スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃん主導の卒乳の場合

先日お問い合わせがあって初めて気がついたこと。

『赤ちゃん主導の卒乳』の場合の対処法って・・・?


これをどこにも書いていませんでした(スミマセン)
今日は「赤ちゃんからの卒乳」について、お話しようと思います。


通常「卒乳」「断乳」と言うと、ママが計画して進めていく場合が
ほとんどですが、中には

ある日突然、赤ちゃんかおっぱいを飲まなくなってしまった~!!!

なんていうこともあるのです。

ママは大変慌てるかと思います。
身も心も準備が整っていない状態ですものね^^;

でも!落ち着いてこのことを確認してください。

【赤ちゃんは母乳以外のものから栄養を摂れる状態ですか?】

・ 離乳食開始前であれば、母乳の代わりになるミルクが飲めますか?
 (牛乳ではお腹への負担や、アレルギー発症のリスクが高くなります。
  赤ちゃん用に調整された「粉ミルク」が飲めますか?)

・ 離乳食開始後では、ご飯から充分な栄養が摂れそうですか?
  また、母乳以外の飲み物(お水やお茶など)は飲めますか?


このあたりをクリアーした上での『赤ちゃん主導の卒乳』であれば、
これは完全なる『卒業』です。
ママは突然のことで寂しさがつのることと思いますが、
頑張って「卒乳後のお手入れ」に励みましょう!


ただし、上記の【母乳以外での栄養が摂れない場合】での卒乳は
お勧めできません。

当面は赤ちゃんとの格闘になるかもしれませんが、
手を替え品を替えで、なんとかまたおっぱいを飲めるように
努力してください。
直接の授乳が難しくなってしまったとしたら、搾乳した母乳を
コップに入れて飲む、などの練習を始めても良いでしょう



赤ちゃん側の問題がクリアーできているのであれば、あとは
通常の断乳手順に沿って、おっぱいのお手入れをしていきます。


断乳について  http://midwifeai.blog32.fc2.com/blog-category-18.html

搾乳の方法  http://midwifeai.blog32.fc2.com/blog-category-31.html


ご不明な点、お悩みな点がありましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね♪


スポンサーサイト

母乳分泌を抑える? ハーブ編

随分と更新が滞ってしまいました。 現在日本からお届けしております


先月末に書いたブログ、「母乳の分泌を抑える・断乳の助けになる食材等」
はないものか?・・・

その後、あれこれ探しておりました。

そこでヒットしてきたのがハーブの「セージ」。
お料理でもお馴染みの一品ですね。

250px-Salvia_officinalis0.jpg

セージ(英:Common Sage、学名 Salvia officinalis)はシソ科アキギリ属の
多年草または常緑低木。和名はヤクヨウサルビア。地中海原産。

利用法は、葉を乾燥してハーブティーとして飲用したり、
肉の臭み消しに利用する。
豚肉と良く合わせられており、ソーセージの語源となったという民間語源説もある。
また観賞用としても栽培され、その品種も多い。

抗酸化作用が強く、ヨーロッパなどでは古代ローマ時代より免疫を助ける
薬草として使われていた。
また、紅茶が持ち込まれる以前は、お茶として使われることが多かった。


~ウィキペディア フリー百科事典より~


このセージのハーブティが「母乳分泌抑制」に効果が期待できる、との
ことなのです。

「じゃあ、早速私が試して!」 ・・・と言う訳にもいかず

どなたか試してレポートしていただけませんか~?!!!

断乳・卒乳について ~おまとめ版~ その他もろもろ編

その他、細かい付け足しですが、

・ 断乳・卒乳に適する時期って?

のお問い合わせがよくありますが、「この時期は絶対にダメ!」という時期は
ないのでは?と思います。

ただ、冬場になると赤ちゃんが風邪をひきやすくなります。
子どもが体調を崩すと、高率で”食欲が減退”しますよね?
母乳なら口にできる・・・と、母乳が最後の砦状態になることも多々。
そんな時にストップできるママは少ないかと思います。

また、「寒い(涼しい)季節から急に暑くなる」時期も、
身体が適応していくのが難しいようで、乳腺炎が多発しやすい印象を
受けています。
そのような時期にあえて「母乳を溜めっぱなしにする」断乳を当てると、
こじれやすいのでは?と思いますので、
時期を計画できるのであれば、上のような時期は避けられたほうが無難
なのではないかと思います。


またとても分泌が良く、授乳間隔を自然に広げるなんてことは不可能!!
という方や、
効率良く分泌を減らしていきたい、という方は、
「病院で分泌を抑える内服薬を処方」してもらう方法もあります。

きちんと内服を続けられると確実に分泌が減ってくるようですが、
人によっては副作用もあるようで・・・
(気持ちが悪くなったり、なんとも言えないだるさが起こったり・・etc)

ほかに「自然に分泌を減らせるような食べ物」などがないかな~?と
現在探しているのですが・・・
皆さん、ご存知ありませんか?
(一説によると、台湾では”ニラ”が母乳分泌を減らす、と言われている
そうです)


