スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳腺炎 その2

それでは乳腺炎にならないようにするには、どうすべきか・・・


日本ではおっぱいマッサージをしてくれる施設を探すにも
そんなに苦労はありませんし、また授乳を続けながらでも
投薬治療のできる産婦人科を探すのもさほど困難ではありま
せん。
でも、ここ香港で・・・となると、母乳育児自体がメジャーな行為
ではありませんので、日本と同じように・・・とはなかなか行か
ないのが現状です。


ではどうしたら良いの~!!!と思われるのは当然のこと。
ならば、自分でできるところまではどうにかしましょう!という
覚悟も必要なのかもしれませんね。


そもそも人間の身体は長い年月をかけて作り上げられたもの。
農耕民族や狩猟民族、熱帯地方に住む人や極寒の地で生き
抜いてきた人たち。それぞれの地でそれぞれの生き方に適した
身体にできあがっているのです。
ならば日本人は・・・おそらく島国であるために、狩をするにも獣
ではなく魚介を獲っていたのであろうし、畑を耕し穀物や菜食を
食して作り上げられてきた身体なので、近年の肉食中心の洋食
生活や地元に即した中華生活を続けていると、容易におっぱい
が詰まってしまう・・・なんてことにもなりかねないのでしょうね。


まずは食生活から・・・と言いたいところですが、いかんせん”いい
かげん助産師”の私なので、なかなか厳しいことは言えませんかお
ほどほどにカロリー過多の食事は避け、できるだけ甘いものも
控えめに・・・そして激辛なもの・刺激の強い食事も母乳の味を
変えてしまうことがあるようなので、あまり刺激的な食事も避け
めにしたほうが良いかもしれません。


あとは授乳間隔を開け過ぎないように・・・。
ついつい夜間の授乳は疲労が蓄積しているお母さんのこと、
赤ちゃんさえ起きずに寝ていてくれるものならば、起こさずに
自分も朝まで・・・というのが人情(?)でしょうが、母乳は少な
くとも2時間で新しいものが産生されてきます。
特に夜間はプロラクチンという母乳を作り出すホルモンが活性
化されるため、夜間授乳を怠ると乳腺炎のきっかけになってし
まうだけでなく、ひいては母乳の出が悪くなる一因となってしま
うのです。
なので寝たい気持ちに打ち勝ち、夜間もできたら2回ないしは
3回の授乳をお勧めします。


あとは赤ちゃん。
授乳をするときにはパックリと大きな口をあけてもらい、乳輪が
隠れるくらいまでしっかりと深くくわえさせます。
そのときに口唇は外側にめくれ(ドナルドダックのくちばしの先
みたいに)、ママのおっぱいに密着します。
また赤ちゃんとママの距離もピッタリとくっつき、お腹とお腹を
あわせるように抱っこします。


このようなことを意識しつつ授乳しても、いざ乳腺炎になってしま
った・・・うわーんということもあると思います。



それではいよいよ次回、乳腺炎になってしまったら・・・の
お話をしていこうと思います。
スポンサーサイト

乳腺炎

たまにはタメになるお話も書かないとな~と思い、今回は
乳腺炎の際の対処についてお話させていただきます。


まず、「乳腺炎」とは大きく2種類に分けられますが、
ひとつめは「細菌性乳腺炎」、もうひとつは「うっ滞性乳腺炎」
とに分けられます。


細菌性乳腺炎は乳首のキズなどから細菌が侵入して乳腺
が炎症を起こした状態で、うっ滞性乳腺炎は乳管が詰まる
などして母乳が充分排出できずにうっ滞することで、腐敗性
の変化が起こることにより生じます。
授乳中の乳腺炎では、うっ滞性乳腺炎のことがほどんどです。


今回は起こることの多い「うっ滞性~」をメインにお話していこう
と思います。


どうして起こってしまうか??原因はさまざまですが、原因と
して多いのは「授乳間隔があいてしまう」「高カロリー・高脂肪
な食事や糖分の多い食事を摂ってしまった」「過労・ストレス」
「乳腺炎以外の病気(風邪やウイルス感染症など)に罹ってし
まい、医師から授乳を制限された」などが挙げられます。


また赤ちゃん側の原因としては、「浅吸い」「ゆがめ飲み」など
が考えられます。


乳腺は血管と同じようなもので、太い・細いの個人差もあります
し、ちょっとしたことで詰まりやすい人・たいして気にかけなくても
トラブル知らずの人もいます。
不公平のようですが、乳腺炎を起こしやすい方は食事面や授乳
間隔・授乳方法などを見直してみる必要がありそうですね。


