スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望ましい授乳方法とは? その3~トラブル時のマッサージは必須か?~

さて前回までで『正しい授乳姿勢』や『授乳間隔・時間』などの基礎を
お話していきましたので、
これからは応用編?、トラブル時の対処などについてお話していきたいと
思います。

まず今日は授乳中にトラブルがあった時の乳房マッサージ
必要不可欠なものなのか?
 一緒に考えていきましょう

これまでにもお話したように、授乳・おっぱいの管理は 『セルフケア・
自己管理』 がまず一番重要になってきます。

授乳に対し正しい知識を持ち、正しく実践する。 これが何より大切です。


ただ近年の日本の現状を見ていると、
「何か(トラブルが)あればいつでも診ますから、
      すべておまかせくれれば良いのですよ♪」
という、一見とても”頼もしい”「乳房ケアのスペシャリストさん」が多い
ことが気になります。

もちろん日本国内在住で、そういったケアを請け負ってくれる施設が
ご近所にあり、いつでもどんな時でも受け入れOK♪ であれば
問題ないのかもしれません・・・ が、
しかし本当にそれで良いのでしょうか?

考えてもみると、人間はある程度は「セルフケアを第1選択」として
日々の生活を営んでいるのではないでしょうか?
ちょっとでも体調を崩すと、直ちに病院に駆け込む。と言う方は
そんなに多くは無いのではないでしょうか?

喘息やアトピーなどの慢性的な疾患であれど、もちろん投薬治療は
欠かせないものですが、症状が発生しないような予防策・
発症してもこれ以上悪化しないような対策は、自分自身でも必然的に
行っているのではないか?と思います。

それらと同等におっぱいケアも考えてはいけないものでしょうか?


もちろん、第3者による「乳房マッサージ」は受けてはいけない!
と言うつもりは毛頭ありません。(誤解のないように・・
受ければ受けたらで、「スッキリ快調に戻った♪」というお声をいただいたりも
しますし、ね。

ただ人手による「マッサージ」が必要不可欠なのか?というと、
そうではないのではないかな~?と思う次第なのです。

話が逸れるかもしれませんが、疲労が溜まると
「全身マッサージや足裏マッサージに行ってスッキリしたいわ~
と思うこと、ありますよね?

普段は自分自身で肩を回したり、適度な運動を心掛けたりして対処して
いるけど、それでもやっぱりもんでもらいたい! みたいな(笑)

「おっぱいマッサージ」も、そんなスタンスではダメでしょうか?


現状を考えると、どうしても日本での環境をそのまま香港に持って
来るのは難しいです。
また香港の医療システムにそれを要求するのも、至難の技です。

「おっぱいケア」は日本独自の文化、と言われるように、日本以外の国では
実際に第3者によるケアが必須でなくても、母乳育児はそれなりに
営めていたりするものです。

では、どうしたら良いのか?

それが自分自身による「意識改革」、「セルフケアの見直し」になる
訳です。

決してスペシャリスト並みに自分自身のマッサージができるように
ならなくてはいけない!訳ではありません。
ただ、これまでにも書いてきたように「正しい授乳姿勢」と「授乳の仕方」
を心掛けるだけです。

いかがですか?

今回は私の私見部分も大きくなってしまいましたが、いま一度
ご自身の母乳育児に対する考えを振り返ってみてはいかがでしょう?

今からではもう遅い!なんてことは決してありませんので、
一緒に頑張っていきませんか?




「マッサージ」の名称に関して・・

マッサージを業とできるのは、あはき法(あん摩マツサージ指圧師、はり師、
きゆう師等に関する法律)では、「医師」と「あん摩・マッサージ・指圧師」
と決められています。

なので私は通常、おっぱいに対するケアを行う際にも「マッサージ」という
名称は使っておりません。

ただ今回のブログではこのように表現したほうが伝わりやすいのでは?
という意図から「マッサージ」の言葉を使用しました。
スポンサーサイト

ちょっとひと息♪

てをつなごう だいさくせん01    http://www.teotsunago.com/


6a0120a63642f8970b0147e367dfed970b-900wi_convert_20110328195439.jpg



6a0120a63642f8970b014e600e24d7970c-900wi_convert_20110328194257.jpg



こんな取り組みも始まっているのですね☆
未来を担う子どもたちに、笑顔が戻りますように!!!

