スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆子には・・・

皆さま、こんにちは。
今日は久しぶりに「妊婦さん」のお話です。

皆さんのお子さんは今、どのような姿勢でお腹の中で過ごしていますか?
妊娠後半期になると、自然と「頭を下にした姿勢=頭位」になることが多いです。

なぜか?・・・はっきりとはわかっていませんが、
赤ちゃんは頭が一番大きく重いから自然と・・という説や、
大切な頭部(脳)に容易に血流が行きやすいように・・、などと言われています。

しかし中にはお尻や足などを下にした「逆子(骨盤位)」のお子さんも
もちろんいます。
わが子も二人とも妊娠30週頃は逆子の状態でした。

最近では出産時のリスクを最小限に減らすために、逆子の場合は「帝王切開」に
なることが多いのは、皆さんも既にご存知のことと思います。

頭部よりも小さいお尻や足などが先進することで、充分に産道が開ききらず、
最終的に頭が出にくくなってしまったり、
先にへその緒が脱出してしまったり・・・のリスクが高まるがゆえ、の選択
なのですね。
決して先生が「帝王切開が好きだから♪」と言うわけではないのです^^;


それでは「出産までに逆子を解消しよう!」と言うときに、
日本でまずお勧めされるのが
『さかご体操』です。膝胸位とか、胸膝位と呼ばれているものです。

ただこのさかご体操・・・かなりしんどい姿勢なのです。
お腹が張りやすい方はまず不可能。

・・・じゃ、どうしましょ~と、心配することなかれ。

お勧めは「さかごに効くつぼ(経穴)にお灸をすえましょう!」です。


西洋医学中心の現代ですが、東洋医学も侮るなかれ。
この「さかごのお灸」も、ちゃんと効果が期待できるとして論文発表もされている
信憑性のあるものなのです。

「さかご」「お灸」などで検索すると、鍼灸師さんが書かれた詳しいページが
わんさかとヒットしてきますので、興味のある方はぜひ一度、検索してみてください。


今回私は、『さかごのつぼ』として有名な『至陰(しいん)』の場所取りがわかりやすい
サイトと、
簡単に使用できるお勧めお灸をご紹介させていただきます。


『至陰(しいん)』 → http://www.youtube.com/watch?v=jF0oBdlwWcw


『せんねん灸』 → http://www.sennenq.co.jp/top.html
            http://www.sennenqshop.net/shop/item_list?category_id=63124

(おためしタイプは数も少なくお勧めです!
初めての方はマイルドな「ソフトタイプ」がおすすめ♪)


ただ残念なことにせんねん灸HPからは国外発送は不可のようですので、
日本のご家族などを経由して・・・という方法になってしまうかと思います。。


逆子でお悩みの方、ぜひ一度お試しくださいね
スポンサーサイト

「乳腺炎かな」と言う方へ ~乳腺炎の見分け方と対処法~

段々と涼しい日が増えてきました。
季節の変わり目は体調を崩しやすい時。それと同時におっぱいの状態も
イマイチかな~?となる方が増えています。

乳腺炎は、過剰な母乳が乳房内に溜まった状態で、うっ滞性と細菌性の
2パターンがあります。

症状はどちらも ・乳房の部分的な痛み、しこり ・乳房の熱感 ・母体の発熱 
などが挙げられます。

以前にアップした乳腺炎対処法に手を加えましたので、
まずは『セルフケア』、挑戦してくださいね♪



1.乳腺炎・治療の有無の見分け方」。

おっぱいの痛みや発赤とともに高熱(38~40°)が出てくるようでしたら
授乳中でも安心して使える「 パラセタモル=(商品名)パナドール 」を内服し、
解熱をはかってください。
(パナドールはスーパーや薬局などで簡単に手に入ります。)

ご心配な方はこちらをご参考→ ママのためのお薬情報@国立成育医療研究センター 
(パラセタモルは化合物アセトアミノフェンです )

一旦解熱しても再度熱が上がってくるようであれば”細菌感染を考え、
医師の受診&抗生物質/抗菌剤の内服が必要になります。
(投薬中でも授乳をストップさせないDrを選んで受診することが大切です!)

