スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【保存版】 出産したらおっぱいはどうしたら良いの?

ご質問が多いこの項目。これまでにも単元ごとにまとめてきましたが、
今回、それをすべて1つにまとめてしまおうと思います。


【産後のおっぱいの変化】
http://midwifeai.blog32.fc2.com/blog-category-17.html

産後3・4日経つと、おっぱいは岩のようなガチガチに、触ると熱をもった
ような状態になります。
母乳を短期間でたくさん作ろうとするために、出産から連日連夜、
おっぱいの中で突貫工事が始まるからなのです。

自然な変化ではありますが、こうなってしまうと「つらい」し、
「上手に授乳もできない」状態になってしまいます。

避けるためには・・・

・ とにかく、産後早期から頻回の授乳を行う(1時間~1時間半ごとの授乳)
・ 余裕があれば、基底部マッサージや首・肩のストレッチを
・ 乳頭・乳輪の圧迫マッサージもできれば行う

【セルフマッサージ】
http://midwifeai.blog32.fc2.com/blog-category-25.html

でも間に合わず、おっぱいガチガチ・触るのもつらい状態になってしまったら・・・

・ とにかく頻回授乳!(1時間~1時間半ごと)
・ 授乳と授乳の間で、おっぱいをやさしく冷却(乳輪・乳首は冷やさないよう注意)
・ しっかりと乳頭圧迫マッサージ&数回程度の基底部マッサージ
・ その後、乳輪付近をやさしく圧することでの、自己搾乳
 (強い張りのとき、乳口が充分に開いていない状態での搾乳器使用は、
  乳首と乳口・乳腺を傷める原因となる場合もあるため、注意深く!)

【搾乳方法】
http://midwifeai.blog32.fc2.com/blog-category-31.html

張りが強くなってしまうと、「とにかく授乳!」と言われても
なかなか上手にいかないことと思います。

張り出してしまったら、授乳の前に

・ 入念な乳首のマッサージ(乳口の開口を充分に)
・ 乳房の圧抜き(乳首マッサージの後に、乳輪付近をやさしく圧して
  乳輪下がやわらかくなるまでの搾乳)
・ 数回の基底部マッサージ(乳房をすくいあげるように持ち上げる)

を行ってからトライしてください。

授乳の際は、【正しい授乳姿勢】をお忘れなく!
http://midwifeai.blog32.fc2.com/blog-category-32.html

☆授乳姿勢については、産婦人科医師 戸田先生のブログをご参照ください

 やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援
  http://smilehug.exblog.jp/11986715/



「それでもどうしても授乳ができない!!」・・・という場合は、
一時しのぎの手段ですが、『乳頭保護器』を利用する方法もあります。

専用のものでなくても、ご自宅にある哺乳瓶のゴム乳首をはずし、
乳首の先端を針でプスプスとたくさんの穴を開けることでも、代用可能です。

乳首の上にゴム乳首を当てて授乳するわけですが、
これは「張りが強くてどうしても直接授乳ができないとき」の
緊急措置と考え、張りが落ち着いてきたらすみやかに
使用を中止し、直母に戻してください。


本来は、出産直後からの頻繁な授乳で「おっぱいの張りすぎ」は
避けることができます。
しかし、産後の母乳育児に対して何の前知識も持たなかった場合、
「時既に遅し」
になってしまうことも、ままあることだと思います。

そんな時は、あくまで緊急対応的なやり方ではありますが、
上記の授乳方法を試してみてくださいね。


少し時期がいって、おっぱいの張りや痛みに困ってしまったとき・・・

【乳腺炎の対処法】
http://midwifeai.blog32.fc2.com/blog-category-19.html

こちらもご参照ください。

スポンサーサイト

母乳 分泌不足?

おっぱいに関するお問い合わせ中で、割と多くを占めるのが
『母乳の分泌不足?』です。

母乳は出ている量が目に見えないため、実際は足りていても
イメージ的に「足りていない?」と感じることが多いようです。

また赤ちゃんがなかなか乳首を離してくれない、
おっぱいを終えてすぐに欲しがる・・・なども、心配の種となるのですね。

或いは、おっぱいの張りが無くなってきた・・・ etc


では実際にどのような基準で「母乳不足」を見極めると良いのでしょうか?

