スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めDVD 『小さな生命の詩 Life Before Life』

皆さま、こんにちは。 今回の台風はさほど香港に接近していないにもかかわらず、
随分と影響が大きかったですね

シグナル8が出てしまうと学校もお休みになってしまうため、
どうにもこうにも身動きが取れなくなっております。。

そんな時間を利用して、日本から取り寄せたDVDをじっくり鑑賞してみました^^
購入者レビューでも高評価だった

 小さな生命の詩 Life Before Life』 スペシャル・エディション です。


新たな生命の始まりから誕生まで、10ヶ月に及ぶ奇跡の物語を3DCGで
克明に映像化。
最新の科学で明らかになった人間の生命誕生の秘密に多角的に迫った、
神秘と感動のドキュメンタリー

~DVD解説より~


本編83分と、それなりに長編ではありますが、始まった瞬間から克明な映像に
釘付け!
一気に1時間半あまりの出産ドキュメントに飲み込まれてしまった感じです。

教科書や現場で学んだ知識も、こうやってCGで表現されたものを見ると
より理解が深まると同時に、
これから出産されるプレママさんは特に、自分に置き換えてみることができる、
貴重な映像だと思いました。

神秘的且つ科学的に描かれており、両方の側面から満足できる
おすすめの1本です♪

ママサークルなどでの鑑賞会も、おすすめかもしれませんね
いつかお茶&鑑賞会、開きたいですね~




小さな生命の詩 Life Before Life
スポンサーサイト

妊婦さんの救急車利用

めずらしく、連投のブログです^^;
私の仕事(主におっぱいトラブルの対応が多いです)が落ち着いていると言うことは、
皆さんの体調もまずまず!悪くない!と言うことだと思うので、何よりです

さて今日は『香港での妊婦さんの救急車利用』についてお話します。

日本ほどは、妊婦さんの救急車利用に厳しくない香港。
出産開始のサインである陣痛や破水の場合でも利用は可、とされています。

(通常救急車利用は無料で、「救急受診料」としてHK$100が請求
されるシステムです。
また島部を除き、原則6分以内での到着が見込まれています)

昨年度までは「かかりつけの病院(出産病院)を指定すれば、その病院まで
救急搬送してくれる」ことが可能でしたが、
やはり出産がらみで救急利用される方が増えてしまったのか、
今年度に入り、「出産目的の妊婦さんに対しては、最寄の公立病院への搬送とする
ことに変更となったそうです。

設備的には公立病院は香港の最先端病院・教育機関であるために、
母児共に「万が一の緊急対応」も可能なのですが、
それまでかかっていて信頼関係を築いていた主治医立会いの下での出産は、
その時点で不可能となってしまいます。

(もちろんそう言った意味では、「出産適齢時期以前に陣痛がきてしまう・
破水をする・多量な不正出血などがみられるなどの緊急事態」の場合は、
かかりつけがあっても未熟児医療の受けられる公立病院にあらかじめ
搬送されます)



万が一の救急車・・・を考えられていた方は、第2案を検討しなくてはなりませんね

まず思い浮かぶのは「タクシー」の利用です。
ただ流しのタクシーを拾うのは、立地・時間帯的にも’’が左右する場合も
考えられますので、
あらかじめ、たまたま乗って、フィーリングの合うドライバーさんに出会ったりしたら、
その方の連絡先を聞いて、出産の際の依頼を打診してみても良いかもしれません。

また日本では「民間救急輸送サービス」というものもあります。
おそらく香港でも「民間ベースの救急車」があったかと思いますので、
(ごめんなさい、まだ未確認です
なかなかタクシーが来ない・懇意なドライバーさんがいない、などの方は、
そう言ったサービス(もちろん有料ですが・・)をリサーチしても、無駄にはならないと
思います。