解熱剤内服で解熱し、その後は熱が上がらないようであれば、
うっ滞性乳腺炎”と判断し、速やかに溜まった母乳を排出するよう
心がけます。

★もちろん「細菌性乳腺炎」でも、溜まった母乳を排出するようにしてください!
  また、細菌性乳腺炎であっても乳汁の色が濃い黄色~緑色がかっていない限り
  授乳は可能です。



2.母乳の効果的な排出方法」。

まず1番有効なのが「お子さんに吸ってもらう」です。

乳腺炎になると母乳の味がまずく変化する、と言われていますので、
もしお子さんが授乳を拒否するようであれば、自分自身での搾乳で対処する
しかありません。

吸ってもらうときの注意点は、授乳の原則に立ち返り
・ お子さんのお腹とママのお腹はピッタリ向き合った状態で密着させる
・ 大きな口をあけて、乳輪まで深くくわえさせる


ことが重要です。



3.正しい授乳姿勢の再確認」。

そして授乳姿勢はいつもと同じ抱き方ばかりではなく、
普段とは異なる抱き方(普段が横抱きであればフットボール抱き・たて抱きへ)
にトライしてみてください。
(どうしてもダメな場合は、普段の抱き方の角度をちょっと変えてみてください。)

通常の抱き方で「母乳の溜まり」ができてしまった、と言うことであれば
抱き方を変えることで解消する場合もあります。

いつも通り「正しく授乳している」と思っていても、日々お子さんは成長しています。
成長と共に口の位置がずれてくることも往々にしてありますので、
調子がイマイチかな~?と言う時は必ず『授乳姿勢の再確認』、
行ってくださいね♪


正しい抱き方はコチラ → 「痛くないシリーズ」   by 産科Dr-bewithyou 先生


◆movieでの正しい授乳法 → Latch On Breastfeeding Babies on YouTube


授乳はいつも以上に頻回に行うことも重要です。
離乳食が始まっている場合は、お食事の量を減らしてでも
「授乳回数」を増やしてくださいね♪

また、授乳中にしこり部分を軽く圧迫することも、役に立ちます。
(ただし、強く押したり揉んだりしないようにしてください!)

手で押さえるのが困難なときは、丸めたタオルをはさんだりなど、
補助グッズを活用してみてください。



4.身体と患部は休めて、おっぱいは働かせて!」。

授乳と授乳の間は、炎症を起こしている部分を安静に保つために
冷罨法」も助けになります。
くれぐれも冷やし過ぎに注意して(アイスノンなどを使用する場合はタオルに包んで)
使用してください。
乳首を冷やしてしまうと乳口の開きが悪くなってしまうことがありますので、
乳首は冷やさないように注意してくださいね。

過労はおっぱいトラブルの元です。
ママの身体はできるだけ休めて、でも授乳だけは頻回に!頑張ってくださいね。



5.乳首(乳口)はよ~く開いていますか?」。

・・・大前提として、乳首の開きが悪い(出口が不十分な)状態では
出るものも出ません!

しっかりと乳首の圧迫マッサージをするなり、オイルラップ(羊油や馬油などを
乳首に塗布し、その上からサランラップで覆う)
を励行し、
乳首(出口)を良い状態に保ってくださいね♪


【乳首の圧迫マッサージ】
① 親指~中指の3本指の腹で、乳首をつまむ。
② 乳輪下の圧抜きを兼ねて行うようであれば、指が乳輪まで届くように
  深く当てる(この場合、乳首は指の第1関節で圧迫するような感じになる)
③ 痛すぎない力で、力加減を調節する
④ 同じ方向からだけでなく、肘や手首を反し、いろいろな方向から圧迫する


《授乳直前の乳首の温罨法》

乳首の開きを良くするために、授乳直前に「乳首を温める」方法です。
ただ乳首以外の張りが強い患部まで温まってしまうと逆効果ですので、
くれぐれも乳首限局で温めるようにしてください。




以上のことをまずは繰り返し実践してみてください
乳腺炎解消のためには、「搾乳」「おっぱいマッサージ」は必須ではありません。
まずは日頃の授乳を大事にすることが何より大切です。
セルフケアでは対応しきれない・対応できそうもないと言う時は
迷わずご相談ください。

 お大事に!

