スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンガルーケア

今日は久しぶりにインフルエンザ以外のテーマでお送りしますにこちゃんびっくりまーく

先日、マタニティクラスを受講してくださった妊婦さんが、バースプランに
「カンガルーケア」を入れるべきかどうか・・・で悩まれていらっしゃったのを
ヒントに、
今日は『カンガルーケア』について、お話していきたいと思います。


まずは、『カンガルーケア』とは何なのか?

皆さんは「カンガルーケア」の名前は耳にしたたことがあるかとは
思います。
お腹の上に生まれたばかりの裸んぼの赤ちゃんを抱っこして・・・
のイメージもあるかとは思いますが、せっかくの機会ですので
もう少し掘り下げてみましょう。


『カンガルーケア』とは、
1978年に南米コロンビアの首都ボゴダで保育器不足への対策から生まれ、
新生児死亡率低下に効果が見られたことから、文字通り「ケア」として
世界的に注目を集めるようになりました。

一方、日本のカンガルーケアはNICU(新生児集中治療室)で阻害されて
いる母子(親子)関係を何とか支援したいという聖マリアンナ医科大学の
堀内先生たちの情熱からスタートし、全国の新生児科医、看護師、助産師の
賛同を得て普及しました。


上記のように、カンガルーケアは、『赤ちゃんの体温を保つ=保温』の
ための”ケア”からスタートしたのが始まりです。
しかし現在の日本では、必要且つ充分な医療処置が得られる場合が
多いため、メンタル面(母子関係・親子関係)での充足の側面が注目
されていったのです。

生まれたばかりの赤ちゃんを裸のまま母親の素肌の胸に抱かせて
いっしょに過ごすスキンシップにより、母乳の分泌が促進されたり
赤ちゃんの不安が和らいだりして、母子のきずなを深める効果があると
されています。

そのため日本でも、全国的に広く普及するようになっていくのですが、
一方でカンガルーケアによるトラブルが発生する事態も起こり始める
のです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。