望ましい授乳方法とは? その2~授乳(直母)時間って?~

今日は『直接授乳の時間』についてのお話です。

これも様々な情報がありますので、どれを信用すればよいのか?迷っておられる
方も多いことと思います。

たとえば・・・
・ 長時間の直母は乳首やその周辺を傷めるので、5分毎におっぱいを替えるのが
  良い。
・ 赤ちゃんが吸いたいだけ、何10分でも吸わせて良い。
・ 今回は右側だけ、次回は左側だけと、交互に吸わせるのが良い。

この辺りがよく目にする情報かな?と思います。

まず先に私の考えをお話させていただくと、5分・・とは言いませんが、
10分程度で反対のおっぱいに交代してはどうかな~?と思っています。

その理由としては・・・
・ おっぱいの丈夫さは人によっても差がありますが、やはり長時間の
赤ちゃんによる強い吸啜で、乳首やその周囲が切れたりすることが多く、
傷ができることで、乳口炎や乳腺炎を併発してしまうこともある。

・ あまりにも短い時間で左右交代することで、異なった母乳の成分が
飲み切れない&ママも面倒くさい?
(抱っこですら慣れない時期は、頻回の抱きかえはストレスになる?)

と考えています。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、母乳の成分は常に一律である
訳ではありません。
最初の方で勢い良く出てくる前乳(ぜんにゅう)は、比較的水分が多い
そうです。
反対に、吸い始めてプシューっと勢い良く出てくる(=射乳)母乳が落ち着いた
頃から出てくる後乳(こうにゅう)は、前乳に比べて脂肪分が多い
言われています。

なのであまりに短時間で交代してしまうと、腹持ちする脂肪分の多い後乳まで
辿り着かないのでは???と思ってしまいます。


ただここで言いたいのが、”比較的小さく生まれた赤ちゃん”の場合です。
小さいベビちゃんは、全身運動とも言える授乳は『とっても体力のいる行為』
なので、長時間・・・までいかずとも、5分ちょっとで疲れきってしまう
ことも多々あります。

でも”小さい”ベビちゃんだからこそ、ぜひとも後乳まで飲んでもらいたい
ものですよね

そんな時はどうしたら良いか?・・・

授乳時間自体は短くして、あらかじめママが自分自身の手で搾っておくことで
(射乳反射を起こしておき)水分の多い母乳を出してしまってから飲ませると、
効率よく脂肪分の多い後乳を飲ませることができます。

・・・こんな方法はいかがでしょうか?


また「今回は右・次回は左」というように1回ずつ交互に吸わせる方法は
香港でよく指導されるやり方ですが、
直接吸啜で得られる(母乳を生成・分泌する)ホルモン刺激が少なくなって
しまう可能性がありますので、
できるだけ毎回の授乳で”左右とも”吸わせることができたら良いですね



ブログに書きました情報はあくまでも「一般的」なものですので、
もちろん”そのひと個々人にあった方法”があると考えられます。
お困り・お悩みの時は遠慮なくご相談くださいね♪

望ましい授乳方法とは? その1~授乳間隔~

それでは今日は『授乳の間隔』についてのお話をしていきたいと
思います。

このブログを読んでくださっている皆さんの中には、完全母乳・混合授乳・
ビン哺乳メイン・・・様々な方がいらっしゃると思います。
時期(生後すぐなのか、何ヶ月もたっていてある程度授乳ペースがつかめて
いるのか)や、お子さんの飲みっぷり(食欲)によっても異なってきますが、
ベースとなるところを押さえていきますので、参考になさってください。

まず母乳ですが、『人間の母から出る、人間の子どもに適した栄養』ですので、
赤ちゃんには負担のない成分となっています。
つまり・・・消化がとても良いのですね。
おおよそ1時間から1時間半程度で消化してしまいます。
なので「飲んだばかりじゃない??」と思っても、1時間もすれば「お腹ぺこぺこ」
なのも、不思議ではないのですね。

次に粉ミルクですが、こちらは母乳に比べて脂肪分が多いため、
3時間程度はお腹に残っている状態になります。

なので『母乳メインで育児をしていきたい!』と思うのであれば、
少なくとも1時間から2時間弱程度での頻回授乳を心がける必要があるのですね。

『現在混合授乳での育児をしているが、今後は母乳に力を入れていきたい!』
という方は、ミルクを飲ませすぎないように気を配る必要があります。

上にもあるように、ミルクは3時間程度で消化されるため、3時間以上たっても
お腹が空いた様子が見られなければ、「ミルクの量が多すぎる」ことに
なりますので、注意してください。