わかりやすい「予防接種」情報♪

そもそものシステムが違う、香港と日本の予防接種事情。

香港は出生と同時にすべての予防接種が「強制接種」としてスタートしますが、
日本ではまだ「強制接種」と「任意接種」の2種類に分けられた予防接種スタイルを
とっています。

香港は打つべきか打たざるべきか迷うことはありませんが、
日本はその部分から「親の判断」に委ねられることとなり、
その心労は計り知れないことと思います。

一方で、すべてが強制接種の香港でも、
「こんなにたくさんの接種をしても、小さい赤ちゃんには問題はないの?」と
不安になることもしばしばだと思います


そんなママ・パパたちの心強い味方になる「専門医のアドバイス」。
最終的に判断するのは他でもない「親自身」ですが、
悩むと同時にしっかりと予防接種についてお勉強できる機会が
増えていくと、何よりも安心ですね。


今回は日本で産科医をされているDrから、
とても読みやすくわかりやすい予防接種に関するサイトをご紹介いただきましたので、
皆さんとも共有していきたいと思います。



まずは産科医 戸田先生のブログから~
  http://smilehug.exblog.jp/14892980/


予防接種情報満載の、「二人のための「イクメン」大作戦 6」
 http://health.goo.ne.jp/column/healthy/h002/0156.html



(参考)日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール
  http://www.jpeds.or.jp/saisin/saisin_110427.pdf



ワクチンや病気について知るには・・・「KNOW VPD! VPDを知って、子どもを守ろう。」
 http://www.know-vpd.jp/index.php





しっかり読んで、しっかりお勉強! 子どもたちのため、一緒に頑張りましょう~

『いのちの学習』 in 日本人小学校

皆さま、こんにちは。
秋になるとハロウィン・運動会と行事が盛りだくさんで、
なかなかブログも更新できずにおりました

そんな中、10月・11月にかけて「香港日本人学校 小学部」にて
助産師による『いのちの学習』授業を行って来ました♪
今回は1・2・3年生の低学年向けです^^

「いのちの学習」と言っても、一般に想像する「性教育」ではなく、
 
 「自分はどうやって大きくなったのか?」

お母さんのお腹の中での様子や、お母さんに大事に守られてきたこと、
お父さん・おじいちゃん・おばあちゃん、たくさんの人に待ち望まれて生まれてきたこと、
そして今現在も、たくさんの人に見守られて成長していること、などに焦点を当て
「自尊心を高める」ことを目的のひとつとして行われています。


最終日はかわいらしい1年生・3クラスの授業でした。
1年生にとっては、「自分が生まれるまでのお話」を聞くのは初めて!
というお子さんもたくさんで、
時々大いに盛り上がりながらも、一生懸命目と耳を傾けてお勉強してくれました

そんな1年生のテーマは 『わたしの誕生日』。

お誕生日は何の日かな?から授業がスタートします。
まずは 絵本「あやちゃんのうまれたひ」 の読み聞かせから始まり、
いよいよお母さんのお腹の中探検です!

赤ちゃんだった自分は、ご飯は食べていたのかな~?
息はしていたのかな~?

いのちの営みをへその緒でまかなっていた事実に、子どもたちはビックリ仰天!!

なかなか面白い、また自分自身の身体に興味の持てる取り組みではないか?と
手前味噌ながら感じています。


授業、というかしこまった形でなくても、子どもたちは自分の生まれたときのお話を
聞くのが大好きです
何度でも繰り返し、「あなたが生まれた時はね~♪」のお話、
聞かせてあげてくださいね☆



ayachan.jpg



 http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=265
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。