目で見えないものは、(また量りで量ったりできないものは)どうやっても
はかり知ることはできません。

そのためには、”発想の転換”!
『出てくる量で判断する』のですね。

~赤ちゃんは1日に何回、おしっこをしていますか?~
~そのおしっこの色は、どんな色をしていますか?~

しっかり飲めていれば、出てくるものもしっかり出るはず。
そこに注目するのです。

紙オムツを使用している場合は吸収が良く、赤ちゃんへの肌触りも良いため、
毎回のおしっこ毎にオムツを替えていない可能性もありますので、
それも加味し、

・1日に6回以上オムツを替えている、
・おしっこの色は薄黄色(濃い黄色は濃縮尿のため、脱水傾向の可能性が
 あります)をしている、

これらを目安にしても良いかと思います。

またママのおっぱいは、産後しばらくはガッチガチに張っていたかもしれませんが、
実はあまりガチガチに張っていることは、良い状態ではないのです。
ふんわりおっぱいでズシッと重くなる、これが理想です。

考えてみても、ガチガチのおっぱいとふわふわのおっぱいでは、
赤ちゃんの吸い易さも、一目瞭然ですよね。

産後1ヶ月を過ぎる頃になると、赤ちゃんが吸うときに母乳が湧き出して
くる仕組みに変わってきますので、
”年がら年中張っている”ということはなくなるのですね。


それでも心配・・・?

では次回は、『おっぱい産生に役立つかも?』というお話を
していきたいと思います

「副乳」って・・・?

ご質問をいただく中で比較的多いのが、「副乳(ふくにゅう)」についてです。
初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれませんが、今日はこの副乳に
ついてお話していきたいと思います。

「副乳」って何だろう? サブのお乳??

まず副乳というのは、『脇の下~通常の乳頭~股を通るラインにある乳房で、
女性の約5%、男性の約2%が持つといわれているもの』、だそうです。

人間は、胎児期初期にはまだ複数の乳房があるそうなのですが、
お腹の中での成長とともに、通常ある胸の乳房1対を残し、あとは退化して
いくようです。
なので副乳とは「退化しきらなかった乳房の名残」なのですね。

乳腺組織がグンと発達する妊娠期から産褥(さんじょく)期=産後のこと、
にかけて、急に脇の下が腫れて熱や痛みを伴うことで初めて気づく方も
多いです。

副乳は退化した乳房であるため、はっきりとした乳首を伴うことは少なく、
ほくろのような痕跡状のものであったり、
表面上は何もないのに、「脇の下が急にゴルフボールのように膨らんできて
驚いた!!」
という場合がほとんどです。

副乳自体はあって悪いものでは決して無いのですが、
やはり腫れ(大きくなる)に伴って熱感や痛み・不快感を伴うものなので、
早急に元通りになってくれたほうが有り難いですよね。

副乳への対処としては、
 ・ いじらない(刺激をくわえず、安静にする)
 ・ 清潔に保つ
 ・ 冷やす
以上の3つが大切です。

刺激をくわえると通常の乳房と同じで、より大きく発達してしまいます。
痛みや不快感が増強して、苦痛ですよね。
なので冷やして安静に保つ、ということはとても大事なのです。

おっぱいの張りに対しては「キャベツ湿布」などでマイルドに対処
することをお勧めしていますが、
副乳に関しては、「アイスノン」などでガッツリと冷やしてしまう方が
より早急に効果がみられると思いますので、
ちょっと冷たいですが、副乳でお困りの方はぜひ、お試しくださいね

産後のおっぱいの変化 ~本当に出ているの?~

お寄せいただくご質問の中で、特に多い項目をひとつずつご紹介して
いきたいと思います。
第1弾は『産後のおっぱい、本当に出ているの?』です。


産後のおっぱいの形態的な変化は、以前「産後のおっぱいの変化」で
お話させていただきましたが、
さて本当に「自分のおっぱいからは母乳が出ているのか?」
これはとても不安に思う項目、ナンバーワンと言っても過言ではないか?
というくらい、ご質問が多い部分です。

母乳はミルクとは違い量が目に見えないため、不安になって当然です。
ではどうしたら良いのか?
発想の転換で、『飲むほう』に注目するのではなく、『出るほう』に注目
してみてはいかがでしょうか?