妊娠・出産・育児には不安や心配事が尽きませんが、ひとつひとつ解消して
一歩ずつ前進して行けると良いですネ♪

香港での予防接種~ポリオ編~

皆さま、こんにちは。
今日は中国でポリオ(通称:小児マヒ)発生のニュースを受け、
香港の予防接種システムについて簡単に触れていきたいと思います。


今回ポリオの発生が認められたのは、新疆ウイグル自治区の
和田(ホータン)地区で、
ポリオの感染者が9人見つかり、これまでに1人が死亡したことが分かったそうです。

中国で小児マヒの病例が見つかったのは十数年ぶりなんだとか。
日本では撲滅されて久しいですが
(*1972年(昭47)以後、日本国内には野生の強毒株ポリオウイルスは常在せず、
ポリオの制圧に成功した状態を維持しています。)
世界ではまだまだ発生・流行の危険性が見込まれる病気なのですね。


ポリオは日本では生ワクチンの経口接種(口から飲む方法)で、春・秋2回の
集団接種
です。
これは予防接種後、生ワクチン成分が便中に排泄され、便を介して2次感染する
恐れがあるため、集団接種の方法を取っているのです。

そもそも 『生ワクチン』 とは、毒性を弱めた微生物やウイルスを使用しており、
一般に不活化ワクチンに比べて獲得免疫力が強く、免疫持続期間も長いメリットが
あります。
しかし生きている病原体を使うため、ワクチン株の感染による副反応を発現する
可能性もあるのです。

それに対して香港は「不活化ワクチン」の3回接種。もちろん「注射」スタイルです。

生ワクチンに対して 『不活化ワクチン』 は、化学処理などにより死んだウイルス・
細菌・リケッチアを使用し、
生ワクチンより副反応が少ない分、免疫の続く期間が短いことがあり、
このため複数回接種が必要なものが多いです。


さてどちらが良いのか・・・?


2000年5月に、福岡県と大分県でポリオ集団接種後に2名のお子さんに
足のまひ・急性脳症があらわれたとの報告があり、
ポリオの集団接種が一時中断されたことがありました。

また、ポリオ生ワクチン接種でも、100~400万回に1回は副反応として
ポリオ様まひ(ワクチン関連麻痺)を生ずることが知られており、
ポリオ生ワクチンは全く副反応がないわけではありません。

それらのことを考えると、ワクチンが定着しにくく複数回の接種が必要であっても、
不活化ワクチンによる接種の方が好ましい・・・
と考えるのが主流となっても、まったく不思議なことではありません。

実際に2010年頃からは「より安全な」ポリオ不活化ワクチンを個人輸入し、
接種を始める小児科医が着実に増えています。

そう考えるとママからしたら「多すぎないの?!」とビックリ仰天する
香港の予防接種スタイルは、『最先端にある』と言っても過言ではないのかも
しれませんね


次回はその他のワクチンについて、お話させていただきます♪




参考サイト:

・香港ママの便利帳 子どもの予防接種
  http://benricho.sooperweb.com/hospital/yobosesshu.htm

・香港健康院 ファミリーヘルスサービス
  http://www.fhs.gov.hk/english/main_ser/child_health/child_health_recommend.html

・日本におけるポリオの流行
  http://www.jpri.or.jp/japan.html

・鈴の木版 予防接種のすべて
   http://www7a.biglobe.ne.jp/SuzunokiCC/wakutin-hen.html#%E4%BA%88%E9%98%B2%E6%8E%A5%E7%A8%AE%E7%B7%A8

・Wikipedia ワクチン
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3#.E7.94.9F.E3.83.AF.E3.82.AF.E3.83.81.E3.83.B3

マタニティクラス 新編成いたします 

皆さま、こんにちは。

従来のマタニティクラスをご愛顧いただき、まことにありがとうございます。
これまで単発講座のみで行ってきたマタニティクラスですが、
単発をフルコース受講してくださる方も少なくないため、
このたび『おまとめマタニティコース』を設定いたします。

もちろん従来の単発クラスもそのまま据え置かせていただきますので、
何卒よろしくお願いいたします。



 《マタニティクラス・コース》 3回クラス

受講順序は自由です。
出産準備クラス・母乳育児クラスは各2時間半、
産後理論・育児実践クラスは3時間の予定です。
 

◆ 出産準備クラスより  ・ 出産に伴う身体の変化
                 ・ お産の経過と過ごし方・入院のタイミング
                 ・ (希望者に)無痛分娩について  

