スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うがいの真実!?

今日はちょっと方向を変えて、『風邪予防』に名高い”うがい”
についてお話していこうと思います。

「風邪の予防」といえば、うがいに手洗い。まずこれが挙がって
きますよね?
そして身体を温かく(冷やさない)・栄養のある物を食べ、適度に
身体を動かし、風邪に負けない身体をつくるほのぼの
これが”常識”とされていました。

しかし!!!先日、『インフルエンザ予防にはうがいは効かない』
という衝撃的なニュースを目にしてしまったのです・・・

真実はいかに??

とはいえ、今日、この私のブログ上で、「うがいは風邪やインフル
エンザ予防に効果があるか・ないか」を結論づけることはしません。
・・・というか、できません汗あしからず<(_ _)>


ではどうして「インフルエンザにはうがいは効果がない」と
言われているかと言うと~

インフルエンザのウイルスは、のどの粘膜にくっつくと、10分から
20分もの間に体内に侵入していくそうなのです。
なので、うがいをインフルエンザ予防に活用するには、20分毎に!
繰り返す必要が出てくる・・・ということになります。
でもこれは、とてもじゃないですが、現実的ではない!!
という理論から導き出されたようです。

確かに・・・20分で体内にもぐりこんでしまうのでは、家に帰って
からうがいをしても、意味がないかも・・・
(この”20分”はあくまでもインフルエンザウイルスに限ったことで
あり、一般の風邪のウイルスは、一概には言えないようです)


一方の、「いや、それでもうがいは一定の効果はあります!」
と言う方のご意見では~

のどの表面には線毛という細かい毛が生えていて、粘液と
ともに、口の中に侵入して来たばい菌やウイルスを捕らえ、
外に向かって追い出す働きがあります。
うがいによって口の中を洗浄すると共に、のどに潤いを与え
線毛の運動を活発にしたり、のどに適度な刺激を与えることで
血行やのどの粘液の分泌を活発にすることで、もしかしたら
侵入して来たウイルスの活性化をそこで抑えたり、取り込みを
遅らせる効果があるのではないか?

と考えられているようです。

実際にうがいをした群としなかった対照群を比較した実験では
「うがいをした」群の方が、インフルエンザを含む風邪等の
感染症に予防の効果が高かった、というデータも科学的に実証
されているようです。


この世の中、すべてのことに”賛否両論”じゃありませんが、
意見が真っ向にわかれる、それも科学的に実証済み!
なんて言われていることがたくさんあります。
何を信じていけば良いのか・・・もちろん私もわかりません。
でもたくさんある情報の中から、自分自身で選択していかなけ
ればならないんですよね。。ホント、生きていくって難しいオLゥ`
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。