スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷え対策! ~冷えるとどうなるの?編~

これまたご無沙汰してしまいました。
ひどくはなかったのですが、このところ胃腸風邪に罹ってしまった
ようで、微妙に熱が出たり吐き気がして食欲が落ちたり・・・
(でもプチダイエットになってラッキー?にやり
ついついブログに向かえずにいました。


さて今日は「そもそも冷えたら身体にどんな影響があるのか?」
というところをお話していこうと思います。

『冷えは万病のもと』といいますが、冷え症の方の身体の中は
一体どうなっていると思いますか??


まず冷えると身体から熱を逃がさないように血管が収縮します。
血管が収縮すると血行が悪くなります。
血行(血の巡り)が悪くなると・・・
そもそも血液には各臓器に送っていくための酸素や栄養が
溶け込んでいますが、その流れが悪くなる=各臓器に必要な
栄養素や酸素が行きわたりづらくなりますよね。

体内のいろいろな臓器は、血液によって運ばれてきた栄養
などをもとに働いていますので、そのご飯がスムーズに来ない
状態では臓器の働きも鈍ります。

また血液には「栄養を運んでくる」だけでなく「不要な物を運んで
いく」働きもあります。
なので、血液の流れが鈍い状態では、不要なもの・老廃物の
排泄も悪くなり、身体に「毒」が溜まっていく状態になってしまう
のです。

ここまで読んでいただいただけでも、『冷えるって身体に悪そう~』
って感じますよね。。。


また、人間の身体の大半は「水分」でできていますので、冷えと
むくみは密接な関係があります。

冷えるからむくむ、むくむから冷える。一方通行ではなく相互に
関わりあっているのです。
身体にとっては欠かせない水分ですが、多ければ良いってもの
でもないんですよね。

~”なぜかむくみやすい”という方、
             もしかしたら冷えていませんか?~

いま一度、ご自身の生活を振り返ってみる良いチャンスかも
しれませんョにっこり
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。