◆ 母乳育児クラスより  ・ 妊娠中からできるおっぱいのお手入れ法
                 ・ 産後のおっぱいの変化と、授乳の実際
                 ・ おっぱいトラブルの対処法  

◆ 産後理論クラス・育児実践クラスより  ・ 産後のママの心とからだの変化
                            ・ 赤ちゃんの特徴・お世話で気をつけたいこと

                           ・ 赤ちゃんの抱っこの仕方
                           ・ 赤ちゃんのオムツ替え(紙・布どちらもOK) 
                           ・ 赤ちゃんのお風呂入れ(沐浴)       

受講費用 HK$900



コース設定に伴いまして、産後クラスの合併クラスも設置いたします。


 《産後理論・実践クラス》 3時間・1回クラス

単発の産後理論クラスと育児実践クラスの合併となります。
各クラス2時間のクラスですが、お時間・講習費用凝縮しての設定となります。


《内容》  ・ 産後のママの心とからだの変化
       ・ 赤ちゃんの特徴・お世話で気をつけたいこと

       ・ 赤ちゃんの抱っこの仕方
        ・ 赤ちゃんのオムツ替え(紙・布どちらもOK) 
        ・ 赤ちゃんのお風呂入れ(沐浴の方法)  など     


受講費用 HK$360



 以上、よろしくお願いいたします

新クラスのご案内 『乳幼児・子どもの救急クラス』

お待たせいたしました!
10月より 乳幼児・子どもの救急クラス を開講いたします
ご予約は通常通り、ブログの「ご予約可能日」をご参照のうえ、お申し込みくださいませ♪


講座内容 : 乳幼児・子どものCPR(レスキュー呼吸と胸骨圧迫)
         気道閉塞の際の対応
         ショックと脊髄損傷の管理
         子どものAED(DVD視聴にて指導) 等

 * 講座では実習がございますので、動きやすい服装でのご受講をお勧めします。


講座時間 : 2時間半程度(人数により、増減します)

受講料金 : HK$300 (ただし2名さま以上での受講の場合)



 以上、よろしくお願いいたします
   

出張マタニティクラス、始めます♪

リクエストにお答えして、今月下旬より『出張マタニティクラス』のご提供を
開始いたします。
ご自宅など、ご希望の場所へ伺い、マタニティクラスを開催いたします♪


クラス内容はこれまで通りですが、出張費用といたしまして
ご希望の開催場所までの交通費(公共交通機関利用)出張費HK$50 を
加算させていただきます。


たとえば・・・

◆出産準備クラス 2名さまでご受講 
 → 受講費 HK$300(お一人あたりHK$150)+出張費$50+交通費

◆ペアレンツクラス(ご夫婦のみでご受講)
 → 受講費 HK$300+出張費$50+交通費

◆育児実践クラス 2名さまでご受講
 → 受講費 HK$240(お一人あたりHK$120)+出張費$50+交通費
(*育児実践クラスの場合、ベビーバスに代わる物・・ダンボールの箱等でOK・・を
ご準備いただけると幸いです)



☆出張費はグループあたりHK$50となりますので、
お一人お一人に加算されるものではありません。(交通費も同様)

☆お申し込みは、これまで通りブログの『ご予約可能日』をご覧ください。
各クラスとも平日のみの開催とさせていただきます。

☆プレママサークル・育児サークルなどの大人数での開催の場合は、
別途お問い合わせください。



また、クラス 詳細につきましては、【ご提供メニュー一覧】 をご覧くださいませ。


どうぞよろしくお願いいたします

乳頭・乳輪マッサージの方法

昔書いたブログを見返していたら、すっぽ抜けていることが発覚!
慌ててUPいたします~!!


乳頭・乳輪のマッサージは、出産前の準備・お手入れとして行うことが有名ですが、
実は実は!
出産後も「忘れてほしくないお手入れ」なのです。

毎回授乳の前に行えば理想的なのかもしれませんが、
実際問題、1日にかなりの回数を行う授乳。 なかなかそんな余裕がない!
と言う方も多いのでは?と思います。

では、どんな時に大事になるのか・・・

それは 『最近おっぱいの調子が悪いかも~?』 と言う時です。

乳腺炎や乳口炎などでは局所の異変に目が行きがちですが、
いずれの場合も、「出口部分がしっかりと開いている」ことが何より重要です。

どんなケアを行っても、出口が開いていなければ、何の解決にもなりません。
調子がいまひとつ・・・と言う時は、しっかりと乳首・乳輪のマッサージ、
行ってみてくださいね♪
(それに並行して「オイルラップ」も効果的ですョ



① 親指~中指の3本指の腹で、乳首をつまむ。
② 乳輪下の圧抜きを兼ねて行うようであれば、指が乳輪まで届くように
  深く当てる(この場合、乳首は指の第1関節で圧迫するような感じになる)
③ 痛すぎない力で、力加減を調節する
④ 同じ方向からだけでなく、肘や手首を反し、いろいろな方向から圧迫する



どのくらいの時間行うか・・・は、そのときの状態にもよると思います。
忙しい毎日だとは思いますが、おっぱいのトラブル状態がこじれてしまうと
それはそれは厄介です

あれ?おかしいぞ? と言うレベルのときからしっかりと、
ケアを開始してみてくださいね♪

ご質問から~ 骨盤が狭いと言われました(´_`。)

皆さま、こんにちは。 
少しずつ風が涼しくなってきて、ほんのチョットだけ過ごしやすくなりましたね♪

さて今日は出産前の妊婦さんからのご質問を、皆さんとも共有したいと思います。

ご質問内容は、
 『Drからちょっと骨盤が狭めだと言われ、普通分娩ができるか心配』  です。

皆さんはどう思われますか?


通常骨盤は出産の際に多少なりとも広がります。もちろん個人差はありますが・・・
これは「骨自体」が伸びたり広がったりするのではなく、
骨をつなぐ靭帯や、骨盤周囲を支える筋肉などが柔軟に伸縮するため起こります。

出産後に「恥骨結合」(膀胱のすぐ下にある骨の部分です)が離れてしまい、
痛みが強くて歩行困難になってしまう・・と言うのが、その典型的な例ですね。


と言うことは、「カルシウムを摂ったりして骨を成長させよう!」と考えるのは
現実的でなく(短期間には無理ですよね~
できるだけ出産の際には「緊張せずリラックス」し、
筋肉や靭帯が緩やかに伸びることができるよう、心掛けることが重要ですよね。

また、狭い産道を赤ちゃんが上手にはまって進んでこれるよう、
出産準備クラスでは必ずご紹介している
 『腰回し
これも役に立つかと思います

もちろん自分の思い描くような出産ができることが一番☆かと思いますが、
何より大切なのは『ママと赤ちゃんが無事』なことです。

担当するDrが「難しい」と判断された時は、思い切った決断も・・・必要ですね

熱中症にご用心!

皆さま、こんにちは。 毎日暑いですね~

日本では連日のように『熱中症』に対する注意の促しがされていましたが、
特に運動をするわけでもなく、また「高齢者」や「子ども」にも当てはまらない私は、
 「私にはあまり関係のないこと」
と思っていました。

でも・・・昨日から明らかに「暑さ」にやられていると思しき症状が・・・

皆さまも『油断大敵』です! あまり自分の健康を過信せず、無理のないような
活動を心掛けてくださいね♪




【熱中症予防・対策関連サイト】


なぜなる?熱中症のメカニズム
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000373.html

消防庁 熱中症対策リーフレット
http://www.fdma.go.jp/html/data/tuchi2306/pdf/230614-1.pdf


熱中症 症状・予防・応急処置のポイント2分チェック
http://johoheatstroke.suffas.com/


水分補給のしかたのコツ
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000245.html


パワー不足に! 夏野菜オールスター
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000433.html





また、お問い合わせのトップでもある『母乳育児・授乳』に関するブログ記事を
検索しやすいようなスタイルに編集していこうと考えております。
私のことですので「亀の歩み」のような進行になるかと思いますが・・^^;
どうぞお楽しみにしていてくださいね☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。