スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良かった・良かった♪

今日は「乳腺炎になりかかりかも~!?」なご相談をいただきましたので、
その事例をご紹介をさせていただこうと思います。


【お子ちゃま】 『キョロちゃん』に足を踏み入れ、真っ最中!

注) 「キョロちゃん」とは、お子さまが成長に伴い様々なことに興味を持ち始め、
   ちょっとした物音や周囲の変化でも敏感に察知・反応し、
   集中して授乳をしてくれなくなるような時期・・・のお子さんです。

【ママ】 これまで一度も乳腺炎になったことが無い、順調おっぱいのママ


さて、そんな順調おっぱいの持ち主・ママでしたが、
おやおや?これは乳腺炎のなりかけ?
おっぱいの奥底がチクチクと痛い感じがする。触ったらチョット痛いかも・・
という症状が見られ始めました。


キョロちゃんが始まるとおっぱいに起こりがちなこと、
 それは母乳の飲み残し です。

チョコチョコ飲みではあるけれど、頻繁には飲んでいるのよ・・
と言う方も、飲み残しは起こってしまうことがあります。

それは・・・チョコチョコ飲みだと、授乳の最初の方に出る
サラッとした(水分の多い)母乳
は飲みとれるのですが、
マッタリとした(脂肪分の多い)母乳
までは行き着かず、マッタリ系のおっぱいが沈殿(←あくまでイメージです^^;)
してしまいやすいのでしょうね。

なのでどうしても、それまでは順調な母乳ライフだったママも、
初の「これはピンチかも~?!!」な状況に陥ってしまうのです。


今回の対策としては、まず一番大切なこと、
授乳姿勢の振り返りと、ラッチオン(おっぱいをくわえて吸いつく)の再確認
を行ってもらいました。

どうしてもママは毎日のお仕事なので、
「普段から身に染みたやりやすい授乳姿勢」になってしまいがちなのですが、
気づかないなかでも、お子さんは日々地道に成長しています。

はた!と気がついた時には”と~っても背か高く”なっていて、
完全なる「浅吸い」になっていた!なんてこともよくあるパターンです。

なので、「おっぱいがおかしいかな?」と言うときにはまず、
吸わせ方の再確認と修正を行ってくださいね。

次に、「キョロちゃん」が集中して飲みやすい環境を作ること。

ちょっとした物音や人の動きなどに敏感に反応しますので、
できるだけ静かな・落ち着ける場所で授乳できると、助けになるかな~?
と思います。

またお子さんの手や足に何かが触れる(クッションや床など)だけでも気になって
集中を損なうこともありますので、
その辺も注意を配ると良いかもしれませんね。


そして、授乳の際にはご自身の手で、
痛みを感じている部分(気になっている部分)に圧をかけるようにしてみる
こともお勧めです。

どうしても「たくさん母乳を出して、早くスッキリしたい!!」の気持ちが強くなると、
おっぱい表面をしごくようにしがちなのですが、おっぱいをしごくと乳房が揺れ、
せっかく上手にラッチオンできたおっぱいが、お口から外れてしまうことも多々なので、

「じ~っ」と、一定の圧で押さえる のがコツです。


またそのほかには、もし痛みが強いようであれば、その部分をマイルドに冷やすこと、
乳首の開きがいつもよりも悪そうであれば、乳首のマッサージやオイルラップなどで
開きを良くするお手入れも助けになるかと思います。