乳腺炎の症状としては、まずおっぱいの局所にしこりや違和感・
痛みや赤みが出るが早いか、ゾクゾクと悪寒を伴う急激な発熱
が早いか・・・といった感じで、症状としては突然やってきます。
本当は身体の内部では、着々と積もり積もったうえで表に出て
くるわけなのですが、自覚症状が現れたときには、坂道を転が
り落ちるかのごとく、急激に症状は悪化していきます。


なんだか恐ろしげな乳腺炎ですが、早めに適切なお手当てが
できれば、セルフケアで充分間に合ってしまうことも多いのです。



それではお手当て方法については次回に続きます。

リフレクソロジー

・・・をメニューに取り入れようかどうしようか、最近悩んで
おります汗


日本にいた時分、北海道から東京に何度も足を運び通った
リフレスクール時代。仕事の調整に頭を痛めつつ、子連れ
でよくもまあ、通ったものです・・・ほんとに物好きな私。。(^_^;)


せっかく学ぶのであれば、講義内容・実技面での指導とフォ
ローを重視したかったが為に、どうしても自宅近くには満足の
できるスクールはなく、子ども二人を引き連れて(子どもたちは
実家の両親&妹家族にお世話になり・・)だいたい1ヵ月半毎
に飛行機通学!!しておりました。


修業年限は1年間ですが、授業と授業の間にはレポート課題
(対モデルでの施術&経過観察レポート)もあり、1年間の
講義が終わっても卒業試験(解剖学・リフレ理論などの筆記と
実技)があり、更にそれをクリアーしても、卒業課題として
だいたい半年間かかるレポートの作成が完成しなければ
認定証すら発行してもらえないという厳しさの学校でしたが、
その分、勉強になることもたくさんありました。


その後、職場のクリニックにて産後のお母さんの”ご褒美リフ
レ”などを導入しよう!とか、スタッフの健康維持の為のリフレ
etcを検討していたところで香港へ移動することとなり・・・
せっかくのリフレも日々の生活に埋もれがちとなってしまい
ました。


でもいつか活用できたら良いな~♪と思いつつ流れ行く月日。
そんな折、先日お友達に施術できる機会が訪れたのです!
(ありがとうございます!!Tさん☆)
普段はやっても夫などの家族に限られてしまうため、とても
新鮮な気持ちでさせていただくことができ、
「これは今後もぜひ続けていきたい!!」という思いがムクム
クと頭をもたげてきました。



毎日の育児でヘトヘトになっているお母さんのための”リラッ
クスリフレ”。赤ちゃんがいない方でも、”健康維持のための
すっきりリフレ”。
妊娠中の方は禁忌ではないのですが、安定期に入っていること
や、身体が安定している・妊娠前からリフレを受け慣れている
などの条件がつきますので、要ご相談です。
また産後の方でも、乳腺炎のリスクが高そうな方(急性の炎症
は、一時的に悪化することがあるため)などもお受けできません。


・・・って、実際に始めます!!と断言したわけではないのです
が、ブログをお読みいただいている皆さま、いかがでしょう??


或いは、赤ちゃんリフレを含めた、『ホームリフレ講座 入門編』
のような講座を開講するのも良いかな~??とも思っております。


私が習得したリフレの技法は、俗に言う「英国式」です。
アジア系のグイグイ・ギュ-ギュ-と痛気持ちの良い圧に比べる
とかなりのソフトタッチで物足りなさすら感じることもあるかもしれ
ませんが、効果としては痛さの程度は関係ありません(きちんと
反射区を捉えていれば、痛いほどの刺激は必要ない)ので、
これなら赤ちゃんやお子さんにも安心です。



とりあえずブログを通して投げかけさせていただきましたが、
今後一体どうなっていくことやら・・・テヘヘ



亀裂骨折

・・・と書くと大層な感じですが、”骨にヒビが入った状態”
です。
何で突然骨折話??かと言いますと、実は先週、やってし
まったのです(T_T)


外出先のお宅でのこと。自分でも意識していなかったのです
が、どうやら座っている間に足がしびれてしまっていたらしく。
普通ならジリジリしびれて気がつくのですが、そのときはなぜ
かしびれていることすら気がつかず、足を下ろしたときに初め
て足の感覚がないことに気がつきました。
最初は足をズリズリと引きずりながら歩いていたのですが、
不審に(?)思われても・・・と思い、思い切って足を意識して
持ち上げ、あたかも普通に歩いているかのように見せようとし
た瞬間・・・

 ”バキバキバキ!!”とも”メキメキメキ!!

