スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後のおっぱいの変化 ~出産直後から出産3・4日目~

以前のお話からちょっと間があいてしまいましたが、今日は産後の
おっぱいの変化の続きをお送りしたいと思います。


それでは、頻回授乳以外での(多少)助けになる方法のご紹介です。

ひとつめは「キャベツ湿布」。

以前もこのブログにてご紹介しましたが、血液が1箇所に集まる
ことにより熱を持ち痛む、おっぱいの ”ほてり” を吸収してくれるの
が、この『葉物野菜』です。
なので緊急事態に「キャベツがない!!・・・けどレタスならある」
とか、「白菜しかない!!」などであれば、それらで代用も可能
と思われます。
おそらく形状や固さの面でキャベツが一番しっくりくるからではない
か・・・と私は解釈しているのですが、他に医学的な根拠があったら
・・・すみません!!

使用方法はいたって簡単で、キャベツの葉っぱを洗い、乳首に
かぶらないようにして、熱をもっている部分にあてるだけです。
熱を吸ってヘニョヘニョになったら、再度水に浸すとシャキッと
元通り!再利用も可能です。


ふたつめは「母乳の流れをよくすること」です。

母乳がスムーズに流れ出るためには二つの条件があり、
まずは出口が充分に広がっていなければ、出るものも出て来れ
ません。
そのための頻回授乳・・・なんですが、それが無理な方は自分で
しっかりと乳首の圧迫マッサージをしておくことがお勧めです。

また、基底部がガチガチに張り付いている(←あくまでもイメージ
です)状態では、母乳もスムーズに流れてきませんので、
2・3度おっぱいの膨らみを下からすくい上げるように持ち上げ、
基底部の動きを滑らかにしておくこともお勧めです。
(基底部とは何ぞや??と言う方は、過去ログをご参照ください)

あまりにも張ってしまって、痛くておっぱいには触りたくない!!
と言う方は、腕をゆっくりと真上に伸ばし、ストレッチするような
形で間接的に基底部に働きかけても良いでしょう。


この2つを実践しつつ、授乳ももちろん続けてくださいね!
30分おき・・とは言いませんが、せめて3時間以内には次の授乳
ができるよう、(できたら2時間以内、と言いたいところですが・・)
心掛けてくださいハムスター    Fight~!!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。