「おっぱいマッサージをしてもらう」のは、第1選択ではなく、
まずは『自分自身でできること・セルフケア』が最優先なのですね。

おっぱいマッサージは「絶対に受けてはいけない」ものではありません。
ただまずは自分自身でも改善可能なことが多いので、試してみないことには
もったいない!です

それでもやっぱり
自分では無理~!」とか、「今はシンドイから、誰かに何とかしてもらいたいの~!!
なんて時は、いつでもご相談ください。
お待ちしています


無理のないよう、頑張りすぎないよう、、、
楽しいママとお子ちゃまの授乳ライフになりますよう、陰ながら応援しています☆
スポンサーサイト

「乳腺炎かな」と言う方へ ~乳腺炎の見分け方と対処法~

段々と涼しい日が増えてきました。
季節の変わり目は体調を崩しやすい時。それと同時におっぱいの状態も
イマイチかな~?となる方が増えています。

乳腺炎は、過剰な母乳が乳房内に溜まった状態で、うっ滞性と細菌性の
2パターンがあります。

症状はどちらも ・乳房の部分的な痛み、しこり ・乳房の熱感 ・母体の発熱 
などが挙げられます。

以前にアップした乳腺炎対処法に手を加えましたので、
まずは『セルフケア』、挑戦してくださいね♪



1.乳腺炎・治療の有無の見分け方」。

おっぱいの痛みや発赤とともに高熱(38~40°)が出てくるようでしたら
授乳中でも安心して使える「 パラセタモル=(商品名)パナドール 」を内服し、
解熱をはかってください。
(パナドールはスーパーや薬局などで簡単に手に入ります。)

ご心配な方はこちらをご参考→ ママのためのお薬情報@国立成育医療研究センター 
(パラセタモルは化合物アセトアミノフェンです )

一旦解熱しても再度熱が上がってくるようであれば”細菌感染を考え、
医師の受診&抗生物質/抗菌剤の内服が必要になります。
(投薬中でも授乳をストップさせないDrを選んで受診することが大切です!)

解熱剤内服で解熱し、その後は熱が上がらないようであれば、
うっ滞性乳腺炎”と判断し、速やかに溜まった母乳を排出するよう
心がけます。

★もちろん「細菌性乳腺炎」でも、溜まった母乳を排出するようにしてください!
  また、細菌性乳腺炎であっても乳汁の色が濃い黄色~緑色がかっていない限り
  授乳は可能です。



2.母乳の効果的な排出方法」。

まず1番有効なのが「お子さんに吸ってもらう」です。

乳腺炎になると母乳の味がまずく変化する、と言われていますので、
もしお子さんが授乳を拒否するようであれば、自分自身での搾乳で対処する
しかありません。

吸ってもらうときの注意点は、授乳の原則に立ち返り
・ お子さんのお腹とママのお腹はピッタリ向き合った状態で密着させる
・ 大きな口をあけて、乳輪まで深くくわえさせる


ことが重要です。



3.正しい授乳姿勢の再確認」。

そして授乳姿勢はいつもと同じ抱き方ばかりではなく、
普段とは異なる抱き方(普段が横抱きであればフットボール抱き・たて抱きへ)
にトライしてみてください。
(どうしてもダメな場合は、普段の抱き方の角度をちょっと変えてみてください。)

通常の抱き方で「母乳の溜まり」ができてしまった、と言うことであれば
抱き方を変えることで解消する場合もあります。

いつも通り「正しく授乳している」と思っていても、日々お子さんは成長しています。
成長と共に口の位置がずれてくることも往々にしてありますので、
調子がイマイチかな~?と言う時は必ず『授乳姿勢の再確認』、
行ってくださいね♪


正しい抱き方はコチラ → 「痛くないシリーズ」   by 産科Dr-bewithyou 先生


◆movieでの正しい授乳法 → Latch On Breastfeeding Babies on YouTube


授乳はいつも以上に頻回に行うことも重要です。
離乳食が始まっている場合は、お食事の量を減らしてでも
「授乳回数」を増やしてくださいね♪

また、授乳中にしこり部分を軽く圧迫することも、役に立ちます。
(ただし、強く押したり揉んだりしないようにしてください!)