ともつかない恐ろしげな音が響き渡ったのです。。。
幸い(?)自分自身だけにとてつもない大音響のように聞こえ
ただけのようで、相手の方には気付かれていない様子。
そして音はすごかったのですが、なにぶんしびれていたので
あまり痛さは感じず、平静を装っていることができました。
(でもあの音は・・・血の気が引くような音だったんですよ~)


一体私の足はどんなことになってしまったのかと言うと・・・
おそらく足をくじくような感じ(足首が外くるぶし側にグリッと
なってしまったときの状態)の形になっているのに気がつかず
普通に歩こうとしていたので、小指側の骨を地面に押しつぶす
かたちで全体重を乗っけてしまったのです。。
なんだか冷静に再現してみると、痛そう・・・(x_x)


その結果、決して私の体重は軽いとは言えません!ので、
残念ながらヒビが入ってしまったのです。
(それでも骨密度110%の私です。骨が砕けてしまったり、
パッキリと折れてしまうこともなく、逆にヒビで済んでよかった
ね~(^o^)と言うことなんだと思います。)


とりあえず痛いながらも歩けるし、様子を見てみようかな~?
とも思いましたが、時間と共に腫れと痛み部分が青く変色して
きたので、受診をすることにしました。
レントゲンの結果、やはり足の甲(といってもだいぶ外側の方)
の骨にヒビが入っていました。
でもDrいわく、「その部分は何もせずにも自然に再生するので、
固定(ギプスやシーネでの固定)はせず、痛み止めを塗って
あとは普通に歩いていてください」とのこと。


           ”え~~~っっっ!!”


その頃は痛みもだんだん強くなっており、足の裏もロクに地面
につけられない状態になっていたので、涙目ながらにDrを見つ
めてみましたが、おまけの痛み止め内服薬を追加してくれただ
けで、診察終了でした。。。かお


それでも気合か鈍いだけか、翌日にはだいぶ復活しており、
更にその翌日には、歩くのもさほどつらくなくなりました。
(もちろん完全には痛みは抜けていませんが)
それよりも・・・受診していたときには触れてもくれなかった
私のくるぶし・・・そこが今、一番違和感が強いんです↓
痛くもあり、突っ張り感もある。捻挫してるんじゃないのかな~
???
いずれにせよ、Drの指示通り普通に歩いて普通に生活して
おりますが、本当に大丈夫なんだろうか・・・不安な日々。


       皆様も足のしびれにはご用心あれ!!

久しぶりの更新です☆

皆さま、ごぶさたいたしております。かなり久しぶりの更新
です。
・・・いえいえ、決してなまけていたわけでは汗とか


新年度が始まり、今年は予想だにしていなかった幼稚園役
員の就任(去年もラクな委員ですがやっていたので、今年は
考慮になると思っていた・・)や、年度始めにはつきものの
『歓迎会』諸々。。。歓迎会にいたっては、自分が所属する
随所で行われるので、この3ヶ月間に何度行われることやら。


そして連休を利用してのホリデイ。
(夫は香港勤務なのですが、中国の暦に合わせてのシフト
なので、日本のようにゴールデンウィークがあるのです。)
まさか忙しくなるとは思ってもみなかったので、数ヶ月前から
旅行の計画を立てておりまして。


オーバーワーク気味での出発&旅先でのハードスケジュール
(少しは抑え気味にすれば良いのですが、ついつい欲張って
しまいましたorz)で、帰国後は案の定、体調悪化・・・
未だにお腹の調子が・・・といった状態です(ToT)


ということで、今年度は役員の仕事もあり、これまで以上に
予約を受けられる範囲が狭まってしまうかもしれませんが、
可能な限り調整して頑張っていきたいと思っておりますので
今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
     ・・・今年も突っ走っていきますよ~!!!・・・

更新 5月のご予約可能日のお知らせ

いつも助産師 あいのブログをご覧いただき、ありがとう
ございます。


このたびマタニティクラスタッチケアクラスおっぱいマッサ
ージ
のご予約が可能な日を公開していくこととしました。


お問い合わせいただいてもなかなか予約が取れない方、
本当は土日にクラスを入れて欲しい方、
リクエストにお応えできずに本当にごめんなさい顔文字1(背景黒用)
母親業との兼業のため、皆様にはご迷惑をおかけすること
申し訳なく思っております。


今後は定期的に予定を更新していきますので、
少しでも参考にしていただければ幸いです。




5月  フルブッキングとなりました。




尚、講座開催・マッサージ施術時間はすべて9時半から13時
まで
の間のお時間とさせていただきます。
(通常のマタニティ講座は10時~12時半、タッチケアクラスは
10時半~12時までとなります。)
プライベートorマッサージの方は上記時間内でしたらご相談に
のりますので、お気軽ににご相談くださいね♪


そのほか、”こんな講座を開いて欲しい””こんなメニューを
取り入れて欲しい”などのリクエストがありましたら、お気軽に
メールいただければ、と思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたしますひよこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。