しっかりとおっぱいを飲んでいれば、充分な水分量も確保できているわけですから、
赤ちゃんのおしっこもたくさん出ます。
もし赤ちゃんのおしっこが1日に5回以下しかない、或いはおしっこの色が
とても濃い黄色をしている、というような場合には、
「水分量が不足しがちです」と判断していただいたほうが、安心ですね。


産後のおっぱいは産後3・4日目からきつく張ってしまうことも多いですが、
逆に「まったく張ってこない」という方も、中にはいらっしゃいます。

産後のおっぱいはガチガチに張ったほうがよく出る合図なのか?
・・・いえいえ、決してそんなことはないのです。

常日頃から身体の血液循環がとても良好な方は、産後早期でもきつくおっぱいが
張ることは少ないです。
産後のおっぱいとしては、『きつく張らずに、ずっしりと重くなって出る』
これが理想なのです。
なので「私は張ってこない(から出ないんだ~!!)」とご心配にはおよびません。
おっぱいは張ろうが張るまいが、頻回に飲ませることで徐々に分泌量がアップ
してきますので、
おっぱいの形態にこだわらず、また出ているのか・出ていないのか不安!
と思っていても、とにかく頻回に授乳することが大切なのです。

母乳は1時間半程度で次の生産がある、と言われています。
また生後すぐの赤ちゃんの胃袋は「ビー玉」くらいの容積しかない、
とも言われています。

なのでチョビチョビで良いのです。チョビチョビをチョコチョコ、
これが理想として、頑張って授乳してみてくださいね♪

産後のおっぱいの変化 ~助けになるかもしれない情報♪~

かなり久しぶりの追加です。

産後すぐのきつ~いおっぱいの張りには、『頻回授乳』が何よりも効果的
なのですが、
張りすぎてしまって授乳すらできない泣 という状況も間々、あるかと
思います。

かく言う私も張りがきつい時期は、子どもの口がすべってしまい
上手にくわえることができない日々が続きました。

そんな時の奥の手!
母乳指導に情熱を燃やしている諸先輩方からはクレームが来てしまいそうな
方法なのですが、ズバリ!!

 『乳首の上に”ウソ乳首”を当てて授乳』 です。

ウソ乳首・・はあくまで私の中でのニックネームなのですが、
張りが強い時期はどうしても乳首が上方に引っ張られ短くなってしまう
ことから、
赤ちゃんも”とっかかり”がなく、すべりやすくなってしまうので、
あえて人工物で乳首を長く伸ばした状態にしてあげるのです。

本来であれば、おっぱい実質が柔らかければ、乳首の長さ・突出して
いる・陥没しているetc関係なしに、赤ちゃんは乳輪ごとはさんで母乳を
飲むため、乳首の状態は関係ないのです。
しかし、張りが強ければ強いほど、乳輪をくわえる・・のは至難の技に
なってしまうため、”あえて”の一時しのぎの技だと考えていただければ、
と思います。

この「ウソ乳首」には、専用に作られた『乳頭保護器』という柔らか~い
ペラペラのシリコンキャップもあるのですが、
私はわざわざ買わずとも、お家に哺乳瓶に付いている乳首の予備があれば、
それでもOKかな~?と思っています。
(実は私もこの方法で1ヶ月間、過ごしました)

哺乳瓶乳首をプラスチックのホルダー(と言うのかしら?)から外し、
ゴムの部分だけにします。
そのゴム乳首を自分の乳首にかぶせます。
その状態で授乳すると、今まで張って固くって飲みづらくて嫌がっていた
ベビちゃんも、あらあら不思議♪ 吸ってくれるのですねリアルドコモ・ニコッ

もちろんこのゴム乳首を当てた状態での授乳は、本来の授乳のメカニズムと
異なっていますので、
張りが和らいできたら再び、直接の授乳に戻していただきたいです。
そのためには、突然戻してもなかなか上手いこといきませんので、
毎回必ず「直接吸わせてみて、ダメだったらゴム乳首装着」というように、
練習も欠かさないようにしてください。

またゴム乳首の穴はおっぱいを吸うには小さすぎるので、
乳首の先を針などでプスプスとたくさん穴を開けてあげるとより良いかと
思います。

でも!何度も念を押しますが、これは一時しのぎの方法です!!
・・と、お考えになってくださいね~ヮ (でも案外上手くいったりしちゃうんです。。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。