ただ急にミルクの量をガクッと減らす・ゼロにするのも考えものですので、
ちょっとずつ減らしていきながら、且つ母乳の回数をグッと増やせるように
頑張ってみてください


生後すぐからの頻回授乳を続けられている方からよくある質問ですが、
 『いつまで1時間ごとの授乳が必要なのでしょうか?
・・・ですが、
これはママの母乳の分泌状況・赤ちゃんの飲みっぷりなどにも影響されますので、
一概に「いつまで」とは言えません。

母乳が充分足りているかどうかは、”おしっこの回数”を目安にされると良いでしょう。
赤ちゃんは1日に10回前後のおしっこをすると言われていますので、
「おむつを1日に5・6回以上替えている」をひとつの目安にしてくださいね

正しい授乳の仕方

久しぶりに本来のブログに戻していきたいと思います。
(もちろん被災地支援は長期に渡り行う必要があると考えていますので、
トップページに「義援金紹介」ページに飛べるボタンを用意いたしました。
ご利用ください


今回はこれからの私の目標ともなっている
 『正しい授乳の仕方
をテーマに、自分自身で乳房トラブルを起こさずに「楽しく安楽に」
母乳育児を進めていけるような内容をお伝えしていきたいと思います。

まず1回目の今日は 『正しい授乳姿勢』 をお送りいたします。

これまでにもROSE GARDENマタニティクラスでも授乳の姿勢・仕方
についてはお話させていただいておりましたが、
なかなか同時にたくさんの方へと広めていける手段がなかったため、
今回このブログを通してぜひ!お勉強していただければと思います(^o^)/


またブログでご紹介するにあたり、文字だけではなかなか伝わりづらい
部分も多々あるかと思いますので、
今回はexcite blogにて母乳育児を支援されている香川県在住の産科医
 ”Dr-bewithyou ”先生のご承諾のもと、
先生のブログとともにご案内させていただきます。


まずはこちらをご覧ください。
     ↓
「痛くないシリーズ」

「痛くないシリーズ」にある抱き方が正しい授乳姿勢になります。


赤ちゃんとママのお腹とお腹をくっつけるように密着し、
赤ちゃんの身体はよじれのない、真っ直ぐな状態を保ちます。
(このとき赤ちゃんの位置が低いとママの身体に負担がかかりますし、
結果的に赤ちゃんが離れていって「浅吸い」の状態になりやすいので、
クッションや枕などを利用して、高さの調整を行ってください)

赤ちゃんのお口は乳輪をすべて覆いつくすような感じで
大きく深くくわえさせますが、
このとき、赤ちゃんの鼻側をおっぱいにめり込ませるように密着すると
呼吸がしづらく苦しいので、
赤ちゃんの顎(あご)側をめり込ませるように密着させるのがポイントです。

尚、赤ちゃんのくちびるは「朝顔の花びら」のように外側にめくれた状態
(ドナルドダックのような口、と言う方もいます)で密着させると
より良いですね。


これから何回かのシリーズとして、『正しい授乳の仕方』を
ご案内していく予定ですが、
今回文中でご紹介させていただいた”Dr-bewithyou ”先生のブログも
母乳育児にとっても役に立つ情報がぎっしり詰まっていますので、
ぜひご覧になってくださいね!



やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援
     http://smilehug.exblog.jp/

東北地方太平洋沖地震 (随時更新中)

ビックリしました。 心が痛いです。。
どうかこれ以上被害が拡大しませんように、祈っています。

ひとりの力などちっぽけなものですが、自分に何ができるのか、
日本から離れてしまったこの地で何をすれば良いのか、、、

できることから行動してみようと、SNSなどを利用して情報収集に努めております。

皆さまもご一緒に、些細なこと・・・とは言わず、何かアクションを起こして
いきましょう!


