スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況など。。。

たいへんご無沙汰いたしております(>_<) 

どうも子ども達の長期休暇に入ってしまうと、私の体内時計も
休暇モードになってしまうようで・・・

毎日メールチェックは欠かさずにしているのですが、
どうも文章を考え出すのが面倒に大業に感じてしまって滝汗
ホント、ダメですね。。


この春休み中は、日本からの親族や友人の『香港観光』アテンドに
明け暮れ、その合い間をぬって健康チェック・・・

実はこの春に、香港に来て初めての「胃カメラ検査」を体験
してきたんです!!


私の持病は、『腰椎椎間板ヘルニア』と『胃酸過多』。
身体の前方も後方も、病んでますあはは・・・・。
(・・・ってこんなこと、自慢になりませんが)

胃の不調との付き合いは長く、最初に胃腸科を受診したのが
中学生の時。
高校受験がストレスだったのでしょうか?(苦笑)

そのときに「胃酸過多」と診断され、以来ずっと、胃の調子が良い♪と
感じることがなく、常に痛みやもたれ感を感じていました。

でも逆に、”常にある症状”って日常化してしまうため、
『調子が悪くって当たり前』って感覚になってしまうんですよね~
(私だけ???)

それで今回、検査をする機会ができたため、受けて参りました。

日本でも一度、胃カメラの検査はしたことがあるのですが、
そのときは喉元の局所麻酔だけでしたので、もう苦しいの
なんのって・・・(泣)
更に結果、『20代のキレイなピンク色した胃の粘膜ですよ!!』・・と。

そのときは個人病院勤務をしていて、昼夜問わずのお産に
奔走していた頃だったため、
あまりの激務に「身体を伸ばせないほどの激痛」に襲われた私は、
『絶対に潰瘍の2個や3個はできていて、更に穿孔(胃に穴が開く)
寸前』だったりするんじゃないか・・・
と思って受診していたため、
良い結果が出てもちろん良かったのですが、かなりの拍子抜けぽや

なので、そんなひどい状況でも”意外と健康体な自分”であったため、
今回も「もちろん異常無し」だと思っていたのですが・・・

意外にも、『胃にはポリープ(カメラを飲んだときに切除済み)・
十二指腸には細かい潰瘍が数個・・・』の診断が。

ただ普段から「調子が悪くて当たり前」の私なので、まぁ今回は
妥当な線(笑)かな~?と。それに確実に、齢も重ねていますし、ネ。


・・・で、今回何が言いたかったかと言うと、私の結果云々ではなく、
香港ってやはり、『麻酔文化』(?)なんですね~。

日本ではあんなに苦しい思いをして、決死の覚悟で(大げさ)
挑んだカメラだったのに、
香港では静脈麻酔(麻酔薬の注射)で完全に寝かせてしまった状態で
検査をするため、苦しさなんて微塵もない!!

これは本当にラクでしたぷ~

ただ、「麻酔から醒めなかったら・・・」の恐怖も若干xx

なので、ラクさを取るか、苦しいけど堅実(?)さを取るか・・・
究極の選択!といった感も否めませんが、
やっぱり私は、次も”寝てるうちにカメラ”を選択してしまうだろうな~。。


ちなみに今回の結果を受けて、『胃に負担をかけない食生活』を
指導されましたが・・・
意思の弱い私なので、まったく守られておりません。。。

次回の検査は半年後・・・いやはや(-_-;)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。