スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証! バストアップは可能なのか?

タイトルの 『バストアップは可能なのか?』、
日頃、母乳育児に奮闘するママさんたちに接している私にとっては、
とっても切実な問題です

日本では近年、『おっぱい体操』なるものがTVでも紹介され、
話題になっているようです。

時間も場所もとらず、自分自身でも手軽に行えるマッサージであるため、
母乳育児を卒業したママさんだけでなく、若いお姉さんから私よりも
年上のお姉さままで、結構な人気のようです。

おっぱい体操 : https://www.youtube.com/watch?v=P02Llh-K8hQ

ただ、そうなると出てくるのが反対意見。

おっぱいを揺らすことでおっぱいを支えているクーパー靭帯が切断され、
どんどん下垂してしまう!

と警鐘を鳴らす医師もいらっしゃいます。

う~む。。
難しいところですね

そもそもおっぱいは、肋骨の上に乗る大胸筋をベースに、
乳腺、クーパー靭帯、乳腺脂肪体でできています。

最近のママさんは知っている方が多いのですが、
「母乳がよく出る/出ないのは胸の大きさは関係ない、
胸の大きさは乳房内を占める脂肪の量による」ため、
全身的に太ってしまえば胸につく脂肪の量もそれなりに増えますので、
これがバストアップの一番手っ取り早い(?)方法であるのだと思います。

・・・が、それはやっぱりイヤですよね~

なので、体重は増やさずに胸だけを成長させたい!

これにはやはり、知識とコツが必要なようです。

結論から先に言ってしまえば、

① 土台となる大胸筋などの筋肉を鍛えること
② 吊りケーブルの役割を果たすクーパー靭帯を切らないようにすること
③ バストの中身である乳腺の発達を促すこと
④ バストの中身である脂肪を増やすこと


この4つが最重要項目となるようです。(*ビジンズ・スタイルから抜粋)

① 土台がしっかりしていなければ、建造物は支えることができません。
胸は案外重量があるようで、Aカップサイズで250g程度、Eカップサイズ
になると、およそ800gにもなるそうなんです。
支える力が弱ければ、どんどんどんどん、重力によって引きずられますね^^;

② クーパー靭帯とは、コラーゲン繊維組織の束で、乳腺を皮膚・筋肉に
つなぎとめ、バストの下垂を防ぐ吊りケーブルの役割を果たしています。
またコラーゲン繊維は切れると再度くっついたり、再生したりはできません。
切れっぱなしです

胸をゆさゆさと揺らしながらランニングをしたり、強い力でバストアップ
体操やおっぱいマッサージを受けるだけでも、クーパー靭帯は切れてしまう
そうです。
大事にやさしく扱わなくてはならないのですね。

そのため、身体にフィットした正しいサイズのブラジャーや、
活動の内容に合わせた適切なブラジャー(スポーツブラやナイトブラなど)の
使用も、とても大切です。

③ 乳腺の発達に関わるのは、女性ホルモン成長ホルモンです。
バランスのとれた食事や、規則正しい生活、睡眠時間の確保(できれば日が
変わる前には床につきたいものです)、ストレスをためすぎないこと・・・
などなど、いろいろあって、大変?! ^^;

特に女性ホルモン様の作用を持つとして知られている「大豆製品」などは、
食卓に並べられると良いかもしれませんね♪

成長ホルモンに関しては、特に23時~24時、2時~3時の2回に多く
分泌されることがわかっているため、
夜更かしは大敵~!!です。

④ そして脂肪を増やす・・・やっぱ太れって?!

いやいや。実はただ単に太っても、効率良くは乳房につきません。
女性ホルモンの力を借りることが大切です。

思い出してみれば、「思春期になると女性ホルモンの働きで、女の子は
身体が丸みを帯びてくる、乳房が膨らみ始める、etc」と
習いましたよね?

もちろん女性ホルモンによる「乳腺の発達」ももちろんですが、
乳腺の発達に伴い、乳腺を守るための『脂肪』もつきやすくなるので、
女性ホルモンの働きを活発にしておくと、バストアップにも力を発揮
してくれそうです。

ホルモンの働きや血行を阻害しないよう、適度な運動をしたり、
バストアップ体操と呼ばれるような体操を取り入れてみたり、
やさしくマッサージをしてみたり・・・
あとは上半身の血行・リンパの流れを良くするような『上半身ストレッチ』
なども良いかもしれません。


これだ!!!

という方法はまだ見つからない(あみ出せない?)のですが、
これからも日々リサーチと研究(笑)を続けていきたいと思います




$みっどわいふ ai のブログ in HK


参考・引用 : ビジンズ・スタイル http://beastyle.com/bustup/basic/index.html
スポンサーサイト

ニュース記事より ~お母さんがノロウイルスにかかったら~

お母さんがノロウイルスに感染しても、母乳を通して赤ちゃんにうつることは
ありません
』、という小児科医師のお話です。

むしろ、「感染したママからの母乳からお母さんの体内で作られた抗体が
赤ちゃんへ移行し、発症予防や赤ちゃんがかかったとしても症状が軽く
済むなどの効果が期待できます」

とあります。

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/childcare/note/20130117-OYT8T00379.htm?from=navlk

これはインフルエンザなどでも同様です。

ただ、ママが病気にかかるということは、相当に体調はしんどいと思いますので、
無理の無い程度に授乳も続けられれば、と思います。
(また、授乳で体内の水分も大きく取られますので、脱水には注意です!)


