スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース記事から ~改正臓器移植法~

去る17日、『改正臓器移植法』が施行されました。

日本から離れてしまうと、なかなか日本国内の法改正にタイムリーで
ついていくことが難しく感じておりますが、
職業柄、できる限り「生命倫理・生殖医療」に関しては常にアンテナを張って
チェックするよう、心がけております(・・・まあ、そんな大層なものではないのですが


この「改定臓器移植法」。果たしてどんなものなのか?

大きな柱としては、従来認められなかった15歳未満の臓器提供が
可能となること、でしょうか。
従来15歳未満は法的に書面の意思表示が有効とはみなされないため
ドナー(臓器提供者)にはなれませんでしたが、
今後は親の承諾で可能となるそうなのです。

新聞などで「心臓移植のために海外へ渡航」などの記事を見かけますが、
そういった難病を抱えるお子さんにとっては、国内で命をつなぐための
重要な法改正、であると言えるのでしょう。

でもいずれにせよ、ひとの命の期限を決める・・・というのは、本当に
難しく、困難な作業ですよね。 ましてや家族ともなれば・・・


そんな「移植医療」を知って・広めてもらおうという活動が、
『グリーンリボン』運動です。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2010071800059


世界では様々な色のリボン運動(アウェアネス・リボン)が展開されています。
たとえば・・

 ・ピンクリボン : 乳がん撲滅
 ・ホワイトリボン : 妊娠と出産に係わる疾病と事故から母子の健康と命を守る
 ・オレンジリボン : 子どもの虐待防止
 ・レッドリボン : エイズの理解と支援

そのほかブルー・シルバー・ゴールド・パープル・ブラック・イエローetc
様々なカラーシンボルをもつ運動が展開されています。


この夏、日本へ一時帰省するにあたり、このあたりの情報をより深く
リサーチしてきたいと思います。
そして家族ともしっかりと話し合う機会がもてれば・・・と考えております。


皆さまも大事な家族のため、同じ地球に暮らす同胞のため・・・
ぜひ一度、考える機会をもってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

断乳・卒乳について ~おまとめ版~ その他もろもろ編

その他、細かい付け足しですが、

・ 断乳・卒乳に適する時期って?

のお問い合わせがよくありますが、「この時期は絶対にダメ!」という時期は
ないのでは?と思います。

ただ、冬場になると赤ちゃんが風邪をひきやすくなります。
子どもが体調を崩すと、高率で”食欲が減退”しますよね?
母乳なら口にできる・・・と、母乳が最後の砦状態になることも多々。
そんな時にストップできるママは少ないかと思います。

また、「寒い(涼しい)季節から急に暑くなる」時期も、
身体が適応していくのが難しいようで、乳腺炎が多発しやすい印象を
受けています。
そのような時期にあえて「母乳を溜めっぱなしにする」断乳を当てると、
こじれやすいのでは?と思いますので、
時期を計画できるのであれば、上のような時期は避けられたほうが無難
なのではないかと思います。


またとても分泌が良く、授乳間隔を自然に広げるなんてことは不可能!!
という方や、
効率良く分泌を減らしていきたい、という方は、
「病院で分泌を抑える内服薬を処方」してもらう方法もあります。

きちんと内服を続けられると確実に分泌が減ってくるようですが、
人によっては副作用もあるようで・・・
(気持ちが悪くなったり、なんとも言えないだるさが起こったり・・etc)

ほかに「自然に分泌を減らせるような食べ物」などがないかな~?と
現在探しているのですが・・・
皆さん、ご存知ありませんか?
(一説によると、台湾では”ニラ”が母乳分泌を減らす、と言われている
そうです)


とりあえず、思いつくままに書き出してみましたが、「この情報が欲しい」
「ここをもう少し詳しく説明して欲しい」などのリクエストがありましたら、
遠慮なくお声をかけてくださいね

断乳・卒乳について ~おまとめ版~ 実践編

さて前フリが長くなってしまったので、いよいよ本編です♪


【断乳・卒乳の流れ】

・ 断乳(卒乳)開始日から3日間程度、おっぱいを溜めたままにする
  → その間つらければ、「圧抜き」程度の搾乳は可

・ 断乳開始から3日程度後、すっきりとすべての母乳を搾り出す

・ 再度、おっぱいを溜め始める(約1週間)

