スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母乳育児専用発育曲線

久しぶりのブログ更新となったうえに、これが香港生活最後の更新となるかな~?
の思いとともに、お送りします。

今日は『母乳栄養児専用の成長発育曲線』のご紹介です。

一般的に母乳栄養で育つお子さんは、人工栄養の児と比べ「発育が緩やかである」と
言われています。
そのため、母子手帳に併記されている「成長発育曲線」を用いると
”標準以下””発育不足”と誤って判断されてしまうことも多いそうです。

今回、母乳育児を推進している医師が中心となり、母乳栄養で育つお子さんのための
成長発育曲線を作成、発表されました。

どなたでも自由にダウンロードできるよう配慮されていますので、
母乳でお子さんを育てていらっしゃるママはぜひ!
プリントアウトしてご利用くださいね


http://square.umin.ac.jp/~bonyuu/info/hatuikukyokusen2013.pdf
スポンサーサイト

授乳のタイミングに関するカワイイ写真♪

授乳のタイミングをわかりやすく表現したかわいらしい写真を
教えてもらいました♪  
ぜひぜひ参考にしてくださいね!



408461_577753115587107_2071995953_n.jpg


低出生体重児への「手あて」 落ち着かせる効果、科学的に証明

長らく、ご心配とご迷惑をお掛けしました。
ようやく再手術後の再入院(どんだけ入院&手術が好きなのよ~!!!
って感じですが)も無事、クリアーし、
お仕事再開までこぎつけることができました。

これからゆっくりとですが、すべてのメニューがご提供できるように
頑張りますので、
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。



さて、今日の話題

低出生体重児への「手あて」 落ち着かせる効果、科学的に証明

ですが、病院勤務時代、
習慣的に・・・というか、経験的にNICUで働くNsさんたちは、
『赤ちゃんの身体をやさしくつつんで
赤ちゃんが安心して休めるようにする』・・・
という姿を私も何度も見てきたので、その効果はあるのだと漠然と
思っていましたが、
今回、科学的にも証明されたようで、何だかウレシイ気持ちがします。


看護師って、その字を見ると
 『手と目を使って護る(まもる)』
仕事なんですよね~

そう考えると、何だか素敵なお仕事です♪


今回は「低出生体重児」への検証でしたが、おそらく成熟児でも
同様の効果がみられると、私は信じています。

子どものみならず、大人だって、『手からのぬくもり』って
心地良いもの、ですよね?


全身を覆っている皮膚は『第2の脳』などと言われるように、
タッチング、手から伝わるあたたかさって、とっても大切だと
思います。

特に日本人は ”シャイ” ですから(笑)、大きくなればなるほど、
スキンシップは減っていってしまうことですし、
小さい頃から意識してのスキンシップが、大事かもしれませんね~♪



ぜひ皆さんもお子さんへの「タッチケア」、
実践してみてくださいね




10月30日付け msn産経ニュース 

http://sankei.jp.msn.com/life/news/121030/bdy12103007500001-n1.htm



最新版 乳幼児身体発育曲線

母子健康手帳に掲載されている『乳幼児身体発育曲線』、
皆さまご存知でしょうか?


乳幼児身体発育曲線とは、乳幼児の身体的発達の程度を、
横軸に年齢、縦軸に身長・体重などのデータにより、
グラフで表した曲線です。

厚生労働省では10年ごとに乳幼児の身体発育価を調査し、
身体発育曲線を作成しています。その曲線は乳幼児の成長の目安として、
各月齢の94%の子の値が帯の中に入るように作成されています。

乳幼児身体発育曲線はあくまでも目安で、
太りぎみの子も極端に曲線からはずれていなければOK。
小さめの子も曲線に沿って少しずつでも増えていれば心配いりません。



最新データとして「平成22年度の調査値」が、今年度から交付されている
改訂版の母子健康手帳に印刷されております。

しかし、なかなか日本国内にいないと日本の母子手帳は
手に入りにくい物。

そのため、厚生労働省HPより抜粋してきましたので、
手元に日本の母子手帳がない!!というママは、
ぜひ参考にしてくださいね



【乳幼児身体発育曲線】 pdfファイル

* 恐れ入りますが自動リンクができませんので、コピー&ペーストして
  ご利用ください

《男子》

・ 体重 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t3so-att/2r9852000001t74d.pdf
・ 身長 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t3so-att/2r9852000001t74t.pdf
・ 胸囲 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t3so-att/2r9852000001t759.pdf
・ 頭囲 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t3so-att/2r9852000001t75p.pdf


《女子》


・ 体重 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t3so-att/2r9852000001t74l.pdf
・ 身長 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t3so-att/2r9852000001t751.pdf
・ 胸囲 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t3so-att/2r9852000001t75h.pdf
・ 頭囲 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t3so-att/2r9852000001t75x.pdf





また、パソコン上で管理できる便利な成長発育曲線グラフもあります。
ぜひ一度、ご覧になってみてくださいね


(財)母子衛生研究会 赤ちゃん&子育てインフォ 
    https://chart.mcfh.or.jp/

ワクチンを知ろう!

毎日暑くて湿度の高い日が続いていますね~
まさしく 『The・香港☆』 って感じです

さて今日は、去る7月6日の『ワクチンの日』にちなんで、
ワクチンの話題です。

・・・と言うか、今や情報時代! 私なんかがお話しするよりも、
専門の先生方が作成されたサイトやブログをご紹介させていただいた方が
より確かでわかりやすい説明になっていますので、
ぜひご覧になってみてください


VPDを知って子どもを守ろう!   http://www.know-vpd.jp/
(VPD=ワクチンで防げる病気のこと)


小児科医 原先生のブログ 「トントン先生のワクチン広場」 
    http://ameblo.jp/tontondoctor/


香港の予防接種スケジュール(香港ママの便利帳より)
    http://hkmamabenricho.com/for-mums/medical/kids-vaccine/



香港では日本の予防接種システム(強制接種・任意接種の2種類)とは異なり、
ほぼすべてのワクチンが強制接種となっています。
(子宮頸がんワクチンや日本脳炎ワクチンなど、例外もあります)

きちんとスケジュールが立ててあり、それに乗っかって順々に接種して行けば
良い訳なのですが、
ぜひともいま一度、
わが子は今日はどんなワクチンを接種して、どのような効果があって・・
をしっかりと把握しておくことをお勧めします♪

そして、接種記録接種後にいつもと様子が違ったことなどがあれば、
まとめて記録に残しておけると良いですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。