スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『いのち』について考える 2009

以前から「助産師あいのブログ」をお読みいただいている皆様の中
には、
 「このタイトルって、前にも無かったっけ??」と鋭いご指摘をされる
方もいらっしゃる・・・でしょうか?ニャンω

去年から、日本人学校の先生方のご好意により、間もなく卒業・進級
と言うこの時期に、『いのち』についての学習上で、お話させていただく
機会を頂戴している、助産師あいです♪


話は若干それますが・・・
私が助産師になろうと決心したその理由のひとつに、
『性(生)教育』をしたい!!『いのち』を真剣に考えるきっかけを
子ども達に提供したい!というものがありました。

近年特に、自分の命・他者(親や友人・ひいては自分の子どもまで)
の命を大切にできない人が、増加の一途をたどっている印象を受け
ます。
これは多様化する家族関係の問題・食習慣の問題・或いは教育
システム・・いろいろな原因があるのだとは思いますが、根底には
子どもの頃から「いのち」について考える機会が、あまりにも少な
すぎるのではないか・・・?と私は考えています。

学校で「いのち」についてほんの少々考える機会があったからといって
自殺が無くなる・殺人がなくなる、などとは思っていませんが、でも
このような時間は無いよりも、絶対にあった方が良いのです!!!
(独りよがりでしょうか?アセアセ2

でも実際に、このようなテーマでご家庭でお子さんと話す機会の
ある家は、どのくらいあるでしょう?
特に生殖に関わってくる「性」教育になると、益々難しいのでは・・・
と思います。
でも学校で『今日、こんな話しを聞いたよ~♪』なんてことにでもなれば、
ご家庭でしっかりと話して聞かせてあげるチャンスにもなりますよね!
そうなってくれれば大成功ha-ri...らぶ

子ども達はお母さんから自分の生い立ちを聞くのが大好きです。
ぜひゆっくりと、そしてゆったりとした時間の中で、子ども達に向かい
合ってほしいな~と思います。

そんな「種をまく」地道な活動が、私の夢でもありました。
なので、今はとても楽しいし、もっともっといろいろなことを学んで
聞いて、次の世代の人達に広く伝えていきたいと思っています。



それでは次回は、『いのちの学習』でのひとコマをご紹介させて
いただこうと思います♪




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。