手で押さえるのが困難なときは、丸めたタオルをはさんだりなど、
補助グッズを活用してみてください。



4.身体と患部は休めて、おっぱいは働かせて!」。

授乳と授乳の間は、炎症を起こしている部分を安静に保つために
冷罨法」も助けになります。
くれぐれも冷やし過ぎに注意して(アイスノンなどを使用する場合はタオルに包んで)
使用してください。
乳首を冷やしてしまうと乳口の開きが悪くなってしまうことがありますので、
乳首は冷やさないように注意してくださいね。

過労はおっぱいトラブルの元です。
ママの身体はできるだけ休めて、でも授乳だけは頻回に!頑張ってくださいね。



5.乳首(乳口)はよ~く開いていますか?」。

・・・大前提として、乳首の開きが悪い(出口が不十分な)状態では
出るものも出ません!

しっかりと乳首の圧迫マッサージをするなり、オイルラップ(羊油や馬油などを
乳首に塗布し、その上からサランラップで覆う)
を励行し、
乳首(出口)を良い状態に保ってくださいね♪


【乳首の圧迫マッサージ】
① 親指~中指の3本指の腹で、乳首をつまむ。
② 乳輪下の圧抜きを兼ねて行うようであれば、指が乳輪まで届くように
  深く当てる(この場合、乳首は指の第1関節で圧迫するような感じになる)
③ 痛すぎない力で、力加減を調節する
④ 同じ方向からだけでなく、肘や手首を反し、いろいろな方向から圧迫する


《授乳直前の乳首の温罨法》

乳首の開きを良くするために、授乳直前に「乳首を温める」方法です。
ただ乳首以外の張りが強い患部まで温まってしまうと逆効果ですので、
くれぐれも乳首限局で温めるようにしてください。




以上のことをまずは繰り返し実践してみてください
乳腺炎解消のためには、「搾乳」「おっぱいマッサージ」は必須ではありません。
まずは日頃の授乳を大事にすることが何より大切です。
セルフケアでは対応しきれない・対応できそうもないと言う時は
迷わずご相談ください。

 お大事に!

乳腺炎対処 おまとめページ!

これまでに「乳腺炎の対処法」は細かにご紹介してきましたので、
今回はそれらの『おまとめ版』をお送りします。

まずは「乳腺炎・治療の有無の見分け方」。

おっぱいの痛みや発赤とともに高熱が出てくるようでしたら
授乳中でも安心して使える「 パラセタモル=(商品名)パナドール 」を内服し、
解熱をはかってください。
(パナドールはスーパーや薬局などで簡単に手に入ります。)

ご心配な方はこちらをご参考→ ママのためのお薬情報@国立成育医療研究センター 
(パラセタモルは化合物アセトアミノフェンです )

一旦解熱しても再度熱が上がってくるようであれば”細菌感染”を考え、
医師の受診&抗生物質の内服が必要になります。
(投薬中でも授乳をストップさせないDrを選んで受診することが大切です!)

解熱剤内服で解熱しその後も熱が上がらないようであれば、
”うっ滞性乳腺炎”と判断し、速やかに溜まった母乳を排出するよう
心がけます。

(もちろん「細菌性乳腺炎」でも、溜まった母乳を排出するようにしてください!
 また、細菌性乳腺炎であっても乳汁の色が濃い黄色~緑色がかっていない限り
 授乳は可能です)


次に母乳の効果的な排出方法ですが、まず一番は
お子さんに吸ってもらう」です。

乳腺炎になると母乳の味がまずく変化する、と言われていますので、
もしお子さんが授乳を拒否するようであれば、自分自身での搾乳で対処する
しかありません。

吸ってもらうときの注意点は、授乳の原則に立ち返り
・ お子さんのお腹とママのお腹はピッタリ向き合った状態で密着させる
・ 大きな口をあけて、乳輪まで深くくわえさせる


ことが重要です。


そして授乳姿勢はいつもと同じ抱き方ばかりではなく、
普段とは異なる抱き方(普段が横抱きであればフットボール抱き・たて抱きへ)
にトライしてみてください。
(どうしてもダメな場合は、普段の抱き方の角度をちょっと変えてみてください。)

