スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんのスキンケア

自分のスキンケアもできていない私が「赤ちゃんのスキンケア」に言及
するのは、なんともおこがましいのですが・・・
いささか最近の気温の低下と乾燥に伴い、『お肌に潤いを・・』と思わ
ざるを得ない状況に置かれたため、急きょテーマにあげてみましたうさびっくり
(お肌に関しては店長・早苗さんのほうが専門家ですので、
きっと良いアドバイスをいただけるかと思いますョ♪)


赤ちゃんのお肌に関しては、私が学んだ『タッチケア』の母体、
「日本タッチケア研究会」の協賛団体でもある、「ジョンソン・エンド・
ジョンソン」のホームページを参考にさせていただきました。


まず赤ちゃんのお肌の特徴として、

・ 体重に対して皮膚表面の面積の割合が大人よりも高く、最大で大人の
  約5倍にもなる。
・ 一般的に、新生児の皮膚の厚さは、成人の約3分の1である。
・ コラーゲンやエラスチンなどが未発達。
・ 神経と血液供給能力もまだ未熟。
・ 角層の発達が未熟。
・ 皮膚表面の皮脂量が充分ではない。

ことが挙げられるそうです。
このことは、赤ちゃんの皮膚のバリア機能が未熟であることを表していて、
赤ちゃんの皮膚は外界からの刺激や摩擦に対して回復力が低く、影響を受け
やすいということになります。

また、生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんのホルモンを受け継いでいるので
皮脂の分泌が活発で大人並の分泌量ですが、3ヶ月を過ぎたあたりで皮脂量は減り、
お肌は乾燥がちになります。
思春期に入ると、また皮脂を分泌できるようになってくるそうです。
(ジョンソン・エンド・ジョンソンホームページには、目で見てわかりやすい
「皮脂分泌量の変化」がグラフで提示されています。)

これらのことからもわかるように、赤ちゃんにとってのスキンケアは、
とても大事なことなんですね。

私の場合は、自分自身のこともきちんとできていないあせので、
子どもに対しても、”あまりにカサカサがひどい時のみ対処する”程度しか
ケアをしていなかったのですが、本来であれば継続的に続けていけたほうが
良いのかもしれません。

ただ毎日のように肌につけ、そして体内にも浸透していくものですので、
品質・成分に関しては、それぞれのお子さんにあったものを選択されることが
とても大事に感じます。

一律に”この商品がお勧めですよ~☆”というのではなく、肌質・体質は
十人十色ですので、あれこれ試してみて、一番しっくり来るモノをぜひ探して
みてくださいね♪




ジョンソン・エンド・ジョンソンホームページ 「赤ちゃんのスキンケア」

 http://johnsons.jp/baby/babyskincare1.html
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。