とりあえず、思いつくままに書き出してみましたが、「この情報が欲しい」
「ここをもう少し詳しく説明して欲しい」などのリクエストがありましたら、
遠慮なくお声をかけてくださいね

断乳・卒乳について ~おまとめ版~ 実践編

さて前フリが長くなってしまったので、いよいよ本編です♪


【断乳・卒乳の流れ】

・ 断乳(卒乳)開始日から3日間程度、おっぱいを溜めたままにする
  → その間つらければ、「圧抜き」程度の搾乳は可

・ 断乳開始から3日程度後、すっきりとすべての母乳を搾り出す

・ 再度、おっぱいを溜め始める(約1週間)

・ 約1週間後、すっきり搾りを行う

・ また溜め始める

・ 2~3週間後、ないしは1ヵ月後くらいに仕上げ(確認)搾りをする


手順を簡潔にまとめると、こんな感じです。

母乳は赤ちゃんの吸てつ刺激や搾乳の刺激により分泌が促進されますので、
「刺激をシャットアウトする」ということで、分泌を抑えていきます。
この動作を段々と間隔を広げていくことで、自然に身体に
「もう、母乳は作らなくて良いんだよ~♪」と教えてあげるのですね。


おっぱいを止めるタイミングにもよりますが、
何らかの理由で「急にストップする」と、おっぱいの張りもハンパじゃなく、
本当に大変な・きついことになってしまいますので、
できたら「断乳に向けて、徐々に授乳回数を減らしていく」などの
工夫をあらかじめされることをお勧めします。

しかし!
「急に赤ちゃんが吸わなくなってしまった!」とか、
「ママが体調不良になってしまった!」などで突然ストップせざるを
得ない場合、

・ しっかりとおっぱいを冷やす
・ 身体を温めすぎない(シャワーなどはサラッと軽く)
・ コッテリと、カロリーの高いものは食べない
・ 水分も摂り過ぎない(よく冷えた水分は多く摂取しやすいので、
  常温程度のものをチビチビと)
・ ある程度おっぱいを固定する

いずれも、「血液循環を良くする・栄養をたっぷり摂りすぎる」ことで
母乳の分泌が促進されやすいので、
それらのことに注意してくださいね

断乳・卒乳について ~おまとめ版~ 前書き編

だいぶ前に「断乳の方法」として記事を書きましたが、お問い合わせも
増える中、もう一度簡潔にまとめ直してみようと思います。


まずは断乳・卒乳の違いですが、

【断乳】 ママ都合でおっぱいをやめること
【卒乳】 赤ちゃんの意思を尊重して、赤ちゃんが自然に離れるまで飲ませる

というイメージがあると思います。
・・・実際にそうなのかもしれませんが、そうであるとなにぶん「断乳」
のイメージって、とっても悪い気がしませんか?

私も1歳のお誕生を迎えての「断乳」チームだったので、肩を持つ!訳では
決してないのですが、
授乳を続けることでのマイナス面(大概の場合、ママにかかる”ストレス”が
大きい、でしょうか?)が上回るようであれば、
決して授乳行為=良いこと、ではなくなってしまう気するのです。

我が子の場合は、おっぱいをやめるまで夜中の授乳は1時間ごとで、
日中も、「ひとり遊び」はするけど、遊びのなかで転んだり・ぶつけたりする
ことで気持ちが凹む or 遊びに飽きたりすると飛んできて、
自分で母のシャツをめくり、おっぱいを吸いに来る・・・
その間隔、5分程度・・・

まったく休めた気がしません

そんなこんなで、段々授乳を続けることが精神的にもしんどくなってしまった
のです。

このまま続けても自分にとっては良いことはない!と判断した私は、
数日かけて娘に「もうそろそろ、おっぱいバイバイしようっか~?」と
言い続け、半ば強引に?計画を決行したのです。

結果・・・
やはり3日間は夜中に長く泣いたりしましたが、(それまでは1時間おき授乳
だったので、”夜泣き”らしい夜泣きはありませんでした)
徹夜覚悟で抱っこで乗り切りましたが、
アララ不思議なことに、3日過ぎた頃からは夜中に泣くこともなく、
徐々に睡眠時間が長くなっていったのです!!!


それまでは睡眠不足・頻回過ぎる!昼間の授乳に体力&精神的にギブアップ
でしたが、おっぱいがなくなってからと言うもの、どちらにも余裕ができて
きて、育児のしんどさも軽減されて、楽しさも増えてきたのですよね。

なので私にとってはその時期の「断乳」で正解だったのかな~?と
今でも思っています。

最近では2年・3年或いはそれ以上の時期を授乳されていて、
自然な「卒乳」をされるママも増えてきていますが、
(もちろんそれを実践されるママはすごいと思いますし、素晴らしいです!)
たとえ「断乳」であっても、後ろめたさ?を感じる必要はないのでは~?
と思います。

何が何でも「赤ちゃんのことが1番(優先)☆」にしていると、
自分自身が苦しくなってきて、強いては育児に良い影響は及ぼさなく
なってくるのではないか?と思います。

なので『自分と子ども、お互いが大事』を大切にすれば、それで良いのでは
ないか?と思います
何事も、「バランスが大事^^」ですよね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。