通常の抱き方で「母乳の溜まり」ができてしまった、と言うことであれば
抱き方を変えることで解消する場合もあります。


次に授乳中にしこり部分を圧迫することも、役に立ちます。

手で押さえるのが困難なときは、丸めたタオルをはさんだりなど、
補助グッズを活用してみてください。

また授乳はいつも以上に頻回に行うことも重要です。


授乳と授乳の間は、炎症を起こしている部分を安静に保つために
冷罨法」も助けになります。
くれぐれも冷やし過ぎに注意して(アイスノンなどを使用する場合はタオルに包んで)
使用してください。
乳首を冷やしてしまうと乳口の開きが悪くなってしまうことがありますので、
乳首は冷やさないように注意してくださいね。

・・・大前提として、乳首の開きが悪い(出口が不十分な)状態では
出るものも出ません!

しっかりと乳首のマッサージをするなり、オイルラップ(羊油や馬油などを
乳首に塗布し、その上からサランラップで覆う)を励行し、
乳首(出口)を良い状態に保ってくださいね♪


以上のことをまずは繰り返し実践してみてください お大事に!

私がおっぱいケアで行っていること

ここ最近、だいぶ暖かい陽気になってきましたね。
ホッと気持ちが緩むと同時に、実はこの急激な気温の変化、
おっぱいのトラブルを起こす一因となることもあるのです

科学的な根拠は知りませんが(無責任な感じでスミマセン!!)
これまでの経験からすると、急に気温が上がったりして知らず知らずのうちに
発汗量が増えていたりすると、身体が脱水の状態に近くなってしまうからか、
おっぱいが濃くなってつまりやすくなってしまうのかな~?
という印象を受けます。

季節の変わり目は体調を崩しやすいことも相まって、乳腺炎などの
トラブルが増えるな~・・と感じています。
どうぞお気をつけくださいね


さて本題の『私が訪問ケアで行っているおっぱいのお手当て』を
今日はお話したいと思います。

「助産師が行うおっぱいケアって、何か特別なことをしているのでは?!」
と思いますよね。

実は実は・・・

まったく特別なことはしていません! (私は、ですが
もしかしたら熟練の○○式とか○○流などの方は違うのかもしれませんが、
私は「皆さんが通常自分で行うケア」以上のことはしていません。


普段何を大切に行っているかと言えば、『乳首の圧迫マッサージ』です。
前回のブログでも書きましたが、やはり
 「出口がスムーズに開通している
と言うことは、とても重要なことです。

どんなにおっぱい本体が腫れて・痛くて・赤く炎症を起こしていても、
出口が開かないことには、どうにもできないのです。

なので私のケアは(片方の胸だけで)通常1時間程度の時間がかかって
しまうのですが、
その大半は「乳首へのケア」で占められています。


まずはいろいろな方向から入念に乳首を圧迫しつつ、
通りの悪そうな箇所を探っていきます。
(これはしこりのある部分に圧をかけながらすると、見つけやすいです。)
通りの悪い腺から出る母乳は、”濃いまったりとした白い”母乳だったり、
もう少し古く(悪く)なると”クリーム色”ががった母乳に変化します。

なので「他とは色調の違う母乳が出ている部分」を見つけることが大切です。

また「通りの悪い腺」は必ずしもしこりや痛みのある側に近いところにある
とは限りません

何となく乳腺は「乳首を中心とした放射状」に走っているようなイメージが
あるかもしれませんが、
どうやら必ずしもそうとは限らないようなのです。

なのでじっくりじっくりと「出の悪い腺」を見つけてみてください。

そして次に通りの悪い腺が見つけられたら、先ほどと同様に
しこりのある部分に圧をかけながら、
できるだけ「出の悪い腺」からだけ母乳が出せるような角度を探せるよう、
手首を反しながら、いろいろな方向から搾り出すようにします。
(実はこれがなかなか難しい部分です!)