義援金窓口なども続々と準備されているようです。

救援物資は海外からではタイムロスがあることも考え、長期的に必要になるもの・
逆に迷惑になってしまうものなど、想像し難い部分もありますので、
これらをまとめて情報提供されているサイトのご紹介もあわせてしていきたいと
考えております。


【日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|ホームページ http://www.jrc.or.jp

→海外からはネット上でのクレジット決済が便利です。


香港日本人倶楽部 : http://www.hkjapaneseclub.org/

→クロスチェックの郵送か持ち込み、現金の持ち込み(香港日本人倶楽部にて)


香港救世軍:www.salvation.org.hk 
香港世界宣明会:www.worldvision.hk


香港紅十字會(HONG KONG RED CROSS)を通じた寄付

香港紅十字會によれば、小切手を“Hong Kong Red Cross”宛にし、
裏面に“JapanEarthquake 2011”と書いてもらえれば、
確実に日本赤十字社に送金するとのことです。
http://www.redcross.org.hk/en/disasterrelief_prepard/appeal_update_detail.ht
...ml?year=2011&id=937


国境なき医師団 
緊急援助活動・募金窓口 http://www.msf.or.jp/index.php


JOYCFP
国際協力NGOとして途上国の女性と妊産婦の命を救う活動を行っているジョイセフが、
東北地方太平洋沖地震の被災地の女性と妊産婦を救うための募金を開始致します。

インターネットによる募金窓口
https://www.joicfp.or.jp/donation/jp/index.php?donation_kind=1



「募金情報まとめ」ページでもご案内があります。

http://volunteer.yahoo.co.jp/disaster/list/0047.html

http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

http://www.ipodlover.jpn.org/donation_volunteer.html



* 毎日1クリック1円。クリック募金で協力する。

http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

こちらはクリックするだけで協賛企業さんから「1円」、寄付されます。
気軽にできますので、ぜひご協力を!!
(ブログ右側にパーツを貼り付けてあります)



また義援金窓口ではありませんが、

東北地方太平洋沖地震 被災者の皆様への応援メッセージ
 
http://www.shomei.tv/project-1711.html

ブログパーツを貼り付けました。 
せめて・・・応援の声が届けば・・・



facebook 内、 『3/11 東北地震に関する情報』
http://www.facebook.com/0311earthquake.info?sk=app_11007063052#!/0311earthquake.info?sk=wall

「被災地を支援したい方へ」がとても参考になります。




twitter上でも続々と情報が入ってきていますので、有用な情報がありましたら
またアップしていきたいと思っております。



 頑張れ!日本   加油!日本   pray for Japan...

今後の方向性。。

暖かくなってホッとひと息、なんて思う間もなく、またまた寒い日々に
逆戻りな毎日ですね。。
年々寒さに弱くなっている私は(年?トシなの?!!!)、頭の中でずうっと
「春よ来い、早く来い♪」を歌いつづけています(泣)


それはさておき、今後の方向性・・と言いますか、私の中での計画を考えて
みました。
今年で香港生活5年目に突入した我が家。
明らかにこれまでよりもこれからの方が短いであろう、私の香港生活です・・・

この先どこに移転するかわかりませんが、私と同じような活動をしてくれる方が
グッドタイミングで現れてくれれば言うことなしなのですが、
もし(ヒマな)助産師が現れなかった場合・・・
やはりお困りになる方も、少なからずいらっしゃるかと思うのです。

なのでそのような「万が一」の状況に向け、これからは
『予防教育』 『母乳育児に協力的な(理解のある)医療機関・及び医師の確保』
力を入れていきたいと思っております。

予防教育・・・なんて言うととても堅っ苦しいのですが、要は出産前から、
あるいは産後早期に「母乳育児」に対する正しい知識や技術の提供を
今以上に広く、行っていきたい
と考えています。

もちろん現在も”プライベート”レベルでのマタニティクラスは行っておりますが、
どうしても受講されるのは「出産前にタイミング良く、その情報をつかんだ方」、
または「もともととても母乳育児に興味があり、ぜひとも勉強しておきたい!」という
お勉強熱心な方に限られてしまうのが現状でした。


~出産してみて初めてわかる、母乳育児の大変さ。
 出産してみて初めて知る、自分の身体の大きな変化。~


このあたりを知っておくのと知らないままでは、やはり母乳育児のスムーズさが
違ってきます。
もちろんスタートでつまづくことで、「取り返しがつかない」ことは決してありませんが、
何が一番困るか・・・ 

香港では出産病院での「母乳育児フォロー」がまず受けられない!!
(一部の病院を除きます)。 

これに尽きるのです。

これまでも何度もお話してきましたが、香港ではママも一家の大黒柱
(パパとの2本柱)で働かなければ、生活を営む・子どもを育て教育を受けさせる
ことが、なかなか厳しいお国柄です。
そのため母乳育児に関わっている時間も余裕もないのが現実です。

