が出てくることもありますので、
要注意です。

いずれにせよ、正しい飲ませ方で頻回の授乳を心掛けてくださいねニコ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。