スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の恩恵

今日は久しぶりに「ポカポカ太陽」が顔を覗かせてくれていて、
ようやく寒さでガチガチに固まった身体がほんわりと解けるようです。

この寒さに適応できなかった者、1名。
下の娘がどうやら”胃腸風邪”にかかってしまったようで・・・
インフルエンザは9月末の、幼稚園での大流行時期にもれなく感染
したので、ひとまずは安心かな?なんて思っていたのですが・・・

でも実は。 私もかつて、ひと冬(それも1月から3月という短い間に)
2回、インフルエンザにかかった経験がありますので、油断は大敵!
なんですよね。。 ガイコツ_1

ちょうど看護婦の国家試験・助産婦学校の入学試験、そして卒業式が
重なった、大忙しの年度末でした。
お恥ずかしながら看護学校入試のときに、第1志望の大学に落ちていたので、
「助産婦学校は絶対に失敗できない!!」との思いが相当強かったため、
自分的にもかなり追い込みの勉強をしていたんですね。
それで精根尽きてしまった・・と。

高熱をおしての助産婦学校入試(更にこの日は筆記と同日に面接まで!)
と、またまた高熱をおしての看護学校卒業式、今でも鮮明に思い出せます。
熱さましの座薬を挿し挿し、強行突破ですけむり

特に看護学校は、日本で一番最初に看護婦教育を始めたという
由緒ある学校だったため、毎年の恒例で、卒業式には『宮様』が
ご臨席されるのですが、その前で名前を呼ばれ(卒業証書授与の際)
裏返ったガラガラ声で返事をしなくてはならない悲しさ・・・
「立つ鳥 跡を濁・・・」してしまった感じです絵文字名を入力してください


話はかな~り逸れてしまいましたが、インフルエンザは短期間に変異を
繰り返す病気ですので、油断せず、本格的に寒くなる冬に向けて
しっかりと栄養・休息をとってくださいね♪


そして表題となっている太陽の恩恵。
ポカポカと暖かい・気持ちの良い光とぬくもりを与えてくれる太陽ですが、
そのほかにも目には見えない”とても素敵な恩恵”を
私たちは日々、受けているのですよね。

たとえば、丈夫で健康な骨を作る働きを持つ「ビタミンD」を体内で合成
したりとか、(そのほかにビタミンDは、カルシウムの再吸収を促進したり、
免疫反応にも関与していると言われています。
またビタミンDの低下により、脳の認知機能の低下や、うつ病との関連性も
示唆されています)

また、朝に太陽光を浴びることによっての「体内時計」の正常化、
痛みなどの治療(遠赤外線療法)などにも応用されていますね。

いずれにせよ「浴び過ぎ」はもちろん”害”となり得ますが、適度な日光浴は
現代人にとっても必要なことなのかもしれません。


・・・でもそんな難しいことなしに、
 寒い時期のポカポカ太陽は、最っ高~☆!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。