授乳に際し、母乳からの感染はなくとも、
手などからの「接触感染」や、咳や唾が飛ぶことでの「飛沫感染」などの
直接的な感染は可能性としてありますので、
そのあたりは充分に注意してくださいね

骨盤ベルトコシラック、キャンペーン実施中

産後の骨盤矯正に大活躍の骨盤ベルト 『コシラック』、
ただ今、「期間限定キャンペーン」が行われております。 (2月末日まで)

メールまたはお電話にてお問い合わせいただき、商品説明及びご試着をいただいた方、
またはお知り合いをご紹介いただいた方に HK$50相当の商品券を、
さらにご成約いただいた方には HK$100相当の商品券がプレゼントされます。


骨盤ベルトコシラック』 詳細はコチラ → http://jdbh.seesaa.net/


☆お問い合わせ先☆
J & D Bridge Holdings LTD.
E-mail info@jdbh.com.hk


産後は身体を良い状態にリセットし直すのに、うってつけな時期です♪

この機会にぜひ、お試しください



ブログ紹介~母乳が作られる仕組みから見た乳腺炎~

いつも私もお勉強させていただいている、日本の産婦人科の先生の
ブログです。

今回は「乳腺炎のメカニズム」について
わかりやすく説明してくださっています。

どうしても身体の内部は見えないので、イメージがわきにくいのですが、
このブログを読めば、かなり明確なイメージに変わっていくのでは・・・?
と思っています。


授乳中ママさんはぜひ♪ ご一読くださいね



やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援
 http://smilehug.exblog.jp/15546053/

妊婦さん・産後ママの冷え対策には☆

長らくの間、記事の更新が滞っておりました。。
今日は
妊婦さん&産後ママの冷え対策』具体例をご紹介していきます♪


◆ 身体の外側から温める

・ レッグウォーマーの着用
 → 女性のツボと言われる「三陰交」*を冷やさない。
   ウールのハイソックスを持っていれば、足先を切り取って、レッグウォーマーを
   作ることもできます♪

・ 靴下の重ね履き ・ スリッパなどの活用
 → 内側に履く靴下は、できたら「シルクや綿の5本指ソックス」で、
   重ね履きする靴下は、締め付けないようなゆったりしたものを!
  
* 通気性が悪いと、逆に足に多量の汗をかくことで、冷えの原因になってしまいます

   香港の家庭では、フローリングや大理石張りの床が多いため、
   靴下の着用および、スリッパを履くこともおススメです。 

・ 腹部や腰部の保温
 → 締め付けないような腹巻や、毛糸製品のパンツの着用
   妊娠中に使っていた「さらし」の腹帯も、保温効果があります♪

・ 下半身浴や腰湯、足浴の活用
 → 時間が無いとなかなか難しいかもしれませんが、ダンナさまが帰宅後などの
   時間を利用して。
   お好みで、保温効果のある「アロマオイル」を使用してもgood!

・ 腎臓部分や仙骨部分の温湿布
 → お手軽なのは「貼るタイプの使い捨てカイロ」ですが、
   長時間効果があり、身体の芯まで温まるのは『こんにゃく湿布』*
   なんだそうです。

  (ただし、こんにゃく湿布は匂いがあり衣服も湿るため、在宅利用が○)

・ 適度な運動*と、足首・足指まわし


◆ 身体の内側から温める

・ 土の中に育つ「根菜類」の活用
・ 南国フルーツの摂取を控えめに
・ 砂糖の摂り過ぎは身体を冷やすと言われているため、お砂糖も控えめに
・ 生姜やゴマの活用
・ サラダなどの生野菜をそのまま食すのではなく、
  煮たり蒸したり、調理法の工夫
・ ストレスをため過ぎず、早寝早起きの規則正しい生活を心がける


などなど。
いかがでしょう? 今日からでも実践してみませんか




* 三陰交 : 足の脛の内側にあるツボで、
        うちくるぶしの最も高いところから指幅四本上で脛の際にある。

 三陰交の「三陰」とは、足の厥陰肝経、少陰腎経、太陰脾経の三つの経絡の意で、
「交」は交わるの意。
 三陰交はこのツボ一穴で三つの経絡の効果が期待できる重要なツボというわけです。

 女性の健康維持・増進に欠かせない大切なツボで、女性の諸症状にも効果的な
 ことから「婦人の三里」といわれています。

index.jpg


* こんにゃく湿布 : 

鍋に湯を沸かし、塩を大さじ1杯、こんにゃく1丁を入れ、
沸騰したら弱火にして、15~20分ゆでます。
こんにゃくにタオルを巻いて湿布したい場所におきます。
最初はかなり熱いため、タオル2枚程度で包み、使用します。
約2~3時間は保温効果が続きます。(繰り返しの利用可能)


* 適度な運動 :体内の筋肉の70%は下半身にあるため、下半身の筋肉を
         動かすことは効果的。
         歯磨きしながら・キッチンに立ちながらのスクワットや、
         ウォーキング(大股で、地面に踵をつけてつま先で蹴るように
         足底を使い歩くとgood!)などがおススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。