・ 約1週間後、すっきり搾りを行う

・ また溜め始める

・ 2~3週間後、ないしは1ヵ月後くらいに仕上げ(確認)搾りをする


手順を簡潔にまとめると、こんな感じです。

母乳は赤ちゃんの吸てつ刺激や搾乳の刺激により分泌が促進されますので、
「刺激をシャットアウトする」ということで、分泌を抑えていきます。
この動作を段々と間隔を広げていくことで、自然に身体に
「もう、母乳は作らなくて良いんだよ~♪」と教えてあげるのですね。


おっぱいを止めるタイミングにもよりますが、
何らかの理由で「急にストップする」と、おっぱいの張りもハンパじゃなく、
本当に大変な・きついことになってしまいますので、
できたら「断乳に向けて、徐々に授乳回数を減らしていく」などの
工夫をあらかじめされることをお勧めします。

しかし!
「急に赤ちゃんが吸わなくなってしまった!」とか、
「ママが体調不良になってしまった!」などで突然ストップせざるを
得ない場合、

・ しっかりとおっぱいを冷やす
・ 身体を温めすぎない(シャワーなどはサラッと軽く)
・ コッテリと、カロリーの高いものは食べない
・ 水分も摂り過ぎない(よく冷えた水分は多く摂取しやすいので、
  常温程度のものをチビチビと)
・ ある程度おっぱいを固定する

いずれも、「血液循環を良くする・栄養をたっぷり摂りすぎる」ことで
母乳の分泌が促進されやすいので、
それらのことに注意してくださいね

断乳・卒乳について ~おまとめ版~ 前書き編

だいぶ前に「断乳の方法」として記事を書きましたが、お問い合わせも
増える中、もう一度簡潔にまとめ直してみようと思います。


まずは断乳・卒乳の違いですが、

【断乳】 ママ都合でおっぱいをやめること
【卒乳】 赤ちゃんの意思を尊重して、赤ちゃんが自然に離れるまで飲ませる

というイメージがあると思います。
・・・実際にそうなのかもしれませんが、そうであるとなにぶん「断乳」
のイメージって、とっても悪い気がしませんか?

私も1歳のお誕生を迎えての「断乳」チームだったので、肩を持つ!訳では
決してないのですが、
授乳を続けることでのマイナス面(大概の場合、ママにかかる”ストレス”が
大きい、でしょうか?)が上回るようであれば、
決して授乳行為=良いこと、ではなくなってしまう気するのです。

我が子の場合は、おっぱいをやめるまで夜中の授乳は1時間ごとで、
日中も、「ひとり遊び」はするけど、遊びのなかで転んだり・ぶつけたりする
ことで気持ちが凹む or 遊びに飽きたりすると飛んできて、
自分で母のシャツをめくり、おっぱいを吸いに来る・・・
その間隔、5分程度・・・

まったく休めた気がしません

そんなこんなで、段々授乳を続けることが精神的にもしんどくなってしまった
のです。

このまま続けても自分にとっては良いことはない!と判断した私は、
数日かけて娘に「もうそろそろ、おっぱいバイバイしようっか~?」と
言い続け、半ば強引に?計画を決行したのです。

結果・・・
やはり3日間は夜中に長く泣いたりしましたが、(それまでは1時間おき授乳
だったので、”夜泣き”らしい夜泣きはありませんでした)
徹夜覚悟で抱っこで乗り切りましたが、
アララ不思議なことに、3日過ぎた頃からは夜中に泣くこともなく、
徐々に睡眠時間が長くなっていったのです!!!