ここだ! という角度と場所が見つかれば、乳首の通りが良くなるまで&
しこりが小さくなるまで、充分に圧迫マッサージ・搾り出しを行います。

そして最後に、「どのような向き・抱き方で授乳をすると良いか」を
アドバイスさせていただいて終了です。
この抱き方のアドバイス内容は、
”出の悪い腺”からの分泌が良好に見られたときの、
親指があった方向に赤ちゃんの下あごを向ける

というものです。
そうすると効果的に出の悪い腺からの分泌が期待できるのですね♪


以上が私が普段行っているケアなので、これを参考に皆さん自身が
同様に行うことも充分可能です。

ただ難しいのが「自分自身の腕は両肩に固定されているので、腕がまわる
角度が限定される」というところでしょうか。
そこで「第3者の手が必要になる」のかもしれませんね。


いずれにせよ、まず最初に試していただきたいのが
これまでにご紹介してきた『正しい抱き方での授乳』と『頻回の授乳
ですが、
それでも解消の兆しが見られないときは、上記の方法を試してみて
くださいね


乳腺炎 その5 ~続・対処法~

だいぶ間が開いてしまいましたが・・・お待たせいたしました!
今日は「おっぱいの冷やし方」についてです。


まず「冷やす」と聞くと、氷などで冷やす方法が真っ先に浮か
ぶと思います。或いは冷えピタのようなものを利用するとか・・・
これらもあながち間違いではありません。
ですが、今回お勧めするのは”急激に冷やす”というよりも、
”熱を吸い取ってもらって冷ます”イメージに近い方法です。


乳腺炎になってしまって熱を持ったおっぱいは、冷やすと
痛みも多少和らぎ、ラクになります。でも、あまりに冷たすぎる
素材で冷やすことで、乳腺組織の萎縮を伴ってしまうことも
あるようです。
(ただこれは、長時間使用し続けた場合など、使用方法にも
問題があるのかな~?と、個人的には感じます。)


そこでお勧めなのが『キャベツ湿布』です。


キャベツ湿布とは・・・字のごとく、キャベツの葉っぱで湿布を
することです。
キャベツの葉っぱが熱を吸い取ってくれることにより、炎症を
起こした部分の熱感が和らぐ効果があります。


私的にはキャベツの代わりにレタスや白菜などはどうなのだろう
???と常々考えているのですが、葉っぱの形状的にキャベツ
が硬さといい形(フィット感)といい・・・でちょうど良いのか、
或いは科学的に”キャベツには熱を取るべくした効能を持つ”
のか、謎なのですが、とりあえず大先輩の方々もキャベツをお勧
めしているし、実際に熱を吸い取ることでシヨシヨになっている
キャベツの葉っぱを見るにつけ、効果は間違いなくありそうです。


他にも「里芋湿布」や「じゃがいも湿布」なども有名ですが、
作るにあたりイモをすりおろしたり、小麦粉と酢を混ぜて練りこん
だりと手間がかかるので、めんどくさがりな私きってのお勧めは
『キャベツ』!!これに限ります。


軽い乳腺炎やなりかけのとき、ぜひともお試しくださいね☆
(ちなみに当てるのは熱をもっている部分のみとし、くれぐれも
乳首には当たらないように注意してくださいね)
使う前に水洗いし(農薬対策?)、熱を吸い取ってシヨシヨに
なった葉っぱも、もう一度水にさらしシャキッとしたら、再利用
可とのことです。経済的なところもGOODですね~(^o^)/


* キャベツの葉っぱに付着している雑菌が乳房内に侵入するor
赤ちゃんのお口に入ることを懸念するリポートもあります。
葉はよく水洗いし、乳首・乳輪にかからないようにすることをお勧めします♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。