であれば、もちろん病院だって医師だって、ナースだって「母乳育児」に
対する姿勢が積極的でなくても当然です。

そんな中でトラブルを起こすこともなく、誰の力も借りず、
ひとりで母乳育児道をまい進していくのは・・・ 考えただけでも大変そう
ですよね。。

「ここが日本なら・・・」
ママなら誰もが一度は思ってしまう、過酷な(?)現実。
でも現実のなかを渡っていくしかないのです。

救いの手が限られているのであれば、できる限り自分で何とかしないと!
こじれる前に、こじれないように工夫するには、どうしたらよいのか・・・ 

ここを大切にしていきたいと強く願っています。


もしこの考えにご賛同くださる方があれば・・・
香港で「予防的な、上手な、ラクな母乳育児」を広めていける場やアイデアを
いただければ・・。そう思います。

現在のところ、昨年度お世話になった『母育さーくる』のスタッフさんに
「母乳育児 講演会」が開催できないかどうか、打診している状況です。

ほかにも、営利目的ではなく、「香港で暮らすママたちが楽しくラクに母乳で
赤ちゃんを育てていけるような取り組み」に興味がある!
専門家ではないけど、何かやってみたい!手伝ってみたい!!
などという方がいらっしゃいましたらぜひ♪ お待ちいたしております^^


・・・あ、もちろん、ミルクで育児をする方を否定したり、批判する気持ちは
一切ありません!!!
もしこの記事で「悲しい気持ちになってしまった」という方がいらっしゃいましたら、
本当にごめんなさい。。<(_ _)>



母乳育児に理解のある病院・Drに関しましては、現在リサーチ・打診中です。 
 (後日、ブログにアップできれば・・と思っております)
 緊急でDrの紹介が必要な方は、メールにてご連絡くださいね。

ひさしぶりの更新です ^^; とりあえず近況報告をば。。

皆さま、かな~りご無沙汰いたしております^^;

「光陰矢のごとし」・・・はまた別な時に使うものか、怪しいところですが、
とにかく3学期に入ってからの毎日は、本当~にパタパタしておりました

とりあえず新年早々に扁桃炎を起こし、数日間40度の熱で寝込み、
ホッとしたのもつかの間、
1月下旬には気管支炎・声帯炎・咽喉炎にてノド・声撃沈・・・
時期を同じくして香港最大のママさんサークル『母育さーくる』の
妊婦さん向け講演会をお願いされていたので、
このブログを読んでくださっている方の中には、この時期の私の「ゾンビ声」、
脳裏に刻まれてしまっている方もいらっしゃるのではないかと・・・

大変お見苦しいところをお見せいたしました。。

そして体調も復活しないまま旧正月に突入。
夫と上の娘はひと足お先に厳寒の日本にスキーをしに。
しか~し! 旧正月の日本路線はtoo expensive!!!

エアーチケットだけでこれほどでは、更に一家揃ってスキーなんぞした日には・・・
破産でございます(ち~ん)

なので私と下の娘は暖かくて安い、フィリピンへと旅立つ予定を組んでおり、
私が体調がどん底で旅行をキャンセル・・・なんてしようものなら、
下の娘がグレてしまう
・・・と言うよりも、私が自宅で面倒みるのがしんどかったので、
「声は出ない」「咳は止まらない」怪しい日本人として、無理やり飛行機に
乗り込んで行ってまいりました。

フィリピンは香港に比べればまだ「高温・多湿」な状態だったので
本当~に少しずつではありますが、改善の兆しが見られはじめていて・・・
そして調子にのった私は、「咳き込んでいても海水さえ飲まなければOK!」と、
最後の2日間ほど”ダイビング”もしてきちゃったんですね~^^;

本当に、さーくる講演会でご迷惑をお掛けした皆さまには、
 大変申し訳ございません!!!
こんな助産師です。。。はい


そして旧正月明け、3学期のビッグイベントとも言える日本人学校小学部での
『いのちの学習』週間☆
今年度は3年生を除く1・2・4・5・6年すべての学年を、1クラスごとに
授業を行いました。 〆て15クラス・15時間!

   頑張りました~ 

(いのちの学習に関しては、”twitter”で逐一つぶやいております♪
 http://twitter.com/#!/midwife_ai)


そんなこんなで「ご予約可能日」スケジュールの更新をするのがやっとな毎日
でしたが、
これからはまた少しずつアップしていきたいと思っています。

最近思うこと、今後の方向性など、いろいろ記事にしたいことが溜まってしまって
いますので、
これからも助産師あいを、どうぞよろしくお願いいたします♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。