それまでは睡眠不足・頻回過ぎる!昼間の授乳に体力&精神的にギブアップ
でしたが、おっぱいがなくなってからと言うもの、どちらにも余裕ができて
きて、育児のしんどさも軽減されて、楽しさも増えてきたのですよね。

なので私にとってはその時期の「断乳」で正解だったのかな~?と
今でも思っています。

最近では2年・3年或いはそれ以上の時期を授乳されていて、
自然な「卒乳」をされるママも増えてきていますが、
(もちろんそれを実践されるママはすごいと思いますし、素晴らしいです!)
たとえ「断乳」であっても、後ろめたさ?を感じる必要はないのでは~?
と思います。

何が何でも「赤ちゃんのことが1番(優先)☆」にしていると、
自分自身が苦しくなってきて、強いては育児に良い影響は及ぼさなく
なってくるのではないか?と思います。

なので『自分と子ども、お互いが大事』を大切にすれば、それで良いのでは
ないか?と思います
何事も、「バランスが大事^^」ですよね♪

マタニティクラス セットメニューのお知らせ

皆さま、こんにちは。
なかなかブログも更新せず、すっかりとご無沙汰しております。。。

さて今回は、マタニティクラス各クラスを統合した「セットメニュー」の
お知らせです。

現在マタニティクラスは全部で4クラス。
それぞれ単独でご受講いただいておりましたが、2クラス・3クラスと
受講してくださる方もいらっしゃるため、「おまとめ」クラスを設けて
みることにしました。
(もちろん従来どおり、各クラス単独開催も行います)


マタニティクラスのご案内 → 【ご提供メニュー一覧】


セット例 1.  「出産直前クラス」+「母乳育児クラス」 

セット例 2.  「母乳育児クラス」+「育児実践クラス」  

セット例 3.  「出産準備クラス」+「母乳育児クラス」+「育児実践クラス」
          
セット例 4.  「出産準備クラス」+「母乳育児クラス」+
         「育児実践クラス」+「産後理論クラス」  


いずれも、2名さま以上でご参加の場合です。
プライベートでご受講希望の場合は、お問い合わせください。

よろしくお願いいたします

あせも対策

皆さま、こんにちは。 毎日とても良い天気&暑いですね~

暑くなってくると心配になるのが「あせも(汗疹)」です

子どもや赤ちゃんはとても汗っかき。 
汗の出る腺・穴の数は大人も子どもも同じだと言われていることから、
気がついたら首のまわりや身体にブツブツが!!なんてこともよく見かける
光景です。

夏は暑いと相場が決まっていますが、ことに香港は夏がとても長いため、
適切なケアをしてあげられると良いですね。


あせもはたくさん汗をかくことで汗の出る穴がふさがってしまい、
そこが炎症を起こしてしまう状態です。
赤いブツブツになるだけではなく、かゆみを伴う状態になると
小さなお子さんは掻きむしってしまい、「とびひ」になってしまうこともあります。
充分にケアしてあげたいところですね。


まずは「お洋服の通気性を良くすること」が一番です。
裸やタンクトップなどよりも、吸湿性の良い綿素材のシャツをこまめに
かえてあげる方が望ましいです。

次に汗を放置しないこと。
汗はこまめに拭き取ってあげたいところですが、乾いたタオルでゴシゴシ・・・
ではなく、濡らしたタオルで優しく拭き取り、その後、乾いたタオルで
湿り気をとってあげるのが、理想的です。

あるいは日に何度かサラッとシャワーを浴びる。これも良いですね。

ただ日に何度も石鹸でゴシゴシすると、皮膚の脂分や水分が過剰にとられて
しまうことにもなりかねないので、
石鹸を使うのは「日に1回まで」が良いでしょう。

そしてあせもで必ず聞かれるのが「ベビーパウダー」使用の是非。

パウダーを使うことで皮膚はサラッと保たれ、汗でべたつくことは少なく
なる感じがしますが、
使用する場合は決して「重ねづけ」しないこと。
どんどん上塗りしていくと、毛穴(汗の穴)が塞がりがちになってしまい
逆効果にもなりかねません。

パウダーを使う際も、必ず「前の分を拭き取ってから改めて付け直す」
ことが大切ですね。

また肌が弱くて通常のパウダーだと荒れてしまう・・・なんて方には
”コーンスターチ”でできたパウダーなども試す価値はあるかもしれませんね。
(アメリカなどではコーンスターチパウダーは一般的なんだそうです)


厳しく長い香港の夏は始まったばかり。
試行錯誤を繰り返しつつも、上手に水遊びなどを取り入れて
楽しく